February 16, 2020

ホールチェーンの買収を断った華僑企業|パチンコ日報 https://pachinko-nippo.com/?p=33543
>2020-02-15 05:27:54
>テーマ:営業1号
>ホール経営はやっていない在日華僑の下へ10店舗以上あるチェーン店の買収話が舞い込んだのは7年前のこと。結論から先に言うと話は流れた。
>ビジネス感覚に優れた民族として世界的に名高いのが、西のユダヤ人、東の華僑、と言われている。「ビジネスで成功したければ彼らに学べ」という教えもあるほどだ。
>買収話が来るとすぐに業界の調査に入った。その結果、日本にカジノができるとホールの経営環境は厳しくなることが予想されたが、それ以上に憂慮されたのが1パチだった。
>「日本人の給料は上がらないが、デフレをパチンコに当て嵌めたことは間違い。1パチではやって行けない業界なのに、4円を伸ばすことをしなかった。1パチを始めたことは負けに突っ走っている。後から間違いに気づいても後には引けない。自分たちのことしか考えない人たちばかりが主導している。4円に対する特効薬がないので投資しないことにした」(関係者)

なるほどねえ。近年、慢性的人手不足からコンビニ&スーパーのレジといった小売や外食産業の時給が目に見えて上がってて、一方で特に食料品を筆頭に実質的値上げも相次いでいるがそれは正しい経済成長でもある。世間一般がそのようになっているにも拘らず、未だデフレ志向から脱却出来ないパチは…という指摘。
 あの最悪の環境下に於いてはその選択は決して間違っておらず、というか至極真っ当なもので、何より他ホールが軒並みそっちに向かってる最中に「ウチは4円(スロなら20円)に拘ります!」ってやるのは相当に勇気の要る事で、しかも実際そうしたホールもあったがパチンカーは見向きもせず、彼らもすぐさま方針変更を余儀なくされたのが現実。でもその社会環境が変わった段階でシフトチェンジする事など、もう出来なくなってしまった。
1
正直、このエントリがなかったら気付かなかった視点。華僑という【外】からの、リアリストならではの発想だよな。さすがはビジネスにシヴィアな人達だ。すげえ(´-`).。oO
JAZZVILLE 4 A.M.
JOHNNY MARTEL
GONE
1980



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字