February 08, 2020

内田が新たな試み「気軽に」スマホアプリで騎乗依頼|極ウマ・プレミアム https://p.nikkansports.com/goku-uma/news/article.zpl?topic_id=1&id=202002070000062&year=2020&month=02&day=07
>[2020年02月07日 09時13分]
202002070000062-1 内田博幸騎手(14年5月22日撮影) https://p.nikkansports.com/goku-uma/photo/news/00000001/2020/02/07/202002070000062-1.jpg
>◆「内田騎乗依頼」 エージェント(騎乗仲介者)を介さなくても、スマホを通して内田騎手に騎乗依頼を行える厩舎関係者専用のオリジナルアプリ。認証完了後、週末の依頼予定馬、空き鞍状況などがひと目で確認できる。関係者との情報共有を目的に、当週だけではなく番組発表済みの将来のレースにも騎乗依頼が可能。レース後には内田騎手本人からコメントが配信される。無料。JRAの許可が下り、現在特許申請中。

こりゃすげえ、と驚きつつもエージェントというものをどう考えてるのか?巷間伝わるところによるとかつてのエージェントとは切れてて、新たに迎え入れた人は競馬記者上がりだがブランクが長く、大丈夫なの?と厩舎スズメからは訝る声もあるとか。しかしまあ、このアプリが記事の通りであるならば余裕か。
 っつうか、レース後に本人直々にコメント出来るって機能の方が、使い途としては有用性が大きいだろう。放送にしろ記事にしろ放送尺や文字数から編集せざる得ない事がほとんどで、しかし結果、それが本人の発した言葉と違うニュアンスのものになる…ぐらいならまだマシで、全然違う内容になってしまう事すら今の時代珍しくなく ━━ ロンドンブーツ1号2号の淳は、相方の件で取材が殺到した際「自分の発言がどう切り取られ番組に使われるか判らない(のが怖い)からTVの取材は生番組しか受けない」と発言したほどだ ━━ その点、このやり方だと馬主や調教師への対する発言が捩じ曲がって伝わる事はない、「特許料払うから俺も!」って騎手も少なからず居るだろう。まあ、その代わり失言のタグイは誰にも責任転嫁出来ない、100%自分のせいだけども(´-`).。oO
I Want to Talk About You
David Murray
Black Saint
1993-02-03



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字