January 25, 2020

「ロナウドかメッシ」の行動理論を活用 経産省のレジ袋有償化実験で - SankeiBiz(サンケイビズ) https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200124/mca2001242049024-n1.htm
>2020/1/24 20:49
>ロナウド選手、メッシ選手は世界を代表するサッカーのトップ選手で、どちらが上かは、サッカー好きで大きな論争になる。この点に目を付けたロンドンのある団体が、「世界ナンバーワンのサッカー選手は?」と書かれた吸い殻入れに、ロナウド選手とメッシ選手の名前をつけ、たばこの吸い殻の数で投票させるようにした。その結果、たばこのポイ捨てが激減した。
>「タバコの吸殻で投票するアンケートボックス」がポイ捨てではなく、吸い殻入れへの「投票行動」をとることにつながり、環境の改善を導き出した。

アッタマ良いー!
PAK12_poisutetabakotogomi_TP_V4
今でこそ3競オート場も禁煙・分煙化されてはいるが必ずしも守られてはいない、っつうかガン無視するイキリもまだまだ、決して少なくない。なればこの手はレース場でも使える活きる…と一瞬思ったが、しかし肝心な、投票行動の目的対象となるものがないか。A or Bで評価二分するようなもの、なんてのとは無縁な世界だもんな(´-`).。oO
ア・デイ・イン・ザ・ライフ
ウェス・モンゴメリー
ユニバーサル ミュージック
2016-10-26



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字