October 30, 2019

客席少々痛めクッション持参も/五輪体操会場体験記 - 五輪・一般ニュース : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/sports/news/201910290000386.html
>[2019年10月29日16時44分]
201910290000386-w1300_0 有明体操競技場の観客席には三重県産の杉材の木製ベンチが採用されており、木のぬくもりを感じることができる(撮影・河田真司) https://www.nikkansports.com/sports/news/img/201910290000386-w1300_0.jpg
><ニッカン五輪担当記者の体験記>
>東京オリンピック(五輪)・パラリンピックで体操、ボッチャの会場となる有明体操競技場の完成内覧会が29日に行われ、一足早く見学してきた。
>1万2000人の客席は国産のスギが使用され、ベンチタイプ。大会後にはスタンドは撤収され展示場となるため、スポーツ観戦では珍しいタイプで、席は薄い板で約39センチ幅で仕切られている。
>実際に座ってみた第一印象は「硬いな」。木材なので軟らかさはなく、長時間の観戦ではお尻が痛くなってきそう。直角に据えられた背もたれは約20センチの高さだが、ちょうど腰骨に当たるため、もたれると背中が痛い。【五輪担当・阿部健吾】

大会終了後には展示場となるためスタンドは造り易く壊し易いものに…っていう訳での簡易構造、木の温もりだ国産杉剤だなどと綺麗事言ってるが雛壇に薄板貼り付けただけの安普請、大昔の競輪場かよ。いやイームズチェアのジェネリックでも


付いてるだけバクチ場の方がよほどマシというものだ。シートバック直角って、中学校の技術の授業で作る木の椅子だってもっとマシだろうよ。挙げ句に座席幅39cmって、東京の通勤電車が45〜47cmなこの時代にねえ。アスリートファーストとか言ってるがそれは観覧客二の次でも構わん…っていう意味では決してなくて、でもそうなっちゃったんだもんな。あーあ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字