June 18, 2018

1世紀以上もアメリカ人に愛され続ける絵画「ポーカーをする犬」とは? - GIGAZINE https://gigazine.net/amp/20180617-painting-of-dogs-playing-poker
>2018年06月17日 13時00分00秒
>アメリカの芸術家キャシアス・マーセラス・クーリッジが描いた、「ポーカーをする犬」シリーズとして知られる一連の絵画は、20世紀初頭に発表されてから1世紀にわたって多くの人々に愛されています。
>1844年に生まれたクーリッジ氏はフィラデルフィアの小さな町で育ち、1868年から1872年にかけて薬屋や画家として働く一方、銀行や新聞の創設を試みるなど、非常に活発に活動していました。クーリッジ氏は1873年にロチェスターへ引っ越し、本格的に広告などで使用する絵画を描く広告画家として活動を始めます。19世紀後半から20世紀前半にかけてアメリカ企業の広告投資は非常に大きく成長しており、クーリッジ氏が広告画家を志したタイミングは、ちょうど広告投資拡大の波にのる絶好の時機だったといえます。
>クーリッジ氏が「ポーカーをする犬」シリーズを描いたのは、1903年に広告会社のブラウン&ビーグロウと契約を交わし、広告用のカレンダーの絵を描くように依頼されたのがきっかけでした。葉巻の広告に使われた「ポーカーをする犬」の絵は全部で16枚描かれ、アメリカ人の心を捉えたのか広告カレンダーは大きな成功を収めました。
>アメリカ中の家庭で見られるようになったクーリッジ氏の絵画は、非常に愛らしい犬たちの表情やしぐさが特徴です。「必要な友達」という名前の絵画では、白いブルドッグが脚でクラブのエースを挟み、隣の友達に頑張って渡そうとしているシーンが描かれています。
00-1 https://i.gzn.jp/img/2018/06/17/painting-of-dogs-playing-poker/00.jpg

「通し(=バクチ用語。麻雀で、仲間に何らかの形でサインを送り、必要な牌を融通したり、敵の上がり牌を教えるイカサマの事)」やないか(゚д゚)!
 しかしそれにしても、このシリーズがそれだけアメリカ中から愛されているのって、前提条件としてポーカーがそれだけポピュラーなゲームだって事だもんな。今の日本だったら小学生はもちろん、ある程度の大人でもポーカーのルール知らない人の方が多いんじゃないか。特に断りなくただ「ゲーム」って言ったらスマホアプリやDSやプレステなんかを指す訳だし。…今の小学生ってトランプの遊び方、ババ抜き以外に知ってるのどれぐらいあるんだろうか(´-`).。oO
ロイヤル・フラッシュ
ドナルド・バード
ユニバーサル ミュージック
2015-03-25



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字