April 20, 2018

15年間ギャンブルで食った男の「スゴい財布」 | 男のマネーライフは財布でわかる | 東洋経済オンライン https://toyokeizai.net/articles/-/217203?display=b
>2018年04月19日
>田嶋 章博 : ライター、編集者
img_73ee8311ca10a2bc818091fdf296a730308266プロギャンブラーとして15年間世界を渡り歩いたというのぶき氏は、一般人の想像をはるかに超える財布を持ち歩いていた(撮影:梅谷秀司) https://tk.ismcdn.jp/mwimgs/7/3/1140/img_73ee8311ca10a2bc818091fdf296a730308266.jpg
>「プロギャンブラー・のぶき」こと、新井乃武喜氏(以降、のぶき氏)。少し光沢のある真っ赤なシャツで現れたのぶき氏は、「ギャンブルで稼いだおカネだけで、世界中を旅してまわる」生活を15年間も続けた浮き世離れした人物だ。
>そんな彼が使う財布は、まさにその生き方を象徴する、財布の概念を根本から覆すような代物だった。まずはこの勝負師が過ごした希有な半生をたどってみよう。

読んでみると、ブラックジャックでカウンティングやってたのか、そりゃ勝てるわ(チートである事が判明したので現在は御法度、バレたら即カジノ出禁を食らう)。そしてポーカーに転向したのも自然な流れ、東洋経済的には鬼才に映るかもしれないが、プロポーカープレイヤーが現存する事を思うと、バクチ打ちとしちゃ割と普通なメソッドだ(もちろん、それだって常人には真似出来ないが)。
 しかしとはいえ、この「財布」にはキちゃうな。このステージまで来ると、そんなものには頓着しないって事なんだろうけども(´-`).。oO
The Dealers
John Coltrane & Mal Wald
Essential Jazz Classics
2014-06-17



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
 
  絵文字