January 17, 2018

英紙ガーディアン、タブロイド判に小型化 経費節減の一環 http://www.afpbb.com/articles/-/3158680
>2018年1月16日 12:26 発信地:ロンドン/英国
img_85d7a7303c290f47f987f4089f62c20d183546 タブロイド判になった英紙ガーディアン(右)と以前の同紙(2018年1月15日撮影)。(c)AFP PHOTO / ADRIAN DENNIS http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/5/700x460/img_85d7a7303c290f47f987f4089f62c20d183546.jpg
>【1月16日 AFP】英紙ガーディアン(Guardian)は15日から、一回り小さいタブロイド判に切り替えた。同紙は紙媒体の広告収入の減少が響いて赤字が続いており、紙面縮小によって一段の経費節減を図る。
>左派系の日刊紙であるガーディアンは、2005年にも大判(ブロードシート)とタブロイド判の中間の大きさのベルリナー判に変更していた。今回は紙面をさらに小さくしたほか、青と白のデザインだった題字の書体も黒のシンプルなものに一新した。(c)AFP

タブロイド判(=日刊ゲンダイや夕刊フジの紙面サイズ)は知ってたけど、ブロードシート エッ?(゚Д゚≡゚Д゚)エッ? ベルリナー判 エッ?(゚Д゚≡゚Д゚)エッ? となってしまった。もう全くの初耳。
タブロイド - Wikipedia
ベルリナー判 - Wikipedia
そうかタブロイドはともかく倍のブランケット判(=日経を始めとする一般紙のサイズ)って日本独自のガラパゴス規格だったんだねえ。
ブランケット判 - Wikipedia
まあそれを言うならB○版ってサイズ自体が日本独自なんだけども。
 しかしそれにしても。5〜6年前か、女性ファッション雑誌ってサイズがミリ単位で微妙に違って、それが統一されたのって広告業界、ひいてはクライアントの要請であって、そのココロは縦横比の微妙な調整がデザイン的に毎回腐心させられるのだそうな。もっと昔、パズル通信ニコリで読んだ話だと、変形サイズは書店で並べ難いので嫌われるとも。古い人ならザ・テレビジョンがAB版(幅がA4・高さがB5サイズ)だったとか週刊TVガイドがB6版(文藝春秋のサイズ)だったのを知ってる人も居るだろう。週刊競馬ブックも昔はAB版だったし、今は亡きホースニュース馬がブック同様に週刊誌を発行してた、それはB6だった…ってのはもう、知識自慢を通り越したジジイ暴露でしかもはやない。自爆!
キング・サイズ!
アンドレ・プレヴィン
ユニバーサル ミュージック
2015-09-30



  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字