December 24, 2017

本田真凛は本当に「ポスト浅田真央」なのか?(青嶋 ひろの) | 現代ビジネス http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53938
>2017.12.23
>青嶋ひろの
>「オリンピックに向けて本田真凛選手を取り上げたいのですが、彼女について教えていただけませんか?」
>今シーズン初めから、そんな問い合わせは今シーズン初めから、著者のところでも相次いでいた。
>「真凛ちゃん、オリンピックではどのくらいまで行けるでしょうか?」
>そんな質問も、実に多く受けた。本田真凛はご覧のように、美しく、華のある選手だ。しかしオリンピックへの展望となると、今年の日本女子の出場枠は、2枠。まず出場できるかどうかがわからないですよ、と話すと、驚く人も多い。
img_c309bf8acfa7853298939ccca06882ec111716 photo by gettyimages http://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/c/3/1024m/img_c309bf8acfa7853298939ccca06882ec111716.jpg
>実力は二の次の、スターを中心にした報道。それが、この国のスポーツ報道だ。根底にあるのは、視聴率、販売部数などを上げるためであり、結局、経済効果のため、若いアスリートたちを利用していることになる。
>あまりに持ち上げれすぎ、「なんだ、オリンピックには行けないのか」と言われ始めている本田真凛は、いちばんの被害者だ。

冒頭いきなり「えっそうなの?」となってしまった。門外漢なもんで、てっきり本田真凛が五輪に行くもんだと思ってた。やっぱりマスコミは…ってな結論にスンナリ結び付けてしまうような事はあんまりやりたくないが、でもこの記事のマスコミ批判は、まこと正鵠を得てるよなあ。
 これがギャンブルだと、読者がこうまで騙されるという事はない。何せゼニカネが絡んで来るから、誰もが認めるスターが負けてくれた方がむしろ美味しい…というスタンスの人が絶対居る。もう一つ、3競オートの中で一番メジャーな競馬であってもフィギュアスケートと比べると圧倒的にマイナーで、だからたまにスターホースが出現したところでマスコミの作ったムードに巻き込まれる外野の絶対数がまず決定的に違う。ディープインパクトやオルフェーヴルが凱旋門賞獲れるかも…って騙されちゃった人は確かに居たが、それでもそれは競馬ファンの中ですら少数派だ。その後、外国競馬であってもJRAの指定したレースは日本国内でも馬券を買えるようになったが、そこで頑張れニッポン\(^o^)/とばかりに盲目的に日本馬が人気になるという事もない、いやむしろ逆で、そこでの馬券の売れ方は極めてドライだ。
 …って事は、カネが掛かってるからこそ人間見る目が磨かれるって事なのか、フィギュアスケートに限らず他のスポーツでも賭けてれば観客の洞察力分析力は成長するのか?まあ、充分成り立ちそうな仮説ではあるけども('A`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
 
  絵文字