December 17, 2017

広島県:牡蠣の字だけ練習 漢字ドリルを小学校に配布へ - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20171216/k00/00m/040/051000c
>毎日新聞 2017年12月15日 19時07分
>カキの生産量日本一を誇る広島県。特産品への愛着を持ってもらおうと、県が「牡蠣(かき)」の字だけを練習する漢字ドリル「牡蠣とり帳」を作った。非売品で県内の小学校などに配る。
9-1 広島県が製作した「牡蠣」の字に特化した漢字ドリル「牡蠣とり帳」の例文=県提供 https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/12/15/20171215hpj00m040048000q/9.jpg
>県民約500人を対象にした県の調査で「牡蠣」を正しく書けた人は3人。ドリルでは書き順だけでなく、養殖が室町時代に始まったことなど豆知識も増やせる100近い例文を用意した。【山田尚弘】

俺も読めるが書けない。それにしてもこのセンス、嫌いじゃない。っつうか好きだ。
 一方で、今回初めてマジマジと見て、「牡蠣の【牡】って牡馬・種牡馬の【牡】なの、あれ俺ゴッチャんなってる?」と一瞬パニクった。「ボレイ」って音読みが記載されててホッとしたけども。確かに字面だけだとそう読むしかない、「かき」は当て字というか何というか、そういうものだ。
ボレイ(牡蠣) タケダの生薬・漢方薬事典 | タケダ健康サイト http://takeda-kenko.jp/kenkolife/encyclopedia/illustrated/borei.html
なるほど牡蠣と書いても身を食う時は「かき」、殻を漢方薬や鳥の餌にする時は「ボレイ」と呼び分けるのか。勉強になりました(-人-)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字