December 12, 2017

 ウチは都内だがテレ玉(=テレビ埼玉)が視れる。で、昔やってた関テレ「たかじん胸いっぱい」は、関東で放映するならフジだが実際にはそうせず、なもんで「フジさんやらないんだったらウチ買いますよ」とばかりにテレ玉が番組販売で買い取り放映してた(他にも「探偵!ナイトスクープ」「快傑えみちゃんねる」etc.近畿に限らず他地区の番組もあった)。で、その「胸いっぱい」の中で「最近(←O.A.当時)芸能人のパチンコ台が流行りだけど、例えば『CRやしきたかじん』みたいなのが出たとしたらじんちゃんの元にナンボぐらい入って来るの?」って下世話な企画があったのをよく覚えている。
 実際には答えられないというメーカーばかりで、でもそれは「○○にそんなギャラ出すならもっと出る台作れや」とパチンカーに突っ込まれるのを防ぎたいのが一つ。もう一つ、何とか解答してくれたメーカーが言うには、契約形態が人によりパチメーカーによりまちまちなので一概にこれぐらい…とは言えないのだと。例えばたかじんだと

 ●たかじんの映像は全て実写か・似顔絵イラストありか→イラストを
  使ってる分だけ、たかじんの実入りが減る
 ●実写映像は撮り下ろしか・既存のものの流用か→アリモノ映像は
  その著作者にも権利があるため、たかじんの実入りが減る
 ●プレイ中に何曲・何秒流すのか→著作者にも印税が発生するため、
  作詞作曲が他人だとやはりたかじんの実入りが減る
 ●単純に一台売れるごとにナンボって契約なのか・ウン台売れたら
  さらにウン%上乗せ…みたいなオプション付きなのか
 ●そもそもタレントの格や台メーカーの体力は

といったモロモロでかなり上下するのだと。ただしそういう番組で推定値として出すのなら、1割でやればそこまで見当外れな数字にはならないと。さらには、1万台売れれば業界的にヒット作と言えるのだとも。
 さて、昨日プレスリリースされたCRオートレース〜スピードスター☆森且行!〜。このサイトによると
高尾「パチンコCR オートレース〜スピードスター☆森且行!〜」のPV&ウェブサイト&情報 - pachinko’s blog http://pachinko.hatenablog.jp/entry/2018/02/auto-race-speed-star-mori-katsuyuki
本体価格約44万 ━━ 盤面だけだと約40万というのは、既にそのメーカーの台を導入してる店は筐体をそのまま活かせるので、その分だけ安いという意味 ━━ で、計画台数8000台というのは、昨今のパチ不況を思うと結構なヒット作と見込まれてるという事、なかなか強気だ。パチンカー的には大手とは言えないメーカーだそうなので話半分で4000台捌けたとすると、44万×0.1×4000=1億7600万円が出演者に渡る事になる。出演レーサー全員と漫画家で配分するとはいえ、前面に森クンを打ち出してる以上は半分ぐらい森クンに行くだろう。でも、そもそもは初めに森ありきで動いた話だし、広報大使としての活躍っぷりを思えば、これでももらい過ぎとは決して思わない、いやあげ足りないぐらいだ。もっともっと売れると良いなあ( ´∀`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
 
  絵文字