November 25, 2017

スポニチ発「日馬富士事件」仁義なき情報戦を読み解く | 文春オンライン http://bunshun.jp/articles/-/5026
>プチ鹿島2017/11/24
>超ド級の新聞読み比べ物件だった。「日馬富士、貴ノ岩に暴行」事件である。
img_3da6c211c541bcddef7b449af4692087551012 それは11月14日のスポニチ(右)から始まった http://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/3/d/-/img_3da6c211c541bcddef7b449af4692087551012.jpg
>例えば「アイスピック」について。まずスポーツ報知。
>《日馬富士が暴行を加えた際、カラオケのマイクや端末機、灰皿まで振りかざしたが、アイスピックも含まれていたという証言がある。関係者によると、ビール瓶と素手で殴打した後も怒りは収まらず。側にあったアイスピックを持ったところで、同席者が慌てて止めに入ったという。》(11月16日)
>翌日の毎日新聞。
>《関係者によれば「貴ノ岩がアイスピックで反撃しようとしたらしい」という情報もある。 》(11月17日)
>新聞によってアイスピックを持っていた人物がちがうのだ。
>つまり証言者が「たくさんいる」。互いの陣営に有利になるような情報戦がおこなわれていたと考えればわかりやすい(「ビール瓶」も同じ)。

角界を揺るがす一大スキャンダル、それも九州場所中にだ。ただ、何せ情報が錯綜してて何が何だか解らないのが実情。マスコミ(特にTV)にしたって無責任言い放題やりっ放しだし。しかしまあとはいえ、正確な情報が判らない中でそれを求めて右往左往するのって、競馬やる人間なら誰しもが普段からやってる事なので、むしろこの情況を楽しんでる部分もある。
 競馬はそのレースが単体で独立してて他競技のようにトーナメント制ではないし、また番組屋が人為的に出走メンバーを決めるのではなく出馬登録した馬の中から賞金順で(例外事項あり)出走優先順位が機械的に決まるので、中央競馬の重賞なら前週日曜には出走馬が判る。枠順の有利不利はともかく、月曜からスポーツ紙の競馬面は大騒ぎだ。そうやってみんな楽しんでいる。思えば初回のジャパンカップの時は基準が何もないから各紙書き放題だった、それに比べればこれぐらい、可愛いものだろうて( ´∀`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字