October 31, 2017

ゲームは依存症を引き起こさない 学者が証明 - Sputnik 日本 https://jp.sputniknews.com/science/201710304231681/
4231656 https://jp.sputniknews.com/images/423/16/4231656.jpg
>2017年10月30日 06:08
>(アップデート 2017年10月30日 13:50)
>スプートニク日本
>研究者の観察によると、オンラインゲームをプレーする時、人々は本当の問題からバーチャル世界へと「逃げよう」としている。論文は科学誌『PeerJ』に掲載された。
>英カーディフ大学のネッタ・ワインスタイン博士は「ゲームは心理的依存症の新しい形ではない。従って、ヒトが自らの人生に満足していなければ、ゲームは魅力的になるし、逆もまた然り」と述べた。

へーえ( ゚Д゚)! 今年だけでもネトゲに熱中するあまり命を落としたとか失明したなんてニュースを見聞きしてたし、てっきりアルコールや薬物依存症なんかと同質のものなんだろう思ってたんだけど、全く居ないとまでは言わないがゲーマーの1%に過ぎないとはねえ。残りの99%はゲームに楽しみ喜びを見出してハマって行ったのではなく、取っ掛かりは現実逃避だと。
 で、そうなると、何らかの体験の結果脳内に快楽物質が生じそれが依存症に繋がるもの ━━ ギャンブルとかSEX依存症とか ━━ もアルコールなり薬物を摂取してその結果として依存症に羅患するのとではメカニズムは違う、って事のように思える。そしてそれはリア充化によってそこから脱け出す事が可能であると。…そう言えば、以前そういう内容の事を書いた覚えもある。
調べても役に立たず:酒とワラwの日々
しかしリア充化って具体的に何をすれば良いのやら。家に引き籠ってネット投票はいけないって事ぐらいは解るけど、じゃあ他に外出目的を…って映画鑑賞やラーメン食べ歩きでギャンブル依存症から脱せられるとはちょっと思えないんだけどねえ('A`)?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
 
  絵文字