July 08, 2017

 「タモリ倶楽部」面白かったなあ。海外では主流になりつつあるボウリングの両手投げについて、まだ日本では数少ない両手プロプレイヤーからレクチャーを受けるという企画。それまで二度だったパーフェクトゲームを、両手投げに転向して二桁やっているというからただ凄いとしか。
IMG_20170711_080043
IMG_20170711_080205
IMG_20170711_080212
IMG_20170711_080109
堂本光一が「何スピン掛けて投げてんだ、格好付けてんのか」と思ってた…って言われてみればごもっとも、でもそれもプロと、この世界に入る前にボウリング場の支配人に就いてた事もあるタモリが解り易く説明してくれる。ピンって結構重いため、ボールの重さがあってもピンに当たると軌道が変わってしまう、だからそれに負けないようにスピンを掛けるのだと。そして両手投げの方が強くスピンを掛けられるという理屈にはなるほど納得するしかない。他にも初めて知ったモロモロに、ひたすら感服した。
 要は、ちゃんとした解説をしてくれる人が間近に居れば、その競技 ━━ もちろんスポーツに限らない ━━ に対してより興味も沸くし、より楽しめるというものだ。オートにしろ競輪にしろ、自分もそういう解り易く、その人がより楽しめる良き解説者でありたい、と思っている(`・ω・´)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字