July 09, 2017

「間違った」競艇のハマり方で逮捕!? 高いギャンブル性と配当に飲まれた人々 http://biz-journal.jp/gj/2016/07/post_788.html
>2016.07.07
kyoutei0316 http://biz-journal.jp/images/kyoutei0316.jpg
>競艇という競技は、CMなどでも「BATTLE OF 6」と紹介されている通り、わずか6艇で勝負を競う。
>競馬がフルゲート18頭であることを考えればその3分の1であり、当然買い目も減少する。つまりは仮に的中したとしてもいわゆる「舟券」は低配当になる場合も多い。そうなると、一つの買い目に「アツく」張らないと、的中した際の旨味が非常に小さくなってしまう場合も多いのだ。
>競艇というのは、公営ギャンブルの中でも1点への張りが大きくなりやすい競技だ。逆にいうと、6艇の中の上位を当てるという点で、数字上競艇は競馬より的中しやすい。だからこそ「少ない買い目で配当を10倍、100倍に」という思考で舟券を買う人も多く、より個々人の「ギャンブラー性」が色濃く出るとも言えるだろう。一つの買い目への「気合い」がモロに出るというか......。タレントの坂上忍が、自身のその年の収入を年末のグランプリですべて投下するという逸話がよい例である。
>他のギャンブルよりも、ある意味ハマると「過激」になりがちな競艇。しかし、賭け以外で過激にならないでいてほしいニュースがここひと月続いている。

浅い浅い浅い浅い浅い( ´,_ゝ`) 例えば1.1倍、すなわち払戻金(100円につき)110円の大本命なんて賭ける気しない…って人の方が圧倒的に多いと思うだろうが、でも銀行に1年定期で預けて利息0.012%・対してこのレースに投資(!)して10分後には利息10%…だったらメチャクチャ美味しい。で、これこそが「銀行レース」って言葉の由来だ。白黒映像しか残ってないような時代だと3競オートで一番それ向きなのは競輪だったが今それは競艇で、だから基本的には本命党向きの種目だ。

 >「少ない買い目で配当を10倍、100倍に」という思考で舟券を買う人も多く

競艇とはそもそも一攫千金を狙う種目ではないと解ってない時点でダメ記事確定だ。100倍=万舟が出る確率どれほどだと思ってんだ。
 カブってる1番人気を嫌って2〜5番人気に…っていう戦術はもちろんアリだしそういう人は確かに多いが、そもそも当てた人で山分けのパリミュチュエル方式では大金ブチ込んだらブチ込んだだけオッズが下ってしまう、中央競馬のように基となる売上(=分母)が大きければブチ込みオッズ低下の影響も小さいが、競艇程差の売上規模だったら2〜5番人気であっても大金ドン!をやるとオッズ急降下払戻金激減となってしまう。であるならば、少額〜ほどほどの額の投資で美味しい配当を…ってアプローチとなるのが道理だ。本当解ってねえよこれ書いたヤツ。ナメてるだろバクチ。
 …まあでも、バクチやらない人相手だったら、この程度の恐ろしく低レヴェルの記事でも騙せちゃうんだよな。もう暗澹たる気持ちになって来る(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字