July 02, 2017

松本人志、ホリ、大竹まこと……芸人と藤井四段は相性が悪い? https://33man.jp/article/003495.html
>[2017/7/2 07:00]
001 https://33man.jp/img/mmm/docs/003/495/001.jpg
>6月27日、大竹まことは情報番組『バラいろダンディ』で「これ以上勝たせてどうすんの? 77歳のじいさんが、14歳のガキに『どうもすいません』はあり得ないだろ。ルールを変えなきゃダメ。ガムテープで出来たみたいな財布から、きつねうどんみたいな金払うような奴だよ。革の財布を持てない奴が、ネクタイちゃんと締めろっていうんだよ。そういう奴が77歳のじいさんをボコボコじゃねえか。誰かシメてやれ」と発言し、炎上した。
>確かに文字で見ると過激発言に見えるが、実際の放送では100%冗談で言っているだけだった。実際にこの発言で共演者たちは笑い、スタジオは大いに盛り上がった。そして勘違いされがちだが、どちらかというとここで本当に罵られているのは、藤井四段ではなく、14歳に負けた77歳の加藤一二三や負けた他の棋士たちだ。
>のちに大竹まことはこの炎上を受け、28日放送の文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』に出演し、「俺の言葉は文字起こしをして、全然違うものになる」と説明した。悪意があったのは大竹のほうではなく、炎上に導いたマスコミのほうではないだろうか。

書き言葉と話し言葉でニュアンスの違ったものになる事は珍しくない。「バカ」とか「アホ」とかいうのは話し言葉では最高の誉め言葉にもなるが、書き言葉だと前後の文脈も何もない状態では罵倒語と判断するしかない。TVやラジオで芸能人やスポーツ選手、文化人らの言葉を文字起こししたネット記事がここ数年で劇的に増えたが、オンタイムで見聞きしてなくてそういう後追い記事で知る立場からすると、こういったミスアンダスタンディングは非常に困るし ━━ 記者に悪意の全くない、純粋な表現力文章力読解力不足であったとしても ━━ そのメディアに対する信頼性も薄れるから、メディアサイドからしても自殺行為だ。もちろん、最初から悪意ありきで発言をパッチワークするようなのは論外中の論外だけども。
 で、古い競馬ファンなら誰だってサンエイサンキュー事件を思い出す筈だ。
サンエイサンキュー - Wikipedia
以降、水戸正晴の文章は一瞥だにしないと決め、こんにちに至る。然るに、今なお現役なんだからなあ。クズ中のクズが( ´,_ゝ`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字