June 12, 2017

文春の報道から食べログの有名レビュアーの全レビュー削除へ至った件で、みなさんに理解してもらいたいこと https://news.yahoo.co.jp/byline/toryu/20170612-00071991/
>東龍 | ブッフェ評論家・グルメジャーナリスト
>6/12(月) 7:50
20170612-00071991-roupeiro-000-23-view
>週刊文春の記事が発端となり、食べログのレビュアーの記事が全て削除されました。それによって、ここ最近のグルメ業界では、食べログのレビュアーやレビューに対して懐疑的な視線が向けられています。
>こういった事象に対して人々がネガティブな反応を示すのは理解できます。しかし、ここで改めて、食べログや食の取材について、みなさんに理解してもらいたいことがあります。
>無料取材はごく普通に行われています。飲食店の発表会やパーティー、大小含めた試食会では、有料となることはほとんどありません。それ以外の通常の取材でも、媒体から経費が出る場合は支払いますが、そうでなければ無料で取材することが一般的です。しかし、無料で取材したからといっても、広告ではないので、編集権は編集部にあります。そのため、記事内容が取材先の思い通りになることはなく、それぞれの媒体の編集方針をもとにして記事が作成されます。
>こういった無料の取材は、食だけではなく、美容、文芸、映画などほとんどの業界で見られることではないでしょうか。美容業界であればサンプル品を使用できますし、文芸業界であれば献本は一般的ですし、映画業界であれば試写会が案内されます。
>ただ、食べログのレビューでは、適切な費用を支払った料理やサービスに対する評価を行うことを前提としているだけに、無料で享受した料理やサービスに対してレビューを行うことを許していません。そのため、こういった取材に対しては、「通常利用外」という項目にチェックして、明示する必要があります。
>今回の有名レビュアーの全レビュー削除の要因は、無料取材それ自体にはなく、それに伴って「通常利用外」のチェックがされていなかったこと、通常の取材を超えた優待があったことなのです。

なるほどねえ。無料取材≠広告だから編集権は編集部にある、だから我々のはセーフである…という理屈か。解るけど、通常言うところの「取材」とはニュアンスの違うものだからなあ。
 気心知れた間柄だからこそ「ここだけの話だぞ」と特ネタが入って来る事も少なくない、だから顔つなぎっていうのは周りが考えてるより大事で、表面的には単なる食事会にしか見えなくてもそれは取材であって、癒着とかタカリとは違う。これは政治でも野球でも競馬でも、番記者というものはみんなそうで、塩崎利雄の著書にも、東京スポーツ勤務時代、調教師や馬主とゴルフ三昧なのをやっかんだ内勤社員に嫌味を言われたので一喝した…というクダリがある。新聞社ですら無理解な人が居るんだよな('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字