May 31, 2017

宝くじ販売、9000億円割れ=総務省 http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052900918
>都道府県や政令市が2016年度に発売した宝くじの売上額が前年度比7.7%減の8452億円にとどまったことが29日、総務省のまとめで分かった。前年度を下回ったのは2年ぶりで、9000億円を割り込んだのは1998年度以来。2005年度の1兆1047億円をピークに、売り上げ低下傾向に歯止めがかかっていない形だ。
>サマーや年末などのジャンボくじの売り上げは11.5%減。総務省は、1等賞金を引き上げるなどの取り組みがなく、賞品の魅力が高まらなかったためとみている。「ロト6」や「ロト7」などの数字選択式くじも5.2%減となった。
>(2017/05/29-19:26)

宝くじ自体が見放され出した…って決め付けるのはまだ早計かもしれないが、でもこれはちょっとさすがにねえ。参加人口が減ったのか一人当たり購買額が減ったのか、そのデータもないから推測も限られるけど、3競オートですら下げ止まって上向きに転じてるというのに。推理という要素があるだけ3競オートの客は本気度や熱心さが宝くじとは桁違い、ってのはあるかもしれないけども、それにしたって、ねえ(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字