May 18, 2017

八百長に賭博76回…テニス三橋淳“永久追放”で日の丸に泥 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/205521
>2017年5月17日
7e695333e6c7f67b7c664d660484bfe620170517112211373 2016年以降、日本テニス協会のプロ登録をはずれていた(C)日刊ゲンダイ https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/205/521/7e695333e6c7f67b7c664d660484bfe620170517112211373.jpg
>テニスの不正監視団体「テニス・インテグリティー・ユニット(TIU)」は16日、男子の世界ランキング元295位の三橋淳(27)を八百長への関与で永久追放すると発表。5万ドル(約567万円)の罰金も科した。
>TIUによれば、三橋は2015年に南アフリカとナイジェリアで行われたフューチャーズで参加選手に八百長を持ちかけた。さらに、テニスの公式戦の勝敗に対し、76回も賭博行為を行っていたという。三橋はTIUの事情聴取を拒否したので処分が決まった。
>川崎市生まれの三橋は、小学生時代は米国で過ごし、11歳で帰国。05年のジュニアデビス杯U−16では錦織圭らと共に日本代表として戦った。
>「フューチャーズ(男子プロテニスでは最低カテゴリーに位置する大会群)を転戦している選手は、あらゆる雑務をひとりでこなす。コートの状態などもあまりよくないので、ストレスもたまります。成績を上げて上部ツアーに行かなければ資金にも困る。悪い組織に八百長を持ちかけられて乗ってしまったのかもしれません」(テニス関係者)

世界の富の半分を1%の人間が支配しているなんてのに比べれば随分楽だとはいえ、それでもテニス界のピラミッド ━━ 一握りのトップと下級選手の収入格差 ━━ の急峻さはスポーツ界一だと評される事は前にもネタにした。
ピラミッドのバランス : 酒とワラwの日々
だから八百長を始めとする悪の道の誘いも多いと。しかしそれにしても、ついに日本人選手からもそういう事例がこうして出て来てしまうってのは、やっぱりショッキングだ。かと言って、日本だけ単独で何か出来るってもんでもないしねえ。
 3競オートで、下にも厚い賞金体系を批判する人は少なくない。しかしこうして不正や八百長の存在を目の当たりにしてしまうと、やっぱり現状の3競オートのシステムってなかなか良く出来てるよな、と(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字