April 30, 2017

【意味不明】ヤフオクで10万円(1万円札10枚)が10万8000円で売っている件について – ロケットニュース24 http://rocketnews24.com/2017/04/17/889389/

先々週のこれ↑、初めて読んだ時は「?」だったのだが、すぐさまTwitterの集合知でクレジットカード現金化と判明。アングラマネーのロンダリングであるとか生活保護絡みとかも確かにありそうだけど、やっぱりクレカが一番考え易い、っていうか自然だ。そしてさらに、「フリマアプリの西成」ことメルカリではチャージ済みのSuicaが出品されるだの、もうワヤ。
メルカリでイタチごっこが続く 現金→チャージ済みSuica→パチンコ特殊景品→旅行券→パワーストーン(キャッシュバック)→ニュートリノ(あんしん保障付き) - Togetterまとめ https://togetter.com/li/1105106
支払い期日に間に合わせるためにクレカで買い物して、その商品を右から左で売却して、そうやって手に入れた現金を…っていうのは支払い額が膨らんでくだけの愚かな行為だ、と決め付けるのは短絡的に過ぎる。もちろん褒められたものではないが、将来的に大きな入金予定がハッキリしてるのなら(夏のボーナスとか)、運転資金の繋ぎとしてこういう手も、決してなくはない。っつうか、企業は普通にこれをやっている。もっとも、大きな入金予定もないのにこれをやると、てるみくらぶコース一直線だが。
 今は亡きイヴェント情報誌「ぴあ」で、大川総裁 ━━ 自身も芸人だが、エガちゃんの属する事務所の社長と言った方が通りが良いか ━━ が自身の借金や周辺のゼニカネ話を連載してて、それで初めてクレカ現金化の話を知った。総裁が、見た目明らかにヤバそうな人から「連載読んでるよ」と話し掛けられて、曰く、映画「夜逃げ屋本舗」は作り話じゃない、本当に居るよ…と。

 ※「夜逃げ屋本舗」をヒット作として話題にしてるのだから、相当に
  昔だ。で、当時は非合法系のシノギとしてダフ屋は大きかったから、
  そういう人にとって「ぴあ」は必読書で、この話は全然おかしくない

その流れでクレカ現金化の話となるのだが、新幹線回数券のような、換金性が高くかつ額面の大きなものを買うと一発でカード会社にマークされる、だから少しでも多く現金を入手するにはどんなモノを買ってどこに売るのが良いか…といった、素人には知る由もないノウハウはなるほど面白かった。幸いにして俺はそういった状況に追い込まれた事はないが、バクチで負け込んだ時は…いやイカンイカンイカンイカン( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字