April 23, 2017

クラブ馬主になって夢と賞金を同時に狙う! 安くて強い馬列伝【後編】|週プレNEWS http://wpb.shueisha.co.jp/2017/04/22/83393/
>[2017年04月22日]
>「馬主で一攫千金(いっかくせんきん)」は一般庶民にはかなりハードルが高いが、クラブ馬主ならそれも夢ではない。例えば、ダート戦線で10億円以上を稼いだエスポワールシチーは、500口の共同馬主で1口当たり2万4000円。維持費などは別としても還元額は約204万円で100倍近いリターンだ。また、短距離G1で2勝のローレルゲレイロも1口5万円が245万円に化けた。
>(取材・文/土屋真光)

まあ、ねえ('A`) 何億もする高馬や良血馬を安馬が打ち負かすのは競馬の醍醐味の一つだし、痛快だし、日本人特有の判官贔屓にも符合する。でも、当たり前だけど、そうではない ━━ やっぱり馬の成績は価格相応である ━━ 事の方が圧倒的に多い。こうやって一攫千金を煽る記事は、もちろん新規に一口馬主や競馬ファンを開拓するという意味でありがたいけど、あくまでレアケースであって、出資馬の成績いかんだが、ほとんどの場合大赤字だという事をちゃんと伝えないといけないと思う。
 ウン億もした高馬が一走も出来ずに引退…みたいな記事の方が、そりゃ読者受けは良いに決まってる。精神が卑しくて俺は大嫌いだが「他人の不幸は蜜の味」なんて言葉もある。しかし、では自分がそういう大金使える立場だったらどうか。予算の範囲内でだが、やはり高い馬を買うだろう。石はナンボ磨いたってダイヤにはならないんだから、素材選びの段階である程度の予算を投じなければ活躍馬を効率よく手に出来ないのは道理だ。安馬が活躍して賞金ガッポガッポってのが一番コスパは良いけども、そんな簡単に行く訳ないじゃないか。だから高馬パンクでメシウマ(^q^) みたいな風潮も俺は嫌で、そういうの関係なしに純粋に安馬活躍サクセスストーリーっていうんだったら素直に同意出来るんだけど、そういうの少ないからねえ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字