April 22, 2017

お笑い芸人じゃねーよっ!「結婚後の苗字」に関する笑えない実話3つ Menjoy! http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170421/Menjoy_295446.html
>2017年4月21日 07時30分
>「俺と同じ苗字にならない?」なんてプロポーズの言葉があるように、結婚後、愛する男性と同じ苗字になることを夢見る女性は少なくありません。しかし、ときに男性と同じ苗字になることで、笑えない問題が発生する可能性があるというのです。
Menjoy_295446_2edb_1 http://s.eximg.jp/exnews/feed/Menjoy/Menjoy_295446_2edb_1.jpg
>3:苗字が絶滅しちゃう……
>「私の苗字って、すごく珍しいんです。ネットで検索しても、自分の一族しか出てこないから、私の家族しか“その苗字”がいないんですよ」(Kさん/27歳/会社員)
>自分が結婚して苗字が変わると、日本から苗字が一つ消えてしまう……なかなか重い話ですね。
>自分の苗字を途絶えさせないために、お婿さんを取ろうかと思っているKさん。彼氏選びの際に、「婿入りとかOK?」と訊ねることもあるそうで、それが“男が逃げ出す要因”になっているかもしれないと自己分析しているのだとか。

神和住純、釈由美子、六平直政、銀シャリ・鰻らは自分達の一族しかない苗字だとTVで言ってて、同様の事は有名人ならぬ身にも当然起こり得る話。とはいえ、そんな事情を飛び越えるぐらい好きな人が現れたら苗字なんか些細な問題…とはならないんだろうなあ。当事者にしてみりゃ深刻だ。
 3競オートでも改姓する選手は居るし、その中には婿養子というケースもある…といっても最近はめっきり減った。競馬は、昭和の時代、少なくとも関東では徒弟制度が強かったから、騎手が調教師の娘さんと結婚して婿入り…というケースが散見されたものだが、今は騎手もフリー化が進んでるからそんな例も減った、というかほとんど見掛けない。水流添(つるぞえ)が五十嵐に改姓したのだって相当前だし、若くして事故死してしまったから今の競馬ファンは存在すら知らないだろう。…ウン、やっぱレアケースだよなあ(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字