April 18, 2017

五輪会場でボートレース!大会後黒字運営へ公営ギャンブル変身検討 http://www.hochi.co.jp/topics/20170417-OHT1T50228.html
>2017年4月18日5時0分 スポーツ報知
20170417-OHT1I50145-L 東京五輪のボート・カヌー会場となる海の森水上競技場のイメージ(都提供) http://www.hochi.co.jp/photo/20170417/20170417-OHT1I50145-L.jpg
>2020年東京五輪・パラリンピックのボート・カヌー会場となる海の森水上競技場(東京・江東区青海先)が大会後に、公営ギャンブルのボートレース場とする案が検討されていることが17日、複数のボートレース関係者への取材で分かった。同競技場は五輪後に年間約1・6億円の赤字が見込まれている。年間収支の改善や施設稼働率を上げる案として期待する声がある。
>複数のボートレース関係者によると、五輪後に海の森でのボートレース開催を目指し、関係者と協議を始めた。会場周辺は公園で住宅地などがなく、騒音問題もクリアできるという。
>海の森では、ボートレース開催の条件も整っている。コースは直線で2000メートル、8レーンで、ほかに約2000席の観客席、宿泊施設や飲食店なども整備される。海の森は海水だが、ボートレース大村(長崎・大村市)なども海水で開催されており、支障はないという。

これ、五輪関係者はまだ何も言ってはいない、あくまで競艇サイドが勝手に構想を吹いているだけだ。とはいえ、ボートやカヌーはかなりのマイナースポーツであるから五輪後の施設維持管理だけでも大赤字必至、だったらいっそ競艇に使ってもらえれば…ってなる可能性は確かになくはない。
 それは良いが、実際なったらどうなるか?どこの場もスタンド改修に合わせて規模縮小するのが昨今のトレンドだが、それでも東京で(隅っこの方とはいえ)2000席ってのはさすがに小さ過ぎる、最小限のスタンド増設はするべき=初期投資が必要になる。
 カニバリゼイションはどうか。公共交通機関としては現状ゆりかもめしかない(もうちょっと行けば、りんかい線の東京テレポート駅があるが)、足回りが良いとはお世辞にも言えない立地で、江戸川からも平和島からも微妙に行き辛い。でも両者の中間に位置するから、影響ゼロとは言えないだろう。周辺環境からするとナイターも可能で、そうなると直接的な食い合いはない。首都圏っつうか東京の3場プラス戸田は昼開催のみで、ただしこれらの場の客は他場のナイターの場外発売を売っていた、それがシフトする可能性は高い。いずれにせよ、客の財布の中身は一緒なのだから、どこかヤられる場は出る。他競技から奪って来れるのなら話は別だが。
 もう一歩踏み込んで、前述の過小なスタンドとナイター可能な周辺環境を逆手に取って、無観客のミッドナイト開催を行うというのが競艇関係者の理想かもしれない。であるなら、ミッドナイトでウハウハの競輪オートは顔面蒼白となるが…って、まだ何も決まってないんだけどさ(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字