April 15, 2017

デルタ航空がオーバーブッキングで乗れない人数を最小に、しかもコストも少なく済ませている仕組み http://developer.cybozu.co.jp/akky/2017/04/how-delta-minimize-involuntary-passengers/

実にどうも、コロンブスの卵というか何というか。言われてみれば簡単な話だけど、発明した人はアタマ良いわ。

飛行機のオーバーブッキング発生率を調べてみた。JALよりANAが確率高く、アメリカ系はさらに高い http://tabiris.com/archives/overbooking/

しかしそれにしても、オーバーブッキング自体、また、その折りには搭乗拒否する事が正統な権利として航空会社には認められている…という事を今回の件で初めて知った。でもってそれが、日本では「フレックストラベラー制度」と呼ばれている事も初めて知った。飛行機予約する時「何だコレ」っていつも訝ってたんだけど、そういう事だったのか。でもって日本でも、会社により路線により違いはあれどオーバーブッキングは普通にあって、10万人に5人ぐらいが本人の意志に関係なく搭乗拒否(=後の便、もしくは翌日の便に強制振り替え)されるとは。
 俺はそういう現場に遭遇した事はないが、こうなると、旅打ちでそうなった時のシミュレーションをしておいた方が良さそうだ。つっても朝イチで行って最終便で帰京するのがほとんど、往路はその後の予定に皺寄せが行くから到底受け入れられない。では復路だったら?俺の仕事は9時5時じゃないし羽田から30分チョイだから、翌日朝便が羽田9時半着なら、ギリとはいえ一応差し支えない。んで航空ダイヤを見渡すと、四国九州のどこであれ朝イチ便に乗れるのなら大丈夫だ、ならフレックストラベラー制度を受け入れても良い。ただし山口宇部空港。俺はクレジットカード作ったほどのスターフライヤー党で、でも山口宇部からのスタフラの一番は出発時刻が遅過ぎてアウト。だから山陽オートや防府競輪に行く時は、復路だけでもスタフラでなくANAやJALにして保険掛けとくか、それか今まで通り北九州空港から帰る事にしないと…って事だな。覚え書き、と(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字