April 07, 2017

NTTが固定電話で新料金、24年から全国一律3分8.5円に http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN1780FG
>2017年 4月 6日 5:00 PM JST
downloadfile 4月6日、NTTは、総務省有識者委員会で、2024年から固定電話の通話料金を全国一律3分8.5円にすると表明した。固定電話網(PSTN)をインターネットを使ったIP網に移行するのに伴い変更する。写真は都内の同本社で2000年7月撮影(2017年 ロイター/Toshiyuki Aizawa) http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170406&t=2&i=1179554196&w=640&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPED35082
>[東京 6日 ロイター] - これまでは距離に応じて通話料金が高くなる仕組みだったが、新たに提供する「メタルIP電話」はIP網の特性を活かして全国一律の通話料金を採用。現状の市内通話3分8.5円を全国に拡大することで、長距離は大幅に安くなる。

リニューアルされたばかりのテレ朝「マツコ&有吉かりそめ天国」で、ちょうど固定電話の話をしてた。二人共、会社組織はもちろんだが個人事業主でも、ケータイオンリーで固定電話なしの人には胡散臭さを覚える…と言いつつ、自身はもうFAXが必要なくなったから固定電話を解約してしまったそうな。
 まあ料金面でケータイにはこれでも全く敵わないし、遅きに失した感が否めないが、固定電話に対するニーズはこのように確かにあって、その料金が安くなるなら利用者にとってはどうあれ歓迎だ。ケータイだって昔は距離別料金体系だったが、当時の固定電話の遠距離通話の高さといったらその比じゃなかった。東京から北海道とか九州まで、10円で確か5秒しか話せなかった筈だ、深夜料金で2割引といっても5秒が6秒になるだけという。
 で、3競オートのWEB投票がまだ「電話投票」だった時代はARS投票といって、宅配便の不在配達センターみたいな、コンピュータ音声のガイダンスに従ってテンキーで操作するものだった。でもってその電話投票センターが、IP転換以前は北は札幌から南は熊本まで揃ってて、それでも北海道の端の方だと一番近い札幌だって10円で15秒ぐらいしかなかったのではないか。一投票当たりエラい電話料金が掛かってた、いやホント隔世の感(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字