March 23, 2017

27年前に見たウルトラマン製造工場は幻だったのか(ネルソン水嶋) (2017.03.22 16:00)http://portal.nifty.com/kiji/170321199095_1.htm
01 http://portal.nifty.com/2017/03/22/c/img/01.jpg
>つい最近まで、理屈に合わなすぎてずっと幻だと思っていた27年前に見たものが、記憶の糸を辿ったところ、実在しました。だから断言したい、記憶は幻ではない。事の顛末を、いっしょに体験してほしい。
>小学生の頃に、学研の雑誌を定期購読していた。「●年の科学」というもので、科学に絡めた読み物が豊富な子ども向け雑誌。
>小学1年の頃だったと思う。その号では、上半身だけのウルトラマンを製造している写真が載っていたのだ。

同僚が、紙にボウリングのピン配置のように○を10ヶ書いて、さらに後ろに5書いて「15か」と首を捻ってる。

 「どうしました」
 「AKBの選抜って16人じゃん、1+2+3+4+5って15だからさあ」
 「最後列6人じゃないんですか」
 「あー」

それで何をしてたかというと、3年前の曲「心のプラカード」のポジションを思い出そうとしてるのだと。こんなもの検索すりゃ一発…と言いたいところだが、48グループってシングルやMVのオリジナルメンバーそのままで出てる歌番組って実は非常に少なく、それに画像が出て来ても元のサイズが小さくて顔が識別出来なかったり。それなりに時間は掛かったが何とか全員判明して、

 「たまにこうやって抽出し開けないと錆び付きますもんね」
 「だね」

何とか満足行く結果が出せた。
 想い出補正というものがあるが、そんな美化するようなヤツでなく、この↑記事のように単に細部の記憶違いだった…というケースは多々ある。っていうか一番多いだろう。3競オートのレース内容とかなら資料も豊富で、特に今はレース映像も割りと簡単に入手出来るから記憶修正も効くのだが、レースにまつわる想い出とか馬券車券の出来だとかになると、そういう個的な体験はさすがに上手く行かない。こういったブログやSNSでマメに記しとくしかないんだろうなあ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字