March 28, 2017

【ドバイワールドCデー】ヴィブロスが勝ったドバイターフが16万円でワールドCが5170円の怪 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/race/202282
>2017年3月27日
>土曜日深夜に行われた「ドバイワールドカップデー」。日本ではドバイターフ、ドバイシーマクラシック、そしてドバイワールドカップの馬券が発売され、合計で25億8107万500円の売り上げがあった。
>これまでは日本馬に対して心情的に“応援馬券”が入っていたのが常。逆に海外勢の方がおいしい馬券になっていることも多かったが、メーンのドバイワールドCの3連単は1→3→12番人気で5170円。JRAでの3連単で12番人気C紊両豺隋発売開始以来でも8680円というのが最低配当で、いくらアロゲートがいたとしても、それより安い配当にはびっくりだ。
>逆にターフに唯一、日本勢として出走し、鮮やかに勝ったヴィブロスは5番人気。3連単は日本馬の“頭”でも16万オーバーの高配当になった。
>昨年の凱旋門賞から始まった海外競馬の馬券発売も、このドバイが5回目。徐々に親しんできたファンは何でもかんでも日本馬ということではなく、意外にドライだったかも……。

まあ応援馬券だったら基本は三連単でなく単勝だよな。外国競走発売開始当初は、凱旋門賞ブランドに飛び付くミーハーとかが普通に三連単買ってたかもしれないけど、そういう層も何回がやってるうち「いや外国馬の情報少な過ぎて判らんし」って振り落とされちゃったんじゃないか?それに半日後には日本馬オンリーのGI(=高松宮記念)が行われる、にも拘らず敢えてこのタイミングでドバイを選択するって人は、外国競馬の知識をそれなりに持ってる層でなければおかしい。
 つうか、そもそもの競馬マスコミの論調だって、「ドバイ○○、●●首位争い必至!」的な記事なんて見掛けなかったもの。そりゃミーハーだってオイソレとは手ェ出さんでしょうよ。現にヴィブロス、大金星扱いなんだしさ(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字