March 05, 2017

 眠い目を擦りつつ東京駅。毎度お馴染みぷらっとこだまで浜松へ。
image
image
image
まずは
幻のふぐ天蕎麦?鰹節?静岡県浜松駅の立ち喰い蕎麦事情 – しらべぇ http://sirabee.com/2017/02/26/20161072726/
この蕎麦を食らう。
image
長ネギでなく万能ネギなのがいかにも「(東京より)西に来た」って感じで高まる。ツユも薄口だし。肝心のふぐ天は…駅の立ち食い、しかも500円なんだから「 スゲェ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!! 」と絶叫するようなものではない。でも、かつて下関駅で食ったふく天うどんより上のような気がするし、その下関で「ふく」と呼ばれ縁起もの扱いされている、それも僅か5人限定のものにありつけた事が既にして僥倖なのだから、素直に喜ぶべきだろう。
 オートレース場へのバスは一番が9時半なので、
image
0303_07A
それまで駅周辺を散策。エクセルフロアには既に行列が、さすがJRAの底力だ。
image
乾パンや源氏パイでお馴染み三立製菓は浜松が本社でしかも駅近、
image
でも行ってみると素ビル、もっと自社製品アピールとかすれば良いのに。奥ゆかしいというか商売っ気がないというか…って裏に回ったら
image
ちょっとホッとした。
 まあとにかくオート場着。
image
わざわざここで直虎推しせんでもエエやないか。
image
もう一発。
 浜松オートは相当に久し振りで、前来た時は4社あった専門紙は半分の2社になっていた。今時400円、つっても内容は貧弱、このペラ1枚表裏だけという。
image
出走表より僅かに大きいだけだ。
image
その出走表に衝撃を受ける。
image
飯塚との2場開催とはいえ、晴れの土曜で売上たった8600万ってヤバくないか?かなり心配になって来る(後で判ったが、浜名湖競艇ともバッティングしていた)。しかし他人の懐具合を心配する余裕があるならまずテメエが勝てよ!って話であって、気合いを入れる。
レース結果|浜松オート|ネットスタジアム|オートレースオフィシャル
1レースからいきなり大万車券の洗礼。前途に暗雲が立ち込めて来るが、今日わざわざ久々である浜松までわざわざ足を運んだ見た目的はこれだ。
出走表|浜松オート|ネットスタジアム|オートレースオフィシャル
つい先日、フジ「キビシー!」でオートレース33期練習生の特集がされてたが、選手総数が増えるのでない限り、新人がデビューするのと引き替えに何人かが辞めなければならない。即ち、本人は選手を続けたくても、成績下位者からお引き取り願う事になる。平たく言うと馘だ。そしで今節を以て現役生活ピリオドという選手が何人か居る中に、全公営競技選手での最高齢勝利記録の持ち主であるスーパーお爺ちゃん・谷口武彦も含まれてしまった。今節は最後のハナムケにとばかりハンデ10軽化、しかし昨日は2周目の一回りだけで7人に抜かれる始末。今日もこの試走ではどうにもならない。でもそれはそれ、応援はする。
image
image

レース結果|浜松オート|ネットスタジアム|オートレースオフィシャル
昨日よりは抵抗出来たってだけだけど、それでもお爺ちゃんなりの意地とプライドは見せてもらった。感傷的になりつつも、ここからは再びバクチモードに…って人間そんな簡単には切り替わらない。その後もテンコシャンコ、軸にした人気選手がことごとく飛びまくり、さらに悪い事に、そもそも来たのが久々だったから忘れてたが、浜松本場まで来て勝った覚えがない…っていう嫌な記憶が蘇って、非常に不吉な予感が。果たして人見剛志が2着に負けた9Rで、遂に心が折れた。
レース結果|浜松オート|ネットスタジアム|オートレースオフィシャル
10Rの試走見てもピンと来ない、ヤケクソで、他場にはない浜松独自のこれを食う事にする。
image
image
正価1200円のこれを食うために食堂のオカーサンに結構なチップ弾んだと思えば…と自分を納得させる。いや新幹線代入れたら超高い鰻丼&豚汁だ。美味かったけども。
 四日制一般開催の二日目は、前の概定番組だとラスト2ヶレースは一人漏れの特選で、好みはあろうが俺的には美味しい思いを何度となくして来た米ビツだったのだが、今節は準々決勝制だからそのジャンピングチャンスもなし。さらに蘇った記憶では、最終R終了後の道路が結構な渋滞で時間が掛かる。なもんで最終どころか11Rも観ずして撤収。遁走と言わば言え。とまれお爺ちゃん、モトイ、谷口武彦選手、貴方のレースはしかとこの目に焼き付けた。あと二日間頑張ってくだされ(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字