February 21, 2017

http://race.sanspo.com/keiba/news/20170221/etc17022105060001-n1.html>【ズームアップ】芝コース除雪は人海戦術 5センチの積雪で517人 http://race.sanspo.com/keiba/news/20170221/etc17022105060001-n1.html
>2017.2.21 05:06
etc17022105060001-p1 2014年の豪雪では、対策マニュアル以上の人員を動員しても作業に苦戦した。このときの教訓が、現在につながっている http://race.sanspo.com/keiba/images/20170221/etc17022105060001-p1.jpg
>東京競馬場の二村(ふたむら)啓介馬場造園課長(48)が説明する。
>「雪が降った場合は除雪対策マニュアルを元に対応します。東京での通常開催の馬場管理は、157名の作業員で行いますが、積雪3センチ程度の場合は臨時の153名を追加招集して計310名。5センチ程度だと追加360名で計517名。人数はあくまで目安で、臨機応変に対応します」
>芝はダートの除雪と違い、一般的な器具を用いた除雪の繰り返し。1回東京開催の芝レースは最も狭いDコースを使用するため、A〜Cコースは雪置き場ともなり、雪はコース外へと集められていく。また、芝を傷めないよう、基本的に重機は使用しない。
>東京競馬場では除雪のために使われるプラスチック製やアルミ製の各スコップが計1100本、各スノーダンプが計900台、コース外に点在する3カ所の倉庫に保管されている。北海道や東北など積雪量の多い雪国で一般的に使われているものと同じ器具だ。
etc17022105060001-p3 東京競馬場内の3カ所に点在する倉庫には、スコップ、スノーダンプといった用具が大量に保管されている http://race.sanspo.com/keiba/images/20170221/etc17022105060001-p3.jpg

スポーツ紙、月曜日は日曜競馬の結果だし木金は追い切りだが火水はどうしても伝えなければならない記事というものがない、だから注目馬の関係者インタヴューとか特集となるのだが、こういう、ちょっとした役立ち記事を書ける(もっと言えばそれ以前の、企画を出せる通せる時点で)センスって良いよな…と思う。それにしても陰のヒーロー戦隊・除雪軍団の皆様には頭が下がります。たまに「えー中止かよー」とかいう事もあるけど、映像見たら「あーこりゃ無理だ」ってすぐ納得させられちゃうし。いや本当ご苦労様です(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字