September 15, 2015

来年から最終開催12月28日固定へ!「有馬記念」も検討 http://www.hochi.co.jp/horserace/20150912-OHT1T50209.html
>2015年9月13日5時0分スポーツ報知
>中央競馬の締めくくりは「12・28」に―。JRAが2016年度から、12月28日の開催を固定化する方針であることが12日、分かった。中央競馬の開催は地方競馬との取り決めにより、12月28日までと決められている。さらに土日開催を基本とするため、年によって最終開催日にばらつきがあった。これを統一することで競馬ファンはもとより、ファン以外にも「競馬の日」として認知を図る。
>他の公営競技では地方競馬の東京大賞典が12月29日に、競輪のKEIRINグランプリが同30日に、オートレースのスーパースター王座決定戦が同31日に固定され、それぞれ年末の風物詩となっている。一年の締めくくりを明確にすれば“オーラス感”を盛り上げる効果がある。
>12月28日に行われた昨年の有馬記念では、売り上げが前年比110・7%と、大幅に増加。年の瀬開催の効果が浮き彫りになった。28日開催の固定化はJRAにとってもメリットが大きい。過去に、春の天皇賞が昭和天皇の誕生日(4月29日)に固定して開催されたことがあった。「12・28」が年末のビッグイベントとなる日は近い。

「方針である」って事だけど、この書き方だともう決定事項だよなあ。

 >28日に行われた昨年の有馬記念では、売り上げが前年比110・7%と、
  大幅に増加。年の瀬開催の効果が浮き彫りになった

いや、その前二年は24日開催で給料日前っていうのが売上が振るわなかった最大の理由でしょうよ。特に一昨年は、有馬記念の翌日にもう一日開催がある日取りだったから「明日もあるし」とセーヴモードで臨んだ競馬ファンが少なくなかったから有馬の売上はより苦戦した…といった点に一切触れずにもっともらしく書いてる事、それ自体が、読者を誘導したい意図がミエミエだ。まあこういうのは反応探るべく観測気球上げた(=要するに「書かせた」)ようなもんで、書いた側はスクープ(゚д゚)ウマー っていう、持ちつ持たれつなんだけどさ。
 前述の通り、有馬が23とか24日に当たってしまうと給料日前だから売上的に痛いし、天皇誕生日やクリスマスイヴとバッティングする事で人々の意識や話題が分散し、有馬記念のプレミア感が損われるのも痛い。それは重々解るにしても、28なら28で平日だったら「仕事納めなのに、とても競馬どころじゃないわ」って人も居るだろう。あるいは「家族サーヴィスで海外行ってるわ」とか「帰省してるし」ってパターンもあるだろう。つうか、来年のカレンダー見ると有馬は25日、26や27がベストだろうが、決して悪い日取りではない。まあ「3連休だから人手が…」とか「競艇が賞金王ぶつけて来るんじゃね?」とか懸念材料がない訳ではないが、それでも28よりはずっとマシだろう。それに

 >東京大賞典が12月29日に、競輪のKEIRINグランプリが同30日に、
  オートレースのスーパースター王座決定戦が同31日に固定され、
  それぞれ年末の風物詩となっている。一年の締めくくりを明確にすれば
  “オーラス感”を盛り上げる効果がある

むしろ有馬に「露払い感」が出ちゃう可能性すらあるんじゃないか?必ずしもプラスとは言い切れまいて。
 何より、変則日程は調教がイレギュラーになる。それでなくても天皇賞(秋)やジャパンカップとの兼ね合いから有馬は陣営の本気度が問われる一戦、通常の予想より厄介で、だから必ずしもブチ込めないんだけど、さらにブチ込めない条件が加わるとなったら俺的にははっきりマイナスだ。…うん、この案に両手を挙げて賛同とはいかないなあ( ´-`)y-~~~

ラストデイト
ラストデイト

アーティスト:阿部薫
販売元:Diwレコード
発売日:1993-11-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字