July 18, 2015

“競馬中継”史上初『みんなのKEIBA』がマルチチャンネル放送を実施 http://tv.yahoo.co.jp/news/detail/34107/
>ニュース 2015 07/17
183a6d64.jpghttp://tv.c.yimg.jp/tv/ipg_minds/news/presentcast/480x640/34107minaokeiba0717.jpg
>フジテレビが、7月19日放送の競馬番組『みんなのKEIBA』で、競馬中継史上初となるマルチチャンネル放送を試験的に実施することがわかった。マルチチャンネル放送を行うのは、放送開始となる15時から15時24分までの冒頭24分間の予定。メーンチャンネルでは通常のスタジオ部分を、サブチャンネルでは「函館記念」(G掘砲離僖疋奪から本馬場入場の様子を放送する。
>これまでにTOKYO MXでは東京シティ競馬中継、千葉テレビでは船橋競馬中継で、それぞれマルチチャンネル放送を実施しているが、共にメーンチャンネルで通常の番組、サブチャンネルで競馬中継という編成で、今回のようにメーンチャンネルとサブチャンネルの両方で競馬中継を実施するのは史上初の試みとなる。
>サブチャンネルの解説には、G議婿14勝、スペシャルウィークで「日本ダービー」を制した実績を持つ元調教師の白井寿昭、動物評論家の三上昇が出演。実況は、福永一茂(フジテレビアナウンサー)が担当する。サブチャンネルでは、パドック、本馬場入場、返し馬などの映像をベースに、白井がプロのホースマンの視点から、また三上が動物学的な見地から各馬の状態や特徴を解説していくなど、競馬ファン必見の充実した内容となっている。特に、発汗の様子、歩き方、しぐさなどから、各馬の調子を見極める、動物評論家・三上の解説は、サブチャンネルならではの企画となる。メーンチャンネルでは、通常通り「シンガポールターフクラブ賞」(中京10レース)、「鶴ヶ城特別」(福島10レース)の模様などを放送する。
>なお、『みんなのKEIBA』は、仙台放送とテレビ静岡など、フジテレビ以外でも放送されているが、マルチチャンネル放送を実施するのはフジテレビのみとなる。

白井最強は良いとして、誰だよ動物評論家の三上昇って?知らんがな。
 とはいえこりゃスゲエ、何をやっても裏目続きで凋落の一途のフジとしちゃ久々のスマッシュヒットだ。マルチチャンネルは画質が劣化するが、それでも昔のブラウン管程度の画質は有るから、ワンセグならいざ知らず普通の大きさのTVで視る分にはそれほど問題にはなるまいし、そもそもこれはパドック〜返し馬ま、競走はメインch限定なんだからやはり問題とはなるまい。惜しむらくはフジ限定で、系列他局では通常放送のみであるという点。つうかこれ、番組制作協力してる(筈の)地元の北海道文化放送でもやらないの?伝統の一戦だから力入れてるからこそ…じゃないの?まああくまで試験的だそうだから、好評だったアカツキには2歳ステークスや札幌記念、果てはGIでも…ってトコまで有るかもしれないけども。
 しかしまあアレだ、言っちゃ悪いが競馬中継って視聴率悪くてTVにとっちゃ「お荷物」で、だから何とかしようとヴァラエティ志向に振ってる訳だけども、真面目な堅苦しいスタイルをサブch使ってコッソリやる両面待ち作戦とは、言われてみればコロンブスの卵だ。なぜ今までなかったのか。やるじゃんフジ…いや、こりゃ北海道から言い出して来たんだろうな、きっと。それほど、昨今のフジは酷いからなあ( ´,_ゝ`)

パロ・コンゴ
パロ・コンゴ

アーティスト:サブー
販売元:ユニバーサル
発売日:2015-06-02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字