March 27, 2017

草、米、塩... 「弥生時代の食事」にしか見えない時刻表 http://j-town.net/tokyo/news/localnews/240881.html
>2017年3月25日 21:00
>駅の時刻表が、弥生時代の食事みたい――こんなツイートが2017年3月17日に投稿され、話題になっている。

 >野、草、米、塩
 >弥生時代の食事かよwwwww
 >pic.twitter.com/RxMg97oNocC7HRaMDU0AAWjOu
 >— ぶいろく@wave uppy's (@train_uppys) 2017年3月17日

>今回投稿されたこちらの画像。どうやら駅の時刻表のようだが、終着駅の名前が省略されているため、草(草津)、米(米原)、塩(近江塩津)など原始的な食べ物がピックアップされているように見えるのだ。(ライター:長谷川オルタ)


漢字一字にどう略すか…という問題は時刻表に限らない。ギャンブル絡みだと、競輪選手の登録地や前走出走場を表記する時だ。【大】宮と【大】垣、【松】戸と【松】阪と【松】山、【高】松と【高】知、【小】松島と【小】倉、は一文字目の時点でカブってる。高松と小松島は【松】もカブってるし。駅ナンバリングみたくアルファベット2字方式でもカブリは避けられないが、しかしこれだと「2文字以降もカブってどうしましょ」が大幅に減るので、単に区分法というならこれがベストだろう。ただ、3競オートでも競輪は特に客の年齢層が高く、アルファベットと日本の地名を想像で結び付けられるか?って問題がある。いやそれ以前に、漢字一字表記より小さい半角アルファベットだから「…読めねえ」「字小さくて見えねえ」ってなる可能性の方が高いよなあ。んー('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 26, 2017

三重のオークワから関西版のカップ麺が消えて数年 http://anond.hatelabo.jp/20170325120000
>2017-03-25
>三重は、テレビ・新聞・スーパー・コンビニ・電力・ガス・JRなどで東海に属する(※名張・伊賀・東紀州を除く)から、同じマックスバリュ中部やピアゴ、バローでも滋賀と三重では売ってるものが違う。
>ただ、以前は三重でも和歌山が本社の「オークワ」に行けば、関西版の赤いきつねや西日本版のどん兵衛が並んでいて、某電機メーカーの関係で関西から越してきた人や関西寄りの三重ケンミンなどには、すごく有難い場所だった。
>でも、そのオークワも愛知・岐阜への進出で、東海に物流センターを設けて東日本版に。
>当然といえば当然だけど、なんかさみしい。

10年ぐらい前か、テレ朝で「Matthew's Best Hit TV」という番組があった。架空のキャラクターである大スター・マシュー南に扮する藤井隆がミュージシャンなどをゲストに迎え、トークやらゲームやらに興じるヴァラエティなのだが、その中に「なまり亭」というコーナーがあった。地方出身の芸能人が対戦形式で、それぞれ知人(実母や小学校時代からの友人など)と電話で話してもらうというもので、彼らは通話自体は了承してるが企画意図を知らされてないので当然お国言葉で話し掛けて来る、それに釣られて演者も訛ってしまったら、脇に控える言語学者の金田一秀穂がチーンとベルを鳴らす→無意識のうちに訛ってしまった事に演者が動揺しさらにドツポに嵌って行く様子が可笑しい…というものだった。で、それに誰だったか、とにかく三重県出身のアイドルが出て来て「三重は近畿だ」と主張した。これに対戦合手の内P軍団が真っ向応戦。

 「じゃあ電気どこと契約してました」
 「…中部電力です」
 「家で新聞何取ってました」
 「…中日新聞です」

瞬殺。アイドルぐぬぬ顔。とはいえ、この時点で松阪競輪に旅打ち経験のあった俺は、このアイドルの言い分も充分理解出来た。
 三重県の交通網は【メ】の字だと思えば大体間違いない。【メ】の書き出しは県外の名古屋、そこから三重県に入り桑名や亀山を通って紀伊半島へ抜ける。そして【メ】の2画目は、遠く大阪は難波から奈良県を通って三重に入り、名張や伊賀を通って松阪で合流し、最終的には伊勢・志摩へ抜ける。後者は地元にない大きな病院とか買い物とかコンサートとかは、名古屋でなく近鉄で大阪へ行く。合流区間だからどっちにも乗り換えなしで行ける松阪以南にしたって、近鉄だと名古屋に行くのも大阪に行くのも時間的にも特急料金も運賃もほとんど差がなかったと記憶する。現実問題として大阪>名古屋だし、名駅にJRタワーが出来るまでは名古屋一の繁華街は栄(≠名古屋駅)だったから、地方から出て行く分には駅近の大阪の方が利便性が良い。もっと言えば、古い人だったらタモリが敷衍した「名古屋=デカい田舎」イメージが刷り込まれてるから「三重県=関西、近畿」ってなるのは至って自然だ。
 いや本当、こう思えるのは実際行った経験があるからだ、行って初めて判った事だ。旅打ちっていう動機はアレだけど、やっぱフィールドワークっちゅうのは大事なんだなと(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 25, 2017

【マーチS】3・30名古屋大賞典“謎の選定方法”余波で波乱の予感 http://www.tokyo-sports.co.jp/race/horse/666286/
>2017年03月24日 21時02分
73f704d6607e3f5961eb5d1f15a2ed0e 「ポルックスS」を制したドリームキラリ(左) http://www.tokyo-sports.co.jp/wp-content/uploads/2017/03/73f704d6607e3f5961eb5d1f15a2ed0e.jpg
>【マーチS(日曜=26日、中山ダート1800メートル)栗東トレセン発秘話】一見、謎の選定方法だった。来週30日の交流GIII名古屋大賞典(名古屋競馬場=ダ1900メートル)にエントリーした中央馬の中で、重賞2勝で収得賞金7050万円のアスカノロマンが補欠の2番目になる一方で、まだオープン特別勝ちしかないドリームキラリが出走枠(5頭)に入った。重賞3勝馬インカンテーションなど補欠4頭の枠にすら入らなかったという。
>これら2頭にロンドンタウンなどを含めた名古屋大賞典に出走できなかった組が仕方なく矛先を向けてきたのが日曜中山メーンのGIIIマーチS。3場開催でジョッキーが少なく、後から出走を決めたとあって、各陣営は騎手の確保に苦労したそうだ。もともとがハンデ戦で混戦の上、アスカノロマン、ロンドンタウンなど実績上位馬が予定を変更してのスライド出走…何やら波乱の可能性がありそうである。

競馬の出走馬選定法は基本、賞金順だけど、中央馬は地方と違って高齢になっても降級しないので(古馬になった時の一度のみ。それすらなくする方針であると伝えられている)、完全にピークアウトしてる力量不足馬でも「昔取った杵柄」で選ばれてしまう不具合が生じる。そのため、活きの良い上がり馬が選ばれるようJRAや地方競馬側もあれこれ頭を使って、今のように交流GII・GIIIの出走馬決定方法を改正した(2015年)、しかしそのせいで今回、重賞未勝利馬が重賞実績馬に優先してしまったと。でもこればっかりはねえ。元々4頭しか枠がない中では、どうやっても「何であの馬が出られてウチのが除外なんだ」からは逃れられまい、完璧な優先順位の選定法なんて作りようもない。だからって今のがベストとも言わんけど、でもかなり出来の良いものではないか。
 それはともかくとして。目標としてたレースを除外されたから仕方なく、それも順延でなく予定を早めて出て来るって馬が、その実績から人気が予想されるってんだから、これは穴の気配がするよなあ。楽しみだわさ( ・∀・)ニヤニヤ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 24, 2017

博多大吉「実は地方芸人のほうが成功しやすい、5つのメリット」 http://bunshun.jp/articles/-/1830
>博多 大吉2017/03/24
img_75fd03ac7f989b9f906724fa13e4074668217 http://bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/7/5/-/img_75fd03ac7f989b9f906724fa13e4074668217.jpg
>福岡吉本で15年、活動していた。それは芸人というよりも、情報番組のレポーターなどがメインの、いわゆるローカルタレントという肩書きでの15年だった。そこから東京にやってきて、口はばったいが、今ではこんな文章をこんな雑誌に載せて貰えるような立場になった。
>「やっぱり、東京でしたね」
>僕の過去を知る人たちは、決まってこう口を揃える。もちろん、東京進出は大きな転機となったし、東京に来ていなければ、今の僕はない。
>しかし、厳密には違うのだ。
>僕は地方吉本で芸人になったから、地方在住者のアドバンテージがあったから、地方を経験した上で東京に出て行ったから、奇跡的に芸人だけで食えるようになれたのだ。もしも最初から東京や大阪で芸人を始めていたら、絶対にこうはなっていない。そう僕は確信している。

マスコミや芸能人という目線からしたら福岡=地方ではあるけど、福岡だって政令指定市だし九州各地から人が集まる九州最大の都市だ、それに地上波民放キー局の系列局も全てある。2局しかありませんとか県民全員合わせて100万人居ませんみたいなトコと一緒くたに「地方」ってしてしまうのはどんなもんか。
 それに、大吉先生がそうだっていうのは凄く解るんだけど、でも人間向き不向きというものがある。晩成型の人が、若いうちから東京や大阪の激しい競争の中でやってたら消耗してすり減って潰れてしまう可能性を思えば、本格的に才能が開花するまで待って、ジワジワ力を付けさせて行く晩成血統馬育成方針の方がベターかもしれないが、一方で「鉄は熱いうちに打て」とばかりに若くして周囲のレヴェルが高い環境に晒され叩き込まれたからこそ、このように立派に育った…という人だってもちろん居るだろう。そしてその人がどっちのタイプか、のジャッジが正しかったかどうかはずっと後にならないと判らない、だから大吉先生がそれで成功したという事実は認めた上で、個的な体験を一般化するのはどんなもんかと思ってしまう。
 ところで、競走馬の育成方針を例に挙げたが、これこそどっちに転ぶか判らないものの最たるものだろう。まだ入厩する前の育成の段階から、ビシビシ鍛える↔実が入るまで無理せず焦らず、の窮極の選択が初まっているのだからして。育てるって、つくづく大変だ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 23, 2017

27年前に見たウルトラマン製造工場は幻だったのか(ネルソン水嶋) (2017.03.22 16:00)http://portal.nifty.com/kiji/170321199095_1.htm
01 http://portal.nifty.com/2017/03/22/c/img/01.jpg
>つい最近まで、理屈に合わなすぎてずっと幻だと思っていた27年前に見たものが、記憶の糸を辿ったところ、実在しました。だから断言したい、記憶は幻ではない。事の顛末を、いっしょに体験してほしい。
>小学生の頃に、学研の雑誌を定期購読していた。「●年の科学」というもので、科学に絡めた読み物が豊富な子ども向け雑誌。
>小学1年の頃だったと思う。その号では、上半身だけのウルトラマンを製造している写真が載っていたのだ。

同僚が、紙にボウリングのピン配置のように○を10ヶ書いて、さらに後ろに5書いて「15か」と首を捻ってる。

 「どうしました」
 「AKBの選抜って16人じゃん、1+2+3+4+5って15だからさあ」
 「最後列6人じゃないんですか」
 「あー」

それで何をしてたかというと、3年前の曲「心のプラカード」のポジションを思い出そうとしてるのだと。こんなもの検索すりゃ一発…と言いたいところだが、48グループってシングルやMVのオリジナルメンバーそのままで出てる歌番組って実は非常に少なく、それに画像が出て来ても元のサイズが小さくて顔が識別出来なかったり。それなりに時間は掛かったが何とか全員判明して、

 「たまにこうやって抽出し開けないと錆び付きますもんね」
 「だね」

何とか満足行く結果が出せた。
 想い出補正というものがあるが、そんな美化するようなヤツでなく、この↑記事のように単に細部の記憶違いだった…というケースは多々ある。っていうか一番多いだろう。3競オートのレース内容とかなら資料も豊富で、特に今はレース映像も割りと簡単に入手出来るから記憶修正も効くのだが、レースにまつわる想い出とか馬券車券の出来だとかになると、そういう個的な体験はさすがに上手く行かない。こういったブログやSNSでマメに記しとくしかないんだろうなあ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 22, 2017

移動電車賃140円のみ。都内近郊改札内はしご酒の旅 (馬場吉成) (2017.03.20 12:30) http://portal.nifty.com/kiji/170320199087_1.htm
top 改札を出なくてもこんな料理と酒が楽しめます。140円の小旅行 http://portal.nifty.com/2017/03/20/a/img/top.jpg
>JRには「大回り」という乗り方があります。東京、大阪、福岡、新潟、仙台の大都市近郊区間内で利用できる特例料金計算法です。
>大都市近郊区間内のみを普通乗車券または回数乗車券で利用する場合、実際に乗る経路にかかわらず、最も安くなる経路で計算した運賃で乗車出来るというもの。経路が重複しない、一筆書きの経路であればどのように乗ってOK。ただし途中下車はできません。
>今回途中下車は一切せず、改札内にある飲食店のみではしご酒をします。そして、改札内のコンビニなどでアルコール類を購入してホーム等で飲むのも無し。全て飲食店での飲酒となります。

良いなこれ。単に大回りするだけなら鉄ヲタがナンボでもやってるし距離行ったモン勝ちになってしまう、だから鉄界隈でも何らかの縛りを儲けてやるものだが、駅ナカ限定アルコールマラソンとは着眼点が良いし、何より楽しそうだもんなあ。「大人のスタンプラリー」とは、まこと言い得たもんだわさ。
 旅打ちなんて酔狂な趣味に興じてると、やっぱこういった記事に刺激されるものだ。でもって数行きゃ全場踏覇なんつうものも意識に入って来るものだ。まあオートなんか5場(!)しかないからその気になればすぐ、特に俺は東京在住だから楽だ、山陽に飯塚は発売開始日に早割押さえてしまい、後は「当日降るなよー降っても雨ぐらいだったら良いけど台風とか来るなよー飛行機飛べよー」と祈るだけだ。首都圏住みの特権だわさ。
 ではそうではない人はどうしてるのか?川口は≒東京で良いとして、山陽は山口宇部or北九州空港に新幹線新山口駅が使える。飯塚は福岡空港に博多駅。浜松は新幹線一択だ。と、ここで伊勢崎に思い当たる。みんなどうしてるんだろう。伊勢崎↔山陽&飯塚は、現実的なのは伊勢崎ライナー(=高速バス)でバスタ新宿↔リムジンバスで羽田だろうか。しかし伊勢崎↔浜松が判らない。日本中央バスという群馬県の会社が前橋・高崎↔静岡・浜松・名古屋という路線を一時期設定してたのだが、利用が少なかったようで休止になっている。…って事はJR乗り継ぎで行くしかないんだろうなあ。伊勢崎ライナー↔山手線で品川↔新幹線?マンドクセ('A`) 「好きという情熱で乗り越えろ」って言うのは簡単だけど、実際やるのは当人なんだし(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 21, 2017

>立川談四楼 @Dgoutokuji
>大阪は上本町、錢屋ホールに鳥取、三重、滋賀から客がやって来た。有り難いことだ。東京組も数人いて、宿を取ったと言う。明日の予定はと問うと豊中、瑞穂の国、籠池と異口同音に言った。その目で見たというのは強い。それぞれが取材し、何らかのギャグを飛ばすつもりなのだ。私の客は見事に逞ましい。
>午後 0:18 ・ 2017年3月19日

ファンというか贔負の客の中には「追っ掛け」が居るもので、でもって、せっかく大阪まで来たのだからついでにどっか見ようか…となるのは自然の流れだ。落語に掛けるなら天王寺詣りで聖地巡礼だろうが、こんなタイムリーなネタがあるんじゃそりゃこっちを取るわな。
 いずれにせよ、理由はどうあれ普段来ないトコに遠出したのだから、オプショナルツアーも…と。全然信心深くない俺だって旅打ち先では神社仏閣に行ったり、景勝地に行ったり名物や地酒を飲み食いしたりするものだ。人によっては温泉浸かったり。一方で、同じバクチ旅行でもとにかくビッグレースをこの目で生で観れれば良いって人も居て、俺の知人はせっかくKEIRINグランプリ観に遠路はるばる駆け付けたのに、換金が済むと表彰式も見ずに帰ろうと言い出したのには驚かされた。まあ帰りの新幹線の時間であるとか、帰省ラッシュに巻き込まれたくないとか、理由はあるんだけども。
 あと選手の追っ掛けも、ついでエンジョイ志向は少数派であるように見受けられる。まあこちらは追っ掛け原資が最優先であるため徹底して切り詰めてるって事のようだが。ただただご苦労様としか(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote