April 03, 2009

 テレ玉『バッハプラザ』の大宮競輪の扱いにはやはり不満を感じてしまうが、これは俺が旧世代だから、というのは否定し難い。

NHKの討論番組で驚いたネットに対する認識不足 http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=MMIT33000024032009
>NHKの討論番組「日本の、これから テレビの、これから」に出演した。メーンゲストは民放連の会長、NHKの副会長、糸井重里氏、ジャーナリストの嶌信彦さん、そして私の5人。さらに各民放のプロデューサーや放送作家、そして視聴者代表の方々が加わった生放送の討論番組で、3月21日土曜日の午後7時半から3時間というゴールデンタイムに放映された。
>制作者の方々の現状への危機感が薄いように感じたが、ご覧になった方はどうであっただろうか。例えば、決まった時間にテレビを見るということが今後減っていくと答えたのは、制作者9人のうち、わずか1人。残りの8人は今後もタイムテーブルに合わせて視聴者が番組を見てくれると思っているようだった。
>視聴者代表のどなたかが言っていたような「昔と比べてテレビ番組の質が下がっている」という話では決してない。単にテレビの他に面白いことがたくさん出てきているのだ。テレビしか娯楽がなかった時代ではないのだから、必然的に、決まった時間にしか見られない番組は敬遠される、というか相手にされなくなる。
>絶対価値が変わっていなくても比較優位性が薄れているということに、テレビの制作者たちが感づいていないことは正直ショックであった。
>そして、嶌さんが「ニュースとスポーツこそテレビに向いているコンテンツだ」と言い切った(つまりマスが関心のある即時性のあるコンテンツ以外はネットでもいいということか)。
>[2009年3月30日]

 >単にテレビの他に面白いことがたくさん出てきているのだ

の『テレビ』を『3競オート』に置き換え論じる事も出来るが、それより俺が切実に感じたのは別の事。TBS『お笑い頭の体操』『8時だョ!全員集合』等を手掛けたプロデューサー・居作昌果は著書『8時だョ!全員集合伝説(双葉社)』の中で、放送メディアとしてはラジオの方が歴史が有り、また、TV黎命期には受像機は庶民にとって高値の花で普及するか解らん、だからTBSの様に両方やってる局では即戦力人材をラジオが取り、「ゴチャゴチャ言うてるとTVに飛ばすぞ」的扱いだった、という主旨の事を書いている。また日テレで『光子の窓』『九ちゃん!』『巨泉×前武のゲバゲバ90分』等を手掛けた井原高忠は、やはり著書『元祖テレビ屋大奮闘!(文藝春秋社)』で、映像メディアとしては映画の方が先んじてたため、撮影が長引いても「スイマセンこの後TVのスケジュールが」「TVなんか(!)待たせとけ」的扱いだったし石原裕次郎や宍戸錠の出演には『銀幕の大スターに出て頂く』って感覚だった、と述べている。で、そういう、メディアの主役の座をTVが他から奪って行く様を体感してる人は最低でも70代、だから今のTV界には居ない(出る側はともかく作る側には)。
 一方、今はどこのTV局も自社サイトを有してるが、これは最初に番組有りき、ネット主導のものはほとんど無いし、そこに携わってるのは専門部署の人間(もしくは外注)。今の番組制作の現場でもPCやネットは普通に使われてる筈だが、彼等が入社する前(=まだ学生だった頃)とはネット環境が大幅に異なる、当時の彼等はメディアの主役の座がTVが他から奪われて行くなんて考えた事も無かったろう。つまり今番組作ってる人編成してる人経営してる人、そういうTVの中の人達は、どっちも知らない谷間の世代の筈だ(物凄く広くて深い谷だが)。…そらTVがネットに取って変わられるって言われても、リアリティ持てんよな('A`)
 で、それは受け手である俺も、だ。世間一般に何事かを訴え掛ける時、TVというフォーマットよりネット配信の方が費用対効果が高いのは解り切ってて、でも、それでも、効果の絶対値では現状TVの方が勝るのもまた事実。だから大宮&西武園競輪(実体は日本トーター)の意図するトコロは存分に認めつつも『バッハ』や『ももチャリでGo!』捨てるの勿体無いよなまだ過渡期だろ早くないか、となってしまうのだ。3競オートは地上波の枠もっと買えよ、と。彼等に言わせりゃ、俺こそ地上波過大評価の時代遅れなんだろうけどさ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 02, 2009

 18年前、つまり平成3年の4月1日に『BACHプラザ』がテレ玉(当時の社名はテレビ埼玉)で始まった。BACHってのはB:ボート→戸田競艇、A:オート→川口、C:サイクル→大宮&西武園競輪、H:ホース→浦和競馬の頭文字っつう強引にも程が有るだろなネーミングの、埼玉県内公営四競技の結果ダイジェストや前日展望等を毎日22時半から30分間…だったのだが、昨年4月1日から浦和が離脱、番組タイトルもBACHからバッハに改められた。で、今日、川口と戸田の前検レポートをやり、次は大宮という段になってアレ?と。地元埼玉の三人のインタヴュー映像の、訊き手は明らかにMC梶山アナの声。そいでV終わりで初日特選の出走表が映って終わり。ってアシは?新人入れないの?アカケイアオケイの記者の解説は?並びは?疑問符で頭が満タンなトコにトドメを差したのは梶山アナ「四月からしばらく、競輪はこういったスタイルになります」工エエェェ(´Д`)ェェエエ工
 思えば先週(=前年度)で両競輪場(実質的には業務受託者である日本トーターか)制作によるヴァラエティ『ももチャリでGo!』が終了、以後はポッドキャスト配信に移行すると発表してるが、

 ソース

要は「これからは自前メディア有るから良いですはテレ玉さん今までお世話んなりましたサイナラ」て事なのか。んー。一応競輪の紹介も残ってるけどもう競艇オート番組だよな、ならもうバッハの名に拘る必要も無かろうて。ABブラザーズとかABチャンとか…いかんオッサンセンスモロ出し。しかしまあ、何だかな(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 01, 2009

 たははは(ノ∀`)
陽光まぶしい外野陣 新球場、練習で落球に不安残す - 中国新聞 http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cw200904010111.html
>'09/4/1
>外野飛球が見えない―。広島の外野陣が31日、マツダスタジアムでの守備に一斉に不安の声を上げた。デーゲームでは左翼などで飛球が太陽とかぶり、まったく見えなくなるという。凡フライが長打になるケースも予想されるが、自然を相手に有効な対策は見当たらない。
>デーゲームの試合開始を想定した同日午後2時すぎ、外野手8人が左翼の定位置付近で守備練習を始めた。選手らは太陽光対策でサングラスをかけたが、高々と上がった打球は本塁上空の太陽光と重なり、落球やバンザイもあった。赤松が「完ぺきに見えない」と言い、嶋も「選手に優しくないね」と苦笑いした。
>ノックした永田外野守備コーチは険しい表情だった。「外野手にとっては厳しい。捕球姿勢を見ていると(飛球に対して)体の入れ方を変えるぐらいでは駄目だろう。工夫と努力しかないが、『太陽安打』は増えるかもしれない」と不安を隠さなかった。
>この時期、外野の飛球が太陽とかぶる時間帯は2度ある。午後2―3時が左翼付近、午後5時前後はセンターで西日が真正面になるという。濃いサングラスの使用が手っ取り早いが、広瀬は「逆にライナー性の打球がスタンドとかぶって見えにくくなる」と指摘する。
>新球場の方位は本塁から投手板がほぼ東に向いており、これが飛球と太陽がかぶる原因となった。野球規則では競技場の設定について「本塁から投手板を経て二塁に向かう線は東北東に向かっていることを理想とする」と記されている。ルール通りの建設で起きた現象だった。(木村雅俊)

誰だこんなバカ球場設計したの、とパッと見思ったが、読み進むと野球規則通りなのか。調べてみたが、例えば甲子園球場は北が本塁・二塁ベースが南という配置。これだとサードフライ追い掛けファールグラウンドからフェア側に振り返るケースぐらいしか西日にやられる事は無い、これこそ理想的配置…てのはやる側の論理。三塁側内野スタンドが西日の直撃を受けるのは、夏の甲子園中継で右打者越しにスタンドで半裸のオッサンがバタバタ扇いでる光景が必ず映るの見ても解る。で、ここは本来、ホームチームの応援席でも結構高い席な訳で、それが眩しいわクソ暑いわじゃ客商売としてアカンやろと。東北東配置なら西日が射すのは外野席、なら価格相応って事だ。
 各所ネット掲示板で野球ファンの反応を見ると、概ね容認の様だ。MLBにはイビツな形態の球場が多いがそれ用の対策(=戦略)も一つの見処になってる事や、サッカーや競馬で芝をホーム有利な様にコンディショニングする事が、今は広く一般に浸透してるし。てか、これらのファンの根源に有るのが『これでこそ野球、屋根など要らぬ』思想。そもそもがアウトドアスポーツなのだから、有るべき姿で好ましいと。
 さて3競オートだ。競馬は当然アウトドアであるべき。札幌ドームの様な開閉式なら芝もインドア化が可能だが、場所もコストも段違い。ダート、サンド、オールウェザーなら問題無く出来るが、やはりどうかと。空が無いと智恵子に言われた東京に於いては、浦和や川崎の小回りコースですら空が広く感じられ大変心地好い。まだ行った事は無いが、荒尾の向正面には有明海が展がってるそうな。盛岡の青々とした山々や、そういう情緒的なアレコレが全部ブチ壊しになるのはねえ('A`)
 オートは、インドアでやれば、降り始めの微妙な走路で賭け難いとか周辺地域への騒音とかの問題が解決出来る。でもオート打ちにはバイクやモータースポーツ経由で入って来た人が少なからず居て、そこからするとインドアレースなど「軟弱!」と真っ向唐竹割りに決められてしまう。雨レースにも見る楽しみが有るのは、ファンが選ぶ2008年ベストマッチが証明している。
ベストマッチ
やはり屋根は付けるべきではない。
 そこで競輪だ。世界の場で行われる自転車トラック競技は例外無くドームで行われ、即ちインドアスポーツという認識。一方、競技として以前に、人が自転車に最初に触れる機会は外が普通だし、競輪選手の練習も外。車券客からすると風が一定なドームは格好だし、快適性でも勝る。ただ、気候が競走に纏わるドラマ性を高めるのは青天井ならでは。グランドスラムの掛かった競輪祭で発走直前突如大粒の雹が滝澤正光の背に…とか、準決勝3ヶレースのうち一つだけが猛烈な雷雨に見舞われた西武園オールスターとか。これらが見てる側の記憶に植え付ける効果って確実に有るし。んー、それぞれに捨て難いな( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 15, 2009

 川口オートへは西川口、の一ヶ前の川口で下りて駅前や住宅街をウネウネ歩くのが俺流。雲一つ無い快晴の下、散歩犬同士の邂逅に目を細めたり「おーこれはコブシの花が見事な」「迷い猫の張り紙無いな見付かったんか」「桜ももうちょっやな」とか、いつもの俺には有り得ない優しい気持ちでプラプラしてたら前から自転車オバが「すいません地元の方ですか」「イイエ」「ヤマダ電機どっちですか」「もう一本向こうを右」イイエっつってんのに構わず訊いてくるオバもオバだが答える俺も俺だ。まあ知ってんだからしょうがない、わざわざ知らん振りする事も無いし。何だかんだで5レースの試走が終わったトコで到着。
4a007592.JPG
タイムスの次期ランク欄が『…』、即ち今月一杯で引退するのが4人。うち、川口ホームの三人は今日がラストラン。で、オートはハンデ制だから、特定の誰かに厳しいハンデにするも甘くするも番組屋の肚一つ。でもって最後だから良い想い出作ってって、とばかりに本来の位置より前の逆スーパーハンデ(こういう作為を嫌う人も居るだろうが、バクチ打ち的には「この位置は恵まれてるよな」と映ったら素直に買えば良いだけの話だ)。果たして早野・高橋は一昨日勝ち星を挙げたが、畠山はまだ。雨走路でひょっとして、と人気になった昨日も差されて2着、それがこのピーカン照りだ。てか、今節を除くと直近3ヶ月【0.0.0.21】一年【0.1.0.58】だし。
6R出走表
でも4Rの早野は有終の美を飾った(3Rの高橋は勝たせてもらえなかったが)し、近くの予想屋は「さ、またラストランだよ、ね。また壁んなるのを入れて来たよ番組。イン固くて、性格も良い新井だよ」とガナってるし。餞別代わりに畠山の二連単総流し。
08091abd.JPG
俺は1コーナースタンドで見てたが、一人50前とあってエンジン音もハッキリ判る、それが他の選手と明らかに違う、低回転域がボソボソした、でも本人なりに懸命に逃げて、新井も前を追い掛けるよりイン締めに力入れて。それでも畠山遅いから新井の方が徐々に追い付いちゃって、最終3コーナーで並び掛けて来る、「わー空気読めー!」となりつつも畠山、何とか振り切った。
6R結果
で、ゴールした後ピットに引き返すまで一周流す、それを外線割って出て、金網に近いトコでお辞儀しながら。客も皆ラストランだと解ってるから畠山に手ェ振って、畠山もその度何度も何度も頭下げて。…ジーンと来た。安い浪花節、と斬って捨てる人も居るだろうが、自主引退じゃない馘は俺がキチンとオート打ち始めてからは今回のが始めて。それぐらい久し振りとあって、周りの車券外したオヤジも「何だよ八百長じゃねぇか。まあ最後だからしょうがねえか」と怒りつつも目は笑ってる。いつもこんなんだったらオート、さすがに愛想尽かされるだろうけど今日だけは特別って事で。ヒラ開催の負け戦だから一着賞金10万、ショッパイ退職金だけど、額の大小より丸一年勝ってない64のジサマが、この道一筋40年、だけど脇役人生の、最後の最後にこんなハナムケもらえて良かったよな、と(´∀`)
 7Rは見(けん)して8R、これは試走悪くても1番車の西川>齋藤の腕、と見れば簡単だったのだが、
da728f4f.JPG
こんなに付いて(・∀・)ラキー
8R結果
9Rも見して迎えた10R、今週プレミアムなのにこんなトコで池田全力の筈無い、ソロッとS出て裕二に付いてくだけだろ?とこう
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 22, 2009

 気が付けば川口もスーパースター以来だから2ヶ月ぶりか。場内変化が有るとかは全く無いが、こちとら案の定、飯塚での浮き分そっくり右から左に。浮かれてちゃいかんわな(´・ω・`)
 で、一昨日の事だが、新ランクが発表されてた。

 ソース

貢1位は当然として、スーパースターとグランプリVの永井より茂が上なのか。日本選手権ってよっぽど競走得点高いんだな。5位に森が躍進したのは目出度いが、川口の選手がトップ10入りしたのは初ってのも情けない。いかに今まで草刈り場だったかって事だ('A`) あと、現役選手で数人、ランキングに名前の無いのが。『お疲れ様』か(-人-)
 他に目を引くのは、今回から選手ランク分けが変更になった事。S級選手が60→96人となったのは、ヒラ開催でも誰かしらS級選手が斡旋されてるってのが『売り』になるからか。単に水増しっつうか上げ底やん…と思いつつ、S〜Aエレヴェーター選手がハンデ調整と覚しき怪しいレースするのを防ぐ効果は有るか。あと、プレミアムカップにはランク上位96人しか出れない、これをS級全選手とすれば解り易いかもしれん。さらに上位48人はSG(←ファン選出のオールスターとポイント制のスーパースターを除く)で無条件斡旋される、これはJKAが『客を呼べる選手』って認定してるって事だな。…ハンデの明確化ルールが足枷になってる弊害、既に出てるしねえ。もういっそS48人・A48人・残りB級でも良かったんじゃね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 18, 2009

 川口オートは船橋さざんかの場外、だがポケバイレースが行われるのは大いに気を引かれ…つつも飛び越えて大宮。前ネタにしたテレ玉『うるまでが〜まる』のイヴェントだ。たまにはバクチの事を忘れ芸術とかエンターテインメントに浸るのも良いじゃないのさ( ´-`)y-~~~
 で、行ってみると大宮そごう、何かステージみたいの有るのかと思ったら普通に店の真ん前でやるのね。
45e3fcc6.JPG
でも『入り』からして通行人の真似で笑わせ、後はもうドア裏のオッサンやAD(?)やケータイオバサンのイジリやら、さすがと言うしかない。30分のステージはアッという間、おもすれぇぇぇぇぇぇぇえ(^ω^)
 撮影しつつ池袋へ移動、
51878f61.JPG
その埼京線の車内でもカメラ回して見えない吊革やら、DだかPだかに渡された缶コーヒー持って中吊りの坂口憲二ポーズと、まあ何でも使う…のは武蔵浦和まで。さすがに混んで来ちゃうとね。んで西口芸術劇場前広場に着くと見事に開始5分前、スケジューリング綿密だなあ。で、文字通りの広場、後ろに壁も無いし広過ぎるし、てんで少々やり難そうにも見えたが何、悪気は無いが邪魔な酔っ払いも上手くあしらい…てかあの千円せしめた男の子、オイシイよな(´∀`)
 ラストは新宿だが、ただ新宿ってだけで新宿のどこでやるか告知が無かったので、やはり付いて行く。独りハメルンの笛吹きだ。赤と金のモヒカン頭だからはぐれる心配も無い、と言いつつこの2人が何の違和感も雑踏に紛れてしまえる都市の吸収力には驚く。まあとにかく新宿、行き着いたのは東口駅前広場。ここがメインだったのね。
3991e0fc.JPG
ここだけは全員登場、つう事で仲村みう目当てのヲタ君達が最前列、でもその後ろのど真ん中っつう好位置確保。聞き耳立てると、俺と同じく大宮から三連闘なのは右手に3人、すぐ後ろに1人居るのは判った(他にも居たろうが掴めたのはそれだけ)。で、その会話の端々から、最初からが〜まるちょばのファンだと判明。番組キッカケは俺だけか('A`) まだ2回しかやってないとはいえ、ちょっとどうだ。
 雑誌『ソトコト』のCMは銀座のマリオンヴィジョンで視た事有ったけど知識はそこ止まり、だから大宮のが初見。番組の事が頭に有るから意外とベタで驚いたが、考えてみりゃパントマイム主体のサイレントコメディじゃ当たり前だわな。て事はあのポップな、スカシた感覚は番組ならではの『色』だって事か。
 全員の立ちトークではコロッケが、話上手とは思えないうるま氏から実に興味深い話を引き出してくれたのに感心。コロッケ自身が〜まるちょばを高く買ってるのと、この番組を心の底から楽しんでるのが解って良かった(・∀・)
 すっかり堪能して帰宅。でもすぐレースの結果チェックしたりフジ『ジャンクSPORTS』の長塚智広の北京五輪敗因の自己分析に引っ繰り返ったりして、また世俗の垢まみれに戻った次第( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 12, 2009

 大宮記念に後ろ髪引かれつつも浦和。
c62a3fef.JPG
9d04bff7.JPG
南関競馬は3年前から正月シリーズは川崎・1〜3月の祝日を含む週は浦和、という日程だから今日でなくても特段構わんのだが、それでも選んだのはこの人の存在。
fe2ea770.JPG
生で見た事まだ無かったもんで是非に、と。で、6R。
7c05b1f5.JPG
無理せず番手、勝負処で持ったままハナに立つと2馬身半の圧勝。馬単一点は痛恨の1着3着も単は当然ゲット、って安っ!調子こいて7Rも内田で買ってみたがジリ下がり。ピンクの腕を以てしても浦和千六外枠不利、は覆せんか。ハナ行けんかったもんな( ´-`)y-~~~
 浦和の俺ルールは

 ●データの少ない若駒戦はやらない
 ●結果に対するスタートの比重が大き過ぎる千五・千六はやらない

というもの。だからこの7Rは本来なら見(けん)だ。ところがこの日の浦和は千九戦を全く組んでなく、ルールに則ると1・6・9Rしかやれない。せっかく本場まで来てこれではあまりにナンなので、と手を拡げたが故の失敗。1と6は安いながらもキッチリ決めてるから9Rで抜けたけどチャラ、で踏み止まれたのに2・3・7と余計なレースを全敗。経験則の確かさを噛み締めると共に意思の弱さを猛省。遊んでる余裕なんか有るか俺( ´,_ゝ`)
 メインも千五じゃ言語道断、スルーし最終も検討してみたが見えて来ん、よってメインも見ずに無料バスに乗り込み南浦和駅→帰りラッシュ前に撤収。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote