October 04, 2009

「馬上インタビュアー」目指す、落馬で障害の元騎手リハビリ http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20091004-OYO1T00245.htm
>5年前にレースで落馬し、半身まひや記憶障害の後遺症を抱える日本中央競馬会(JRA)の元騎手、常石勝義さん(32)(滋賀県草津市)が「馬上インタビュアー」としてターフでの復活を目指している。まだ日本では導入されていないが、海外では馬に乗ったリポーターが、勝利直後の馬と並走し騎手にインタビューしている。常石さんは乗馬クラブに通い、マラソンなどでリハビリを続けており、「騎手の喜びの声や馬の息づかいを間近から伝えたい」と話している。
>常石さんは大阪の中学を卒業後、1996年3月に騎手デビュー。障害のG1レースで勝つなど将来を嘱望されていた。しかし、2004年8月、小倉競馬場でのレースで落馬。脳挫傷やクモ膜下出血で約3か月、意識が戻らなかった。自発呼吸もできず、母親(59)は医師に「覚悟して下さい」と〈死〉の宣告まで受けた。
>命はとりとめたが、左半身にまひが残った。半年ほどは記憶も定かでなく、家族の顔も名前も忘れた。それでも馬の名前だけは覚えていた。はしは持てないが、ムチや手綱は握れた。
>「騎手として復帰する」と、翌年からリハビリを続けていたが、主治医からのドクターストップで07年に引退。「もう乗れんのか。頭の中が真っ白になった」
>しかし、馬と呼吸を合わせ、芝を駆ける興奮が忘れられない。「騎手が無理なら、インタビュアーで」と乗馬を再開、週に1度、乗馬クラブに通う。ほぼ毎日、病院や施設でリハビリし、体力をつけるため1日に10キロを走る。昨年末にはフルマラソンを5時間2分で完走するまでになった。
>高次脳機能障害に悩む人を支援するNPO法人「日本脳外傷友の会」(神奈川県)も4日に広島県で開く全国大会で、「障害と闘う人の励みになる」と、「当事者活動奨励賞」を贈る。
>常石さんは「これまでの努力が認められた。競馬を楽しんでもらうために、早く馬上インタビューが導入されるよう、今後も力を尽くしたい」と話している。
>(2009年10月4日 読売新聞)

これは報われて欲しいなあ(-人-) あ、でも喋りは大丈夫なのか?いや言語障害とかじゃなく、アナウンス技術の方。

中川昭一元財務・金融相、都内の自宅で死亡 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091004-OYT1T00266.htm
>4日午前8時20分頃、自民党の中川昭一元財務・金融相(56)が東京都世田谷区内の自宅2階ベッドの上でうつぶせの状態で動かなくなっているのを妻が発見、「体が冷たくなっている」と119番通報した。
>東京消防庁の救急隊員が現場に駆けつけたところ、すでに死亡していた。警視庁世田谷署では病死の可能性もあるとみて、死因や詳しい状況を調べている。
>(2009年10月4日10時14分 読売新聞)

リーマン・ショックに端を発する世界同時不況が一段落したのは日本が財政出動したから、というのが世界の政治家・評論家・投資家の一致した意見。日本のマスコミはなぜか一行も報じなかったが、恐慌を未然に防いだ、世界を救った偉人の一人として中川昭一の功績は高く評価されている。まあバクチ打ち的にはそれは置くとして、当時死の淵に瀕していたばんえい競馬(浜松オートよりヤバかったかもしれん)の存続に奔走し尽力した功績は何者にも替え難い。合掌(-人-)
 そしてフジ『みんなのケイバ』は、F1日本グランプリにトコロテン式に押し出されて3:40〜4:20の放映に。でもそのおかげでスプリンターズステークスの長い写真判定と勝利騎手インタヴューが枠内に収まったんだから、僥倖というべきか。CMのたびチバテレとスイッチングしてたが、3コーナーでシーニックブラストが不利を受け躓くシーンは高いアングルからカメラ回してたフジの方が解り易かったし、ゴール体勢もフジは微妙だったのにチバテレだと完全にビービーガルダンが差し切った様に映ってた。いかにフジ嫌いの人でも、少なくとも今日に限ればフジの中継に軍配上げざるを得まい。あと、微妙な写真なのに構わず脱鞍所で躊躇せず1着馬のレーンに入れちゃうアンカツって、それだけで負けフラグだな、もう( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 03, 2009

 『東京にオリンピックを!』っつう街路樹のフラッグとか都バスのラッピングとかの広告が一斉に消えたのが、結果的に黒歴史処理みたくなっちゃって笑った。決定日以降に掲揚広告の意味なんかないから、この日までの契約は当初からの筈なんだけど、でもそう見えちゃう。せっかくだからどっかに取り溢しないか探したが、日比谷線の日比谷駅と銀座駅を繋ぐコンコースの壁面がギャラリーになってて、そこに有ったのが唯一の発見。にしても、今までろくすっぽ取り上げて来んかったマスコミが今になって残念だとか、どの口が言うか。んまー日本のマスコミは今に始まったこっちゃないけども('A`)

オイオイまたお前か!生きるデスノート東原亜希が東京オリンピックを熱望してたw http://pafunews.com/archives/303724.html
>2009年10月03日00:46
>またお前かよwwwwwwww
>アイドルの東原亜希はブログに書いたり関わったりしたものをドン底に突き落とすと言われているwwwwwwwwww
>そして・・・・・またやってくれました!!!今度の犠牲者は東京オリンピックですwwwwww
>東原のブログを読んでみたら、2008年8月13日00:03:32の日記に書いてありましたwwww
>なんか北京オリンピックに行ってたときの日記らしいんだけどね・・・・・・
 >↓↓↓
 >客席の雰囲気だけ見てても
 >オリンピックって素晴らしいな〜
 >って
 >改めて思えるよ。
 >是非東京で開催して欲しいな!!

>↑↑↑
>これは完全アウトだろwwwww
>しっかりデスノートっていうか東原のデスブログに書いてるもんwwww
>これ書かなかったら少なくとも最終選考までは残ったのになー・・・・


これか!さすがヒガシハラorz
 さて、リオデジャネイロだそうで。そいでサモア沖で大地震と南半球付いてる、やっぱスプリンターズSはシーニックブラストとキンシャサノキセキだなとか適当に考えつつ、ゲンダイ終面の武田記者の予想文章読んでちょっと考え込んでしまった。以下抜粋
>平成12年にはアグネスワールドが千二百辰留傳韮疋献絅薀ぃ辰鮴したが、それ以降、日本馬で海外の短距離GIを制した馬はゼロ。
>近年、最も質の高い短距離戦は暮れのGI香港スプリント。日本馬はこれまで11頭が出走して7着が最高だ。実に7頭が2ケタ着順に沈み、世界の厚い壁をまざまざと見せつけられている。
>その香港スプリントは1999年に国際競走として新設。過去10回で香港8勝、豪州2勝だが、実は勝ち馬はすべて豪州産馬なのだ。
>スプリンターズSを制したカク外馬もそう。17年サイレントウィットネス、18年テイクオーバーターゲットはともに豪州生まれ。世界を股にかける超一流スプリンターを生み出しているのは、ヨーロッパでもアメリカでもなく、オーストラリアである。

うーむ。この予想が当たるかどうかは置いといて、短距離偏重競馬とオーストラリアをちょっとバカにしてた認識を改めにゃならんなと。そして日本は、短距離馬の層が薄いとここ十年くらい言われ続けてるのは感覚でなく実際そうなんだなと。原因として考えられるのは、何よりサンデーサイレンス。…しかしまあ、ちょっと、いやかなり考えにゃならん事は多いなと( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 02, 2009

AKB48 コラボイベント〜東京競馬場で“会いたい”〜 http://www.jra.go.jp/news/200910/100201.html
>第4回東京競馬は、AKB48とコラボして様々なイベントを行います。レース展望への出演、ドリーム馬券の発売、JRAプレミアムレース 天皇賞(秋)(GI)表彰式プレゼンターと開催を通じて東京競馬場を盛り上げます!
>○CLUB KEIBA ミーティング「秋華賞(GI)・菊花賞(JpnI)レース展望」 [10月18日(日)、25日(日)]
>京都競馬場で行われる秋華賞(GI)、菊花賞(JpnI)のレース展望を行います。AKB48メンバーと競馬サークルを代表する女性たちのコラボで、みごと的中するのか!?
>○ドリーム馬券発売 [10月18日(日)、25日(日)]
>京都競馬場で行われる秋華賞(GI)、菊花賞(JpnI)の当日に、AKB48メンバーが“ドリーム馬券”を当選者の方に手渡しで発売いたします。AKB48の願いがこもった馬券は、みごと的中につながるのか!?
>○JRAプレミアムレース 天皇賞(秋)(GI)レース展望・回顧&表彰式プレゼンター [11月1日(日)]
>東京競馬開催の最後を飾るJRAプレミアムレース 天皇賞(秋)(GI)当日にも、AKB48メンバーが来場!レース展望・レース回顧に出演、天皇賞(秋)(GI)表彰式プレゼンターも務めます。

何かもう必死だな('A`) 引くわ。この手の女性プレゼンターやゲストって、遡って調べると解るけど女優が断然強く、次いでヴァラエティ番組でお馴染みのタレント、同じくTVでお馴染みのグラドル(←一時期『グラヴィア芸人』なんて言われ方されたレヴェルの)と続く、だからこのAKB48はかなりの抜擢…な筈は無い、JRAの過去傾向からは。平たく言やぁ、電通が押し込んだのミエミエ。まあ当人達に罪は無いんだけど。
 で、競馬(に限らず競艇競輪オート皆そうだが)ファンは「こいつは競馬を解ってるのか、解らないまでもリスペクトしてるのか、こなし仕事じゃなくちゃんと競馬を好きになろうという姿勢は有るのか、腹の底で競馬ファン下に見てんじゃないのか」てのは一発で見抜く。古い話だが、当時CM女王だった女優がオートのキャラを勤めた事が有ったが、そのアカラサマにビジネスライクな姿勢にオートファンが総スカン食らわした事が有った。だからAKBサイドにも実はリスクは有る。それを跳ね返し「誰コイツ」→「へー、なかなか解ってるじゃねーの」と評価されたアカツキには、競馬アイドルという肩書・引出しが1ヶ加わり今後のタレント活動の糸口も拡がる訳だが、果たしてこれをチャンスと捉えモノに出来るだろうか。全ては本人次第だ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

October 01, 2009

 フジ『とんねるずのみなさんのおかげでした』は特番、わけても一番の注目は細かすぎて伝わらないモノマネ選手権。今回はファイナルと銘打って(実際そうなるかは不明だが)、確かにやり過ぎ感が有るのは確か。好評だからと高頻度でやって薄まって自滅パターンから今まで巧く逃れてたが、物真似という体(てい)で設定一発の面白い人描写をやってるだけが過半数を占めてる現状、『レッドカーペット』辺りと一くくりに語られ評論されるのも必然的な流れで、ならば思い切って休むのは一案だ。
 で、どうでもいい情報を教えてくれる80年代の歌番組の曲紹介、が見事優勝を飾った訳だが、これリアルで視てた人でないと笑えないだろう。20代はまだしも10代は(゚д゚)ポカーン だったんじゃないか。今でも『紅白歌合戦』では、アイドルの登場にも司会は口上をイントロ半ばまで被せるが、これが80年代の歌番組だと歌い出し直前まで喋ってるのも珍しくなかった、しかも内容があんな風。オッサンにはモロツボだったのよ(´∀`)
 喋りの内容がああだったのは今みたくネットが無いから、余程の大御所か事務所の後輩でもない限り、情報がごく限られた量しか無い事に起因する。下調べったって簡単でなし、本番前の挨拶で一言二言、それで一点突破するしかないのだ。『徹子の部屋』の黒柳徹子が芸人に接する態度みたいなもんだ。
 そこいくと今は楽だ。3競オートで、畑違いの人をゲストに呼んでトークショーなんてなっても、MCはその人の情報を収集出来る、あとは流れに任せてどうにでもなる。呼ばれた=出る側だって事前に情報収集出来るってのはデカい、その競技への無知丸出しで赤っ恥orブーイングなんて惨劇も起こさずに済むし。ネットの存在が異文化コミュニケーションを取り易くした、これは疑う余地の無い事実だ。そういう環境を享受している事を有り難く受け止めつつ、しかしそうなると人間贅沢なもので、背筋が凍るほどスベリまくりなトークショーも見てみたい気がする。いや一度そういう場に居合わせてるし俺。しかもその人が今をときめく平成の爆笑王だけに、意外なのよね今となっては。本人の名誉のため、敢えてその芸人の名は挙げないけど(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 30, 2009

本当に競馬場の職員? http://d.hatena.ne.jp/sakauetadamasa/20090929
残念です。 http://d.hatena.ne.jp/sakauetadamasa/20090930/1254272381
とりあえず、一段落 http://d.hatena.ne.jp/sakauetadamasa/20090930/1254292578

当事者の、一方だけの話から全容を推測してはいけない(被害者・阪上騎手が一方的に話を大きくしてる可能性も有るのだから…それはほとんど必要無いとは思うが)とはいえ、少なくとも、施行者側の人間のうちの一人が競馬界の常識から掛け離れた立ち振る舞いをし、あまつさえ、それを注意されるや逆ギレした、という部分に関しては事実と受け取って良かろう。
 施行者である地方自治体にとって、4〜50年前の公営競技黄金期ならそこは花形セクションだったかもしれない(騒擾事件や八百長騒ぎも有ったろうから、それなりの『腕力』の持ち主しか配属されなかったとは思うが)、しかし今の笠松の様な、廃止論議が公然と囁かれる場では閑職扱いでも不思議ではない。ウチの社ですら希望する部署に全員が就けている訳ではない、まして役所という組織の中では「競馬なんかに飛ばされてorz 」て手合いも当然居るだろう。しかしそれでも、この一件は余りに哀しいし、残念だ。やらかしてばかりの問題職員が競馬に飛ばされた結果、なのかもしれんがそれにしても…ねえ(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 29, 2009

二輪レーサー・阿部典史さん死亡事故現場周辺(川崎) わずか5年で犠牲者4人 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/sonogo/news/200909/CK2009092902000144.html
>2009年9月29日
>二年前、“ノリック”と呼ばれて愛された二輪レーサー阿部典史さんが事故死した現場は、住宅街を貫く片側二車線の市道だった。JR川崎駅東口から約二キロ離れた現場周辺には昔ながらの街並みも残り、どこかのどかさが漂う。
>だが、実はこの周辺で、五年間に阿部さんも含めて四人が事故で亡くなっていた。
>今年六月十七日夜、乗用車にはねられて亡くなった亀山百合子さん=当時(86)=もその一人だ。経営するたばこ店から近くの自宅へ帰るため、横断歩道のない場所を徒歩で渡ろうとしたという。
>そのたばこ店は阿部さんの事故現場の目の前にあり、阿部さんの死後、ファンがひっきりなしに訪れ、店の前には多くの花束が積み上げられた。当時、亀山さんは本紙の取材に「ここは事故が多く、危ない」と心配していた。
>阿部さんの父で現役オートレーサーの光雄さん(60)によると、傷んだ花束を片付けてくれたのが、亀山さんだった。光雄さんは「二回ぐらいあいさつに行ったが『どうっていうことない。そちらも大変でしょう』と気を使ってくれた」と振り返る。亀山さんの事故を知った光雄さんは、遺族のもとを訪れ、霊前に「長い間ご迷惑をおかけしました」とお礼を言ったという。
>たばこ店の常連客だった男性(62)も「孫と旅行に行くというとあめをくれたり、優しい人だった」としのぶ。現在は建物の改装が済み、たばこ店があった面影はない。
>阿部さんの事故前後に付近ではほかに二人が亡くなっている。二〇〇四年六月、阿部さんとほぼ同じ場所で、タクシーと衝突した三人乗りのミニバイクの男性=当時(23)=が死亡。〇八年五月には、近くで自転車の女性=当時(58)=が乗用車にはねられて亡くなった。
>わずか五年足らずで四件も続いた死亡事故を防ぐすべはなかったのか。
>現場を管轄する川崎署は「四件とも事故の傾向が異なる。対策が取りにくい」と漏らした。川崎市も「道路の問題というより、運転ミスやルール違反による事故」とする。だが、市では亀山さんの事故を受け本年度中に、減速ドットラインを設けて安全運転を促すという。(北条香子)

そうかもうそんな経つか('A`)
 事故多発地帯とその発生メカニズムの研究、対策や成果を特集したTV番組を昔視た事が有る。感心させられた記憶が有るが、しかしここの四件は全て事故の傾向が異なるっつうし、単に交通量が多いから事故の絶対数も多いってだけの様だ。こうなると事故防止は個々の自覚に頼るしかないが、しかし人間は間違える事も有る動物だから厄介だ。不可解な行動で自ら事故を招いた(様にしか傍目には映らない)人に話訊くと、本人にも解らない、俺何であんな事したんだろ的反応が返って来る事が珍しくない。競馬競輪オートで選手(騎手)が後で自分のレースヴィデオで見返して「あそこで何で内行っちゃったかねえ?」なんて自問・反省する声は多数見聞きする。やっぱその時その時の判断は、第三者のそれとはまた別物なんだなあと( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

September 28, 2009

飯塚オート:悲劇…永井秀樹選手が事故死 http://mainichi.jp/enta/sports/news/20090928spn00m050004000c.html
>福岡県飯塚市の飯塚オートレース場で27日、5人の選手が落車する事故が起き、群馬・伊勢崎オートから遠征していた永井秀樹(ながい・ひでき)選手(35)が頭がい骨骨折などで死亡した。
>3000人の観衆が詰めかけるレース場で悲劇が起こったのは午後1時27分発走の第7R・一般戦。スタート直後の左カーブで永井選手の前方を走るバイクがスリップして落車した。そのバイクの後輪が永井選手のバイク前輪に接触して同選手も転倒。走路に投げ出され、よけきれない後続車に次々と乗り上げられた。同選手は出血するとともに意識を失い、同市内の飯塚病院に搬送される際には心肺停止状態になっていた。事故から2時間40分後の同4時7分に死亡が確認された。
>2009年9月28日

まずはご冥福をお祈り致しますm(_ _)m
レース結果
俺がオート始めてから、レース中の死亡事故(朝練中の事故だった橋本和美は除く)は確か4件目の筈。で、1件以外は頭や頸を跳ねられたり轢かれたりだから、メット強化やエアバッグ装着したところで死は防げなかったろう。でも、だから何もせんでも良い筈はもちろんない。

東小野正道6周目3コーナー的ブログ 2009年06月04日 総会報告 http://blog.livedoor.jp/ichi2525/archives/51319610.html
>総会でのタイヤに関する質問&要望の件です!まず初めに、大変遅くなりました、スンマセン!
>問題1 タイヤの当たりハズレが余りにも差がありすぎる件
>ダンロップ担当者→私達は同じ条件で同じ材料で同じ工程にて製造しており、ゴムとしての差が出る事は考えられない。との事でした。
>選手会→しかしながら、実際には差はあり、乗れないタイヤははっきり言って練習タイヤにもならない程なんです!(怒
>平行線のまま無駄なやり取りが30分ほどあり…結局、ダンロップがストックしているタイヤを可能な限り同じ条件で練習し後、そのタイヤの成分分析をする事となりました。
>私の思う個人的な意見は、タイヤのグリップを落としてから、今のような当たりハズレの差が酷くなり(勿論、以前のタイヤにも多少なりはあった)今の現状になってしまっていると思います!
>確かに重大事故防止の為だったのですが、新型マフラーなどの導入もあり若干のスピード減もあるので、旧型タイヤに戻す議論もあってしかり!とも思っています!
Nobuo Ito Fighting Diary 2009年06月14日 新タイヤ http://nobuo.ikamaika.net/e192290.html
>新タイヤが導入されて2年が経ちますが、そもそもこのタイヤを導入した目的がスピードダウン。確かにその当時年々増して行くスピードに対して回避地帯(外線外側の赤い所)を拡大できない以上何らかの対策は必要だったと思います。
>しかしそれをタイヤで行うのは個人的に導入前から反対でした。エンジン出力に対してタイヤのグリップが負けている。またこのタイヤ走路温度が30度前後になると急激にグリップが落ちる。とくにこれからの時期、冬場の感覚で行ったら簡単にスリップダウンします。
>スピード抑制には出力ダウンでしょ、って今になっても思います。
>長々とすいません新タイヤ導入されてから落車に巻き込まれる事が多く愚痴っぽくなってしまいました。

事故レース数の統計を取った訳じゃないので断定は出来ないが、感覚的には現行タイヤになって落車発生数は激増した様な気はする。そのすべての責をタイヤに求めるつもりはないが、しかしまた、かなりのウエイトを占めているのも確かだと思う。JKAも通り一辺のコメントは良いから、選手会と一度トコトン話し合うべきだと思うが( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote