May 25, 2017

連続企業爆破事件の大道寺死刑囚が死亡 http://mw.nikkei.com/#!/article/DGXLASDG24H6U_U7A520C1000000/
>2017/5/24 14:31
>三菱重工ビル爆破事件など1974〜75年の連続企業爆破事件で殺人罪などに問われた大道寺将司死刑囚(68)が24日午前、東京拘置所で多発性骨髄腫のため死亡したことが関係者への取材で分かった。
>大道寺死刑囚は死者8人、重軽傷者165人を出した三菱重工爆破事件をはじめとする一連の企業爆破事件を起こし、87年に最高裁で死刑判決が確定した。

死刑確定から30年間執行されずにいたのって凄いよなと。死刑制度の是非については触れなけども。
 この爆破事件、年代的には知ってる筈だが全く覚えてなくて、でもピース缶爆弾(←タバコのショートピースの缶
peace6
に時限爆弾を仕込んだもの)は知ってるし、爆発物の中にパチンコ球や釘を配置する事で殺傷力を高める…なんて知識を何かの本か漫画で読んだ覚えはある。あと、昨今の刑事ドラマではあまり見掛けなくなったが、当時は時限爆弾のコードの赤と青どっちを切る?であるとか、クルマの下に時限爆弾がセットされてて運転シーン→ダイナマイトに括られた時計の秒針がゼロになる→爆発!であるとか、もう定番というぐらい多かった。今みたく爆弾の作り方をインターネットで一発検索って事はない代わりに、爆弾の材料に転用出来るもの(=除草剤など)は容易に入手可能だったため、既に知識を有してる者にとっては作り放題爆破し放題であったらしい。
 昨日のとカブってしまうが、3競オートでも、簡単で良いから何らかの検査はあっても良いと思う。昭和の時代の騒擾事件ではゴミ箱に放火するのが定番だったが、今でも新聞を始めとして燃え易いものがそこらじゅうにあるし、全場内禁煙となってもいない、火気厳禁ではないのだからして。
 いわき平競輪に初めて行った時、入口でペットボトルは持ち込み出来ないと注意され、その場で飲み干してOKをもらった。まあ後で考えればもっともな話ではあるのだが。松戸競輪では場内の飲料自販機は紙パックのものしかない。缶ビールやチューハイを売ってる売店でも、買ったらその場で紙コップに空けて渡される。これらはゴミの分別ではなくて、バンクへの投げ込みを懸念した結果で、いわきのもそういう事だ。今の感覚からするとやり過ぎに思えるだろうけど、やっぱりバクチ場であるって事は忘れないようにしないと(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 24, 2017

アリアナ・グランデさんのライブで爆発 自爆テロか(2017/05/23 10:30) http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000101368.html
>イギリス中部・マンチェスターのコンサート会場で大きな爆発が起きました。少なくとも19人の死亡が確認され、警察はテロ事件として捜査しています。
>爆発直後のコンサート会場の様子では、観客がパニック状態で逃げ惑い、叫び声も聞こえます。22日夜、アメリカ人の人気歌手、アリアナ・グランデさんのコンサートが行われていたマンチェスターアリーナで大きな爆発がありました。少なくとも19人の死亡が確認され、けが人も約50人いるということです。爆発はコンサート会場のすぐ外、チケット売り場周辺で起きました。自爆テロだったという情報もあります。コンサート終了直後の爆発だったということで、帰宅する客を狙った可能性が指摘されていて、警察はテロ事件として捜査を進めています。
>(C)CABLE NEWS NETWORK 2017

ウチの社は築地で、俺のセクションは9時5時じゃないが経理とか総務とかはそうで、だからサリンテロは他人事じゃなくて、オウム真理教の連中がきちんと逮捕されるまでの間しばらくは繁華街に出歩くのもちょっと躊躇ったものだ。ウインズ後楽園なんかそれはもう恐く、

 ※PAT(当時は電話投票)は、今のように申し込むそばから加入出来るのではなく
  年一〜二度の募集で、その抽選は5回10回と外れるのは当たり前。
  だからウインズの重要性は今の比じゃなかった

馬券買うやレースも見ず、一目散に逃げ帰ったものだ。とはいえそれを根性なしと嗤われる覚えはない。
 今週は日本ダービー、「15万人の歓声は、ドエラい!」とか言ってるけど、
「HOT HOLIDAYS!」〜日本ダービー編〜 - YouTube
ないと解ってても、でもちょっと嫌な感じはする。東京ドームなんかと違って普段から手荷物検査やってる訳じゃないし。まあそんな事を吹き飛ばす、イヤ忘れさせるぐらいアツいレースであれば良いんだけどさ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 23, 2017

競馬場などの未成年者の入場制限 民進が法案原案 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170523/k10010991411000.html
>5月23日 4時29分
>ギャンブル依存症対策を検討している民進党の作業チームは、依存症の防止に向けて、国や自治体に対し、競馬場などに未成年者が入場できないようにする施策の実施などを求める法案の原案をまとめました。
>具体的には、競馬場などに未成年者が入場できないようにすることや、一定の期間に馬券の購入やパチンコなどに費やす金額を制限できるシステムの整備などに、特に配慮すべきだとしています。

呆れてものが言えないが、何も言わないと同意したなどと思われかねないため、ハッキリと反意を示しておく。
 今日び、東京どころか地方都市でも騒音問題から保育園建設反対ってな報道を目にするが、東京では貴重な大空の下、芝や土や生き物に触れられる空間で誰気兼ねなく大声出してはしゃげる、そんな場所に週一でも子供を連れてくなんて結構な情操教育だろう。
IMG_20170524_222437IMG_20170524_222631
その情操教育がこんなに…ってなデータがある訳ではないが、少なくともデメリットよりはメリットの方が大きかろうて。そもそもギャンブル依存症っていうのは、夫婦揃って似たもの同士…っていうのはたまさか聞くが、親子ってパターンは寡聞にして知らない、そもそも依存症になるぐらいレースにアツくなってるヤツは間違ってもレース場に子供なんか連れて来ない。子連れで競馬場に来てる人こそ依存症から最も遠いところに居るというものだ。「それでも、目ェ血走らせてるヤツが居るような場所に子供連れてくなんて虐待だ」?しかし実際児童虐待の報道見ると解るが、そういう毒親は例外なく子供を閉じ込める、外に連れ出すという事をしない。競馬場であっても一緒に出歩くってだけで健康的というものだ。「イヤそういう小さい子じゃない、見た目で大人っぽい子を取り締まろうと」それは依存症云々以前に非行の問題で、ここで取り上げるのは論理のすり替えだ。
 ギャンブル依存症対策なんて不要だ!と言うつもりはない。一部で言われる536万人というのが本当なら日本人の4%、大阪市の人口の倍だから実にとんでもない数だし国家的損失だ。しかしそのほとんどがパチによるものだという事も広く知られていて、であるならば、パチが業界上げて対策を取らなければならないのは当然だが、3競オートは個別の案件ごとに対応した方がより深くケア出来るし小回りが利きそうに思える。3競オート側で依存症対策が不要だと言ってるのではない、と重ねて書いた上で、そのために未成年者排除なんてのは的外れもいいトコですよと( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 21, 2017

村田諒太、泣かされたあいまい採点基準/解説 http://www.nikkansports.com/battle/news/1827034.html
>[2017年5月21日10時0分 紙面から]
14954405343412069196517村田−エンダム戦のスコアシート
><プロボクシング:WBA世界ミドル級王座決定戦12回戦>◇20日◇東京・有明コロシアム
>世紀の不可解判定だ。ロンドン五輪金メダリストで同級2位村田諒太(31=帝拳)が、同級1位の元世界王者アッサン・エンダム(33=フランス)に挑んだ世界初挑戦は、4回にダウンを奪うなど優勢とみられたが、1−2の判定負け。五輪メダリストとして日本人初の世界王者には届かなかった。
>世界戦を107試合裁いた元レフェリーの森田健氏(82)は「私の採点で村田の勝ち。ただ今の採点基準はあいまいで、有効打をとる審判と手数をとる審判に分かれる。今回は手数をとる審判が2人いた」。
>採点で最重要視されてきたのは有効なクリーンヒットだが、森田氏は「当たってなくても手数が多い方が試合を支配しているとみるジャッジがいる。以前は年に1度、団体の総会で審判がビデオを見て勉強する機会があったが、最近は知らない」という。【益田一弘】
【長谷川穂積の拳心論】勝負に勝ったがWBAの“特別採点”に負けた村田 https://www.daily.co.jp/ring/2017/05/21/0010208266.shtml
>2017.5.21(Sun)
>勝負に勝ち、試合にも勝ったと思う。ただ、WBAの“特別採点ルール”に負けた。それが村田君の試合の印象だ。
>これは、先月ベルトを獲った後輩の久保隼(WBA世界スーパーバンタム級王者)の世界戦も同じだった。11回TKO勝ちした久保だが、10回までの採点が1−2で負けていたのを後で見て驚いた。これは他3団体とは違う。これがWBAだと考えるしかない。

俺の子供時分は、ボクシングの試合で日本人選手が判定負けだと「この判定はおかしい!」とアナウンサーが叫ぶのがお約束で、だからフィギュアスケートなんかもそうだが、採点競技というものに最初からある種胡散臭いものだという認識でいる。素人から見てスゲー!っていう技が全然評価されずに「そこマイナスされるの?」ってなもんで。そういうトコを番組内できちんと深掘りして解説してくれれば問題ないんだけど、現実には不思議とないんだよなあ。
 3競オートの失格↔非失格って昔は有無を言わせぬ決定 ━━ お前ら黙って従え ━━ からパトロールヴィデオを放映するようになり、当時としては画期的な進歩だと感動したものだが、でも、それでも「この程度でアウト↔これでセーフ?」ってのはどうしても残る。まあこれはカネ掛かってるから主観が入ってしまうせいで、しょうがないのだが。対してボクシングはねえ。少なくともオフィシャルで賭けはしてない、それでこんななんじゃ、さすがにちょっとねえ…('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 19, 2017

クレディセゾン女子社員がアイドルグループ結成!「わたしセゾン」でデビュー https://www.rbbtoday.com/article/2017/05/19/151729.html
>2017.5.19(金) 4:00
565432 https://s.rbbtoday.com/imgs/p/WlyWmMPQ5V2plFIuZ3FzQYVNzkFAQ0JFREdG/565432.jpg
565428 https://s.rbbtoday.com/imgs/p/WlyWmMPQ5V2plFIuZ3FzQYVNzkFAQ0JFREdG/565428.jpg
565436 https://s.rbbtoday.com/imgs/p/WlyWmMPQ5V2plFIuZ3FzQYVNzkFAQ0JFREdG/565436.jpg
565443 https://s.rbbtoday.com/imgs/p/WlyWmMPQ5V2plFIuZ3FzQYVNzkFAQ0JFREdG/565443.jpg
>クレジットカード会社である株式会社クレディセゾンがアイドルグループ「東池袋52」を結成し、20日に勝手にアンサーソング「わたしセゾン」でデビュー、19日19時からWebでプロモーションビデオを先行公開する。グループ名は東京・東池袋サンシャイン60の52F にクレディセゾンの本社があることから、名付けられた。
>某アイドルグループを連想した人が多いと思うが「東池袋52」は全員がクレディセゾンおよび関係会社の社員で、普段は全国の勤務地で日々業務をこなす女性たちで構成されている。ダンスも歌唱もプロでない彼女たちが業務をこなしながら挑戦したという。
>「わたしセゾン」制作にあたり、作詞はコピーライターの仲畑貴志、作曲は多田慎也、振付は有名アイドルグループを数々手がける振付師のかぶきもんが担当した。また、プロモーションビデオ制作には乃木坂46を始めとするアイドルやミュージシャンのPV作品を世に送り出した映像監督やカメラマンを招聘(しょうへい)。一流のスタッフと一流のクリエイターが本気で取り組んだ作品となっている。
>同PVはクレディセゾンサイト内での公開のほか、一部地域でのテレビCMやラジオCMで展開、さらにアイドルらしく3タイプのCDも制作される。
>《松尾》

見出しだけ見て大垣共立銀行の女子行員がOBK45ってやってたのを一瞬思い出したが、CD出すとかスタッフの顔ぶれとかマジもマジ、振り切ったねえ。
 本家とも言うべき欅坂46が「二人セゾン」をリリースしたのが去年の11月、その時点で「これウチのイメージソングに使おう」ってのが普通の感覚だろうに、何で自社社員でやろうと思ったのか。欅が新曲出したら古い曲扱いされちゃうのを嫌ったのか。にしてもクレディセゾンなんて一流企業に勤めてるとあっちゃ「フジテレビも受けてました」「CanCamに載った事あります」ぐらいはあるだろうけど、さすがにアイドルに憧れてますとか活動してましたなんてのは居ないだろう。話来た時どう思ったんだろうか。いや自分から手を挙げたのか?でも何にしろ普通のOLが通常業務と並行してなんだから、よく半年で仕上げたもんだ。っつうか、よく半年も情報漏洩しなかったもんだ。守秘義務は金融業界イロハのイです、ってか。
 それにしても本業アイドル形なしだな。売り上げ云々じゃなく話題性で、完全にしてやられちゃった。全くノーマークの所から掻っ拐われた、運営サイドは地団太踏んで悔しいがってるだろうなあ。そしてアイドル当人もっと悔しかろうて。「地下」と呼ばれる層だと、本業で食えないバンドマンや芸人よろしくアルバイトで食いつないでるものだ。これ以上親に迷惑掛けられないから…って諦める人も少なくない。一度しかない人生大バクチでアイドル選んだ人からしたら、一流企業で人生イージーモードなのに腰掛けでアイドルなんて許せんヽ(`Д´)ノ!ってなるよなあ。でも東池メンバーだってアイドルやりたくてセゾン入った訳でもないんだし。…努力や才能のある者が必ず成功する訳じゃないから人生は残酷であると同時に面白いのだし、才能のない側である俺がギャンブルを好きなのも同じ理由だ。何もかも順番通りに決まったら世の中逆に味気ないもの(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 18, 2017

八百長に賭博76回…テニス三橋淳“永久追放”で日の丸に泥 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/205521
>2017年5月17日
7e695333e6c7f67b7c664d660484bfe620170517112211373 2016年以降、日本テニス協会のプロ登録をはずれていた(C)日刊ゲンダイ https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/205/521/7e695333e6c7f67b7c664d660484bfe620170517112211373.jpg
>テニスの不正監視団体「テニス・インテグリティー・ユニット(TIU)」は16日、男子の世界ランキング元295位の三橋淳(27)を八百長への関与で永久追放すると発表。5万ドル(約567万円)の罰金も科した。
>TIUによれば、三橋は2015年に南アフリカとナイジェリアで行われたフューチャーズで参加選手に八百長を持ちかけた。さらに、テニスの公式戦の勝敗に対し、76回も賭博行為を行っていたという。三橋はTIUの事情聴取を拒否したので処分が決まった。
>川崎市生まれの三橋は、小学生時代は米国で過ごし、11歳で帰国。05年のジュニアデビス杯U−16では錦織圭らと共に日本代表として戦った。
>「フューチャーズ(男子プロテニスでは最低カテゴリーに位置する大会群)を転戦している選手は、あらゆる雑務をひとりでこなす。コートの状態などもあまりよくないので、ストレスもたまります。成績を上げて上部ツアーに行かなければ資金にも困る。悪い組織に八百長を持ちかけられて乗ってしまったのかもしれません」(テニス関係者)

世界の富の半分を1%の人間が支配しているなんてのに比べれば随分楽だとはいえ、それでもテニス界のピラミッド ━━ 一握りのトップと下級選手の収入格差 ━━ の急峻さはスポーツ界一だと評される事は前にもネタにした。
ピラミッドのバランス : 酒とワラwの日々
だから八百長を始めとする悪の道の誘いも多いと。しかしそれにしても、ついに日本人選手からもそういう事例がこうして出て来てしまうってのは、やっぱりショッキングだ。かと言って、日本だけ単独で何か出来るってもんでもないしねえ。
 3競オートで、下にも厚い賞金体系を批判する人は少なくない。しかしこうして不正や八百長の存在を目の当たりにしてしまうと、やっぱり現状の3競オートのシステムってなかなか良く出来てるよな、と(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

May 16, 2017

もえあず3連覇も「くじ引き」や「マラソン」 『大食い王』競技に物議 | しらべぇ https://sirabee.com/2017/05/15/20161127740/
>2017/05/15 12:00エンタメ
sirabee20170515moeazu1 (画像はTwitterのスクリーンショット) https://sirabee.com/wp/wp-content/uploads/2017/05/sirabee20170515moeazu1.png
>14日放送の『元祖!大食い王決定戦〜爆食女王下克上戦記〜』(テレビ東京系)にて、5代目爆食女王として君臨し、バクステ外神田一丁目のメンバーのもえのあずき(29)が3連覇の快挙を達成した。
>しかし、ネットでは今大会の「競技」について、疑問の声があがっている。
>視聴者が求めていたのは、「食のバラエティー」ではなく、選手たちが本気で実力をぶつけ合う真剣勝負から生まれる、「台本なしの感動ドラマ」だった。
>今後の「夏の新人戦」や「秋の男女混合戦」の試合内容がどう変わっていくのか、大食いファンの間では期待と不安が入り交じっている。
>(文/しらべぇ編集部・もやこ)

「今現在好評だから手を入れる必要はない」と成功にアグラかいてると、いつの間にか受け手の嗜好が変わってしまい没落してしまう危険性を有している…っていうのはどんなビジネスでもそうで、だからこんにちの成功に甘んじずブラッシュアップしようとするとのは至って前向きな姿整だ。そしてルールやゲーム性に手を入れるのは、より面白くしようという運営サイドの意図である事は間違いないし、それによりプレイヤーに有利不利が生じるのは他のスポーツでも一緒だ。ただしその評価を下すのは観客で、受け入れられるかどうかは別の話だ。事実、この記事によるとネットではケチョンケチョンだったそうだし(不満の声がノイジーマイノリティである可能性を考慮する必要は一応ある)。
 いやしかしこれ、十数年前の競輪改革が総スカン食ったのをどうしても想像しちゃうんだよな。「マニアックになり過ぎて一般層が入り難くなってる、一回マニアを切ろう」って荒療治は方法論として確かにアリだけど、裏目ったら悲惨だからねえ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote