April 03, 2017

 中央区役所の前でビラを配ってた。
imageimage
結構お高いのね。とはいえ、他に得難い個性や、価格に見合った味であれば、少なくとも飲食業に限ればビジネスは成立するものだ。

スピン経済の歩き方:だから「クォーターパウンダー」は撤退に追い込まれた - ITmediaビジネスオンライン http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1703/28/news044.html
>2017年3月28日
>「シェイクシャック」は、健康的に飼育されたアンガスビーフを使用するなど、素材にこだわっているがゆえかなりの高価格帯で、「ハンバーガー」単品で580円(税込)、シャックバーガーなどは680〜980円と、「クォーターパウンダージュエリー」並の価格設定となっている。
>もっと高いハンバーガーもできている。つい最近、東京・青山に初上陸を果たした「ウマミバーガー」などは1380円(税別)もするのだ。

しかし俺的にはそんな事より、店名から「ブーラザーズーがー来ーましーたよー」のブラザーズを思い出してしまう。
ブラザース - Wikipedia
若い人は知らないだろう。吉本新喜劇のすち子ことすっちーがまだビッキーズだった頃、同年代の何十組といた中で、まあ同程度には売れてたコンビだった。つっても俺が知ってるのはネタの面白さよりも、当時、地上波で競艇のビッグレースをやる時にアシスタントとして出てたKYOくんTEIくんだったからだ(同番組ではそう名乗ってた)。大分前に解散したのは知ってたが、真っ当な人生送れてるんだろうか(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 02, 2017

ホリエモン×ひろゆきが電子マネーをオススメするワケ「現金のほうが安心っていうけど…」 http://wpb.shueisha.co.jp/2017/04/01/82389/
>[2017年04月01日]
image 電子マネーにすると、政治家が使える“領収書のいらない交付金”も使途がわかってしまう? http://cdn.wpb.shueisha.co.jp/img/2017/03/a7cc43ba22b9475eb578b4c69257eeef_a04f118d1bb5753df5ec8d1ceabb4f6b-x.jpg
>電車賃やコンビニ決済など、身近となった電子マネー。しかし、アメリカと比べると日本での普及はまだまだ遅れているという。
>『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」で、“ホリエモン”こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏が、日本に電子マネーは根づくのかを議論する!
>* * *
>ホリ 国際決済銀行の最新の統計を基にした日銀の発表でも、日本の現金主義は突出しているらしいからね。世界の主要国・地域のなかでも、2位以下を大きく引き離しているみたい。んで、現金主義の人たちの意見を聞くと「現金のほうが安心感があって支持できるから」らしい。
>ひろ 現金主義の人の意見としては、匿名性があることも人気の理由らしいです……。
>ホリ でも、それってヘンな理由だよね。イコール「脱税とかアングラマネーを肯定している」って意味じゃん。クレジットカードや電子マネーの使用を徹底したほうが、例えば、飲食店の店員が懐に入れることとか不正行為などはできにくくなるのに。あと、税収も増えると思うんだけど、なんで政府はやらないんだろう?
>ひろ それなりの理由があるからじゃないですかね。例えば、政治家が使える“領収書のいらない交付金”とかも、すべて何に使ったかわかっちゃいますし。
>ホリ やっぱり現金主義の人にまともな理由はない気がするな。現金決済は少なくしたほうが絶対に得なんだけどなー。「両替手数料」とか「集金する作業」とか「現金を管理するコスト」もかからなくなるし、「レジのムダな待ち時間」も「人件費」も減らせる。たくさんの人の手あかがついた紙幣やコインを手にすることもない。いいことずくめなんだけど、これが主流にならないのは、やっぱりヘンだよね。
>(構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル)
>●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
>1972年10月29日生まれ、福岡県出身。旧ライブドア社長。SNS株式会社オーナー兼従業員。『やっぱりヘンだよね』(集英社)が好評発売中
>●西村博之(にしむら・ひろゆき)
>1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著は『ソーシャルメディア絶対安全マニュアル』(インプレスジャパン)

昨春のこの記事
キャッシュレス化の急先鋒北欧では「現金」消失議論まで | 金融市場異論百出 | ダイヤモンド・オンライン http://diamond.jp/articles/-/84457
には衝撃を受けたものだがそれから1年、日本は変わった…ようには見えない。
 電子マネーオンリーの店だったら、万引きや食い逃げは防げないけど「手ェ挙げろ!レジ開けろ」は防げる。店がそういう保険に入ってたなら保険料が削減される、電子マネー利用手数料を引かれても相殺出来るだろう。警備会社は顔面蒼白だろうが、銀行も小口かつ大量の決済業務が軽減されるから、社会的コストは大幅に削減される。
 電子マネーとバクチという事では、ATMや自販機の紙幣や通貨の偽造識別メカニズムって凄く高コストで、それが電子マネーだったら単にデータのやり取りに過ぎない、もちろん不正アクセス防止のための手間は必要だが、それでも圧倒的に低コストだ。だからアメリカやアジアでは、現金で馬券を買えない競馬場の方が多いそうな。客は専用機械でまずキャッシュバウチャーを買い、それで馬券を買う→帰る時に清算し現金化。海外旅行で「この競馬場にまた来る事はないだろうな」って場ならこれぐらい我慢出来る。毎週のように来る人だったら現金化しないで、パチンコの貯玉よろしく残高キープしといて、次回来場時に使えば良いだけ。とはいえ中途半端に通い詰めてる人には手間が二度増えマンドクセ('A`) なんだけど。専用のキャッシュバウチャーでない、もっと一般的な電子マネー、SuicaとかEdyとかで馬券舟券車券をそのまま買えれば便利なんだけどねえ。
スイカのチャージ額の上限2万円までというのはなにか理由があるのですか? - Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10105833190?__ysp=44K544Kk44KrIOODgeODo%2BODvOOCuCDkuIrpmZA%3D
2万か。「レース場行く時いくら持ってきますか」って訊いて、これ以下の人って少数派だよなあ。もうちょっと何とか…とは思うがこんな事情があるんじゃ無理か。現実は厳しい(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 01, 2017

パチンコ出玉規制、馬券購入に上限 ギャンブル依存症対策の関係閣僚会議が論点整理 http://www.sankei.com/politics/news/170331/plt1703310026-n1.html
>2017.3.31 20:17
plt1703310026-p1 ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議に臨む、菅義偉官房長官(左)と塩崎恭久厚労相=31日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) http://www.sankei.com/images/news/170331/plt1703310026-p1.jpg
>カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法が昨年12月に施行されたことを受け、政府は31日、ギャンブル依存症対策に関する関係閣僚会議を首相官邸で開き、競馬や競輪などの公営ギャンブルやパチンコについて、本人や家族の申告による利用制限などを盛り込んだ論点整理を取りまとめた。
>競馬やモーターボートレースでは、一部の場内や場外に設置されている現金自動預払機(ATM)のキャッシング機能廃止のほか、インターネットを通じた勝馬投票券(馬券)などの購入に上限金額を設けることも検討する。

これ、バクチクラスタではあまり話題になってないようだが、かなりの大ゴトじゃないか。
 会社のカネ横領して取っ捕ったヤツが「競馬で溶かした」なんていうのはそのほとんどがオネーチャンに貢いだとかで、競馬はダシに使われてるだけなのだが、たまに本当のヤツが確かに居る。

 茨城国保連合会:保険料10億円着服…男性職員を告訴へ http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080422k0000e040045000c.html *リンク切れ
 >茨城県国民健康保険団体連合会(理事長・石塚仁太郎坂東市長、水戸市笠原町)は22日、元会計課の男性職員(34)が、連合会が管理する保険料約10億円を着服していたことを明らかにした。連合会は同日付で職員を懲戒解雇するとともに、県警水戸署に業務上横領か詐欺の容疑での告訴を検討している。
 >連合会によると、職員は高校卒業後の93年採用。「競艇に使っていた」と話しているという。【若井耕司、八田浩輔】
 >毎日新聞 2008年4月22日 11時38分(最終更新 4月23日 12時07分)

これ↑は競艇だが、当時伝えられたところによるとボートピア岩間では有名人で、毎度大口買いをするので発券に時間が掛かり、だからこの男の後ろには誰も並ばなかった…という逸話があるほど。素人が見たって依存症と判る。ギャンブル依存症というとパチ95:カジノ4:その他1ってなイメージだが、3競オートだって居る事は居る訳で、だから依存症対策は必要だろう。仮に居なかったとしても邪魔になる訳でなし、用心するのは悪い事ではない。バクチ=悪、ってな手合いに対するエクスキューズにもなるんだし。
 しかしとはいえ、ネット購入額に上限設定ってのはかなり厳しい。一レース当たりの額で…だったら大口投票が不可能になる。銀行に1年預けて利息0.012%、このレースに預けて10分後には利息10%(=1.1倍)ってのが「銀行レース」って言葉の由来だが、こういう思考回路の持ち主は普段から固いトコに100万ドン!をホイホイやってのける。それがそうなったら、上限額がいくらになるかはまだ判らないが、ダメージには違いない。ましてや一日当たりとか年当たりの設定だったら、外れ馬券経費裁判の人みたいな買い方は不可能だ。
 これらの人は、そういうネットスキルを持ってない層からすると勝ち組、あるいはオッズを下げる人な訳で、そういう意味では「敵」だ。でもこれらの人が売上を支え、業界に多大な貢献をしている事もまた間違いないく、 m9(^Д^)ザマア などとは口が裂けても言えない。どう事が運ぶのか(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 31, 2017

http://portal.nifty.com/kiji/170330199166_1.htm">カウボーイの靴のギザギザでピザが切りたい
(megaya) (2017.03.30 16:00) http://portal.nifty.com/kiji/170330199166_1.htm
000 http://portal.nifty.com/2017/03/30/c/img/pc/000.jpg
>カウボーイのつけている靴の後ろにギザギザがついている。あのギザギザがピザカッターに見えてしょうがない。あれでピザが切れないだろうか?
>それを考えると夜しか眠れないので、気になって調べてみることにした。そして実際に切ってみることにした。

言うまでもなく拍車だ。「拍車が掛かる」という比喩表現的に使われる事で知られるアレだ(この↑記事には出て来ないが、そういう会話は交わされた事だろう)。競馬ファンなら誰だって解る…って事はないか、今は使用禁止だし、使用可だった頃だって日本では使い手は多くなかったし。
 まあとにかく馬具の一種で、では「拍車が掛かる」という表現は競馬用語から日常会話に広まったのか?となるとそうとは言い切れない。「手綱を握る」も同様、馬事文化から出た事は間違いないが競馬とは言い切れない。「埒が開かない」にしたって単に馬産 ━━ いや牛や羊の牧場だってそうか ━━ の方から広まった可能性は否定出来ない。
 日常会話の中に使われるギャンブル用語というものは他にもいろいろあるが、「本命・対抗・穴・大穴」が3競オートのどれから出たかを特定するのは困難だ。ジャンルは何でも良いが大波乱を指して「万馬券」と言うのはかなり古い人、もう死語だろう。政治家や芸能人の二世、あるいはエエとこの子を「サラブレッド」って呼ぶのも競馬由来だけど、やはり古臭い表現だ。「出遅れ」は競輪でない事だけは確かだが、そこから先が絞れない。「ゾロ目」「一か八か」はサイコロバクチが発祥、競馬由来ではない。あ、有った「鞭を入れる」!…これだけか?そんなものなのか。探すと意外とないものなんだなあ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 30, 2017

最強の靴職人 アディダスとの専属契約解消で青学大が激震 http://www.news-postseven.com/archives/20170327_504561.html
>2017.03.27 11:00
mimura 【「最強の靴職人」三村仁司氏】 https://parts.news-postseven.com/picture/2016/10/mimura.jpg
>箱根駅伝3連覇を果たした青学大の“足下”を揺るがす事態が起きている。「最強の靴職人」三村仁司氏(68)が、青学大のスポンサーであるアディダスジャパンとの専属契約を3月末で解消するのだ。
>三村氏は1966年、オニツカ(現・アシックス)に入社。1974年から40年以上にわたり、競技者向けのオーダーメイドシューズを製作してきた。高橋尚子や野口みずきも三村氏の靴で五輪の金メダル(マラソン)を獲得している。
>独立した10年に靴工房「ミムラボ」を設立してアディダス専属になり、2012年にアディダスが青学大とパートナー契約を結ぶと部員の靴も担当。三村氏は選手の足型をとってフォームの癖などを見抜き、それを補う靴を作る“名工”だ。三村氏の靴が使われるようになってから、青学大では故障が減り、選手層に厚みが増した。三村氏の“離脱”は、一大事なのだ。
>※週刊ポスト2017年4月7日号

Qちゃんの靴という記述で「もしやこの本の人?」と検索掛けたらやっぱりそうだった。それで今度この人の名前で検索掛けたらもう、いや出るわ出るわ。
第31回 三村仁司(靴職人)×二宮清純「日本人が勝つための新兵器」 | SPORTS COMMUNICATIONS http://www.ninomiyasports.com/archives/55099
ランナーにとってマジで神様のような人なんだなあ。その時だけ速く走れるっていうんじゃない、故障を減らす靴って凄いわな。
 で、これ競馬で言うところの、蹄鉄の削り方で脚元不安を消すって事だもんな。そしてズバリ、そういう人は居る。
福永守 - Wikipedia
この人もまた、現代の名工だ。いや職人技ってのはつくづく凄いΣ(゚Д゚)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 29, 2017

ぎりぎりまで新聞広告で集客「てるみくらぶ」 「現金一括入金キャンペーン」で振り込んだ客も! http://www.j-cast.com/tv/2017/03/28294096.html
>2017/3/28 15:40
>格安海外ツアーで人気のあった旅行会社「てるみくらぶ」(本社・東京都渋谷区)が27日(2017年3月)、東京地裁に破産申請した。
>同社は一昨年から新聞広告による客集めを始めたが、媒体コストの経費がかかり過ぎて経営を圧迫していった。それにもかかわらず新聞広告をやめず、先週21日付の読売新聞には「現金一括入金キャンペーン」と銘打った1ページ全面広告を出していた。
>同社からの電話で「早く代金を振り込まないとキャンセルになりますよ」と言われ、本社までお金を届けた人もいたという。これなど詐欺被害にあったも同然と言える。

会社や顧客のカネを失敬してギャンブルしたら溶かしちゃって、穴埋めしようとまた失敬ギャンブルで溶かして、穴がどんどん大きくなって行く…ってのは典型的泥沼パターンだが、それはあくまで個人の話。会社がそれやってるのは、現状がヤバいと認識した上で組織挙げてやってる事に他ならず、詐欺の謗りは免れまい。しかも春休みの旅行シーズンを目当てに21日に一面広告打って
64a3e333(拾い画像。欄外上部の日付!)
24日臨時休業、土日休みで27朝イチで破産申請って、最後の現ナマ掻き集めスケジュールとして完璧だ。騙す気満々じゃねえか。
 「分割金利手数料はジャパネットたかたが負担致します」ってのがあるように、そういうものにはそういうものが掛かる、クレジットカードは月イチ締の月イチ決済だから、客が一括払いであっても販売側に入って来るのは最大で2ヶ月後、だから「現金一括払いだから安いんです」ってのは道理で、でも内情がこんななってるとは外からは伺い知れないよなあ。倒産間際の現金一括キャンペーンで現ナマ掻き集めっていうと、最近ではこれを思い出す。
アーバンエステート〜♪ - YouTube
当時も書いたけど、これ川口の市役所通りに本社があって、俺オートレース行く時いつも前通って、この↑キャッチーなCMが脳内再生されたもんだ。って今でもだけど('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

March 28, 2017

【ドバイワールドCデー】ヴィブロスが勝ったドバイターフが16万円でワールドCが5170円の怪 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/race/202282
>2017年3月27日
>土曜日深夜に行われた「ドバイワールドカップデー」。日本ではドバイターフ、ドバイシーマクラシック、そしてドバイワールドカップの馬券が発売され、合計で25億8107万500円の売り上げがあった。
>これまでは日本馬に対して心情的に“応援馬券”が入っていたのが常。逆に海外勢の方がおいしい馬券になっていることも多かったが、メーンのドバイワールドCの3連単は1→3→12番人気で5170円。JRAでの3連単で12番人気C紊両豺隋発売開始以来でも8680円というのが最低配当で、いくらアロゲートがいたとしても、それより安い配当にはびっくりだ。
>逆にターフに唯一、日本勢として出走し、鮮やかに勝ったヴィブロスは5番人気。3連単は日本馬の“頭”でも16万オーバーの高配当になった。
>昨年の凱旋門賞から始まった海外競馬の馬券発売も、このドバイが5回目。徐々に親しんできたファンは何でもかんでも日本馬ということではなく、意外にドライだったかも……。

まあ応援馬券だったら基本は三連単でなく単勝だよな。外国競走発売開始当初は、凱旋門賞ブランドに飛び付くミーハーとかが普通に三連単買ってたかもしれないけど、そういう層も何回がやってるうち「いや外国馬の情報少な過ぎて判らんし」って振り落とされちゃったんじゃないか?それに半日後には日本馬オンリーのGI(=高松宮記念)が行われる、にも拘らず敢えてこのタイミングでドバイを選択するって人は、外国競馬の知識をそれなりに持ってる層でなければおかしい。
 つうか、そもそもの競馬マスコミの論調だって、「ドバイ○○、●●首位争い必至!」的な記事なんて見掛けなかったもの。そりゃミーハーだってオイソレとは手ェ出さんでしょうよ。現にヴィブロス、大金星扱いなんだしさ(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote