February 11, 2008

 平日仕事の都民には、南関競馬は近くて遠い。浦和に前来た時は正月開催だった記憶が、て事は少なくとも2年振り(←南関4場の正月開催が浦和だったのは一昨年まで、昨年から川崎に変更された)という事になってしまう。実際、久々に着いた南浦和では無料バスの発車場所が変わっててちょっとまごついた。まあとにかく競馬場着…人稲杉('A`) 1号スタンド閉鎖してるんだから人口密度は上がる筈なのだが、
3353c4c7.JPG
スッカスカ。やっぱみんな府中(=降雪順延になった昨日のJRAの代替開催)行っちゃったんだろうなあ。そんな中、俺が物好きにも浦和に足を運んだのは以前ネタにした新距離・千五を生で見たかったから。
ef4172a6.JPG
…イヤ危ないって。本来、千四のレースの発走まで待機するトコだからちゃんとしたシュートでなく、ゲートの前に平均台みたいなラチ2本置いただけ。だから内枠馬はゲート出てすぐ目安になるものが無くなる、馬の習性としてラチ目指して…極端に言うと、内ラチに激突する様なコース取りした後4コーナーちょっとカーヴして直線、みたいな。それでなくても前で競馬したい外枠馬・騎手はインへ切れ込んで来るし。「見てる分には解んないだろうけどこのコース難しいんだよ」みたいな物言いを騎手がする事有るけど、見てる側をこれほどガクブルさせるコース形態も珍しい。もっとも、純粋にバクチ的側面からだけ見れば良く出来てると言える。一体に、ダートは芝ほど各馬の距離適性がシヴィアに出ない。だから船橋の千四〜千八や川崎の千四〜千六等、百m単位で細かく刻んで番組作ってるけど、連対馬の戦方度合はほとんど変わらない。ところが浦和は

 ●千四→4コーナー寄りから直線をフルに使った、オーソドックスなコース
 ●千五→出負け即あぼーん
 ●千六→モロに3コーナーからスタート。内枠の先行馬が絶対有利だが、
  それを騎手が過剰に意識すると前崩れ

とまあ、ヴァリエイションに富んでいる。もっとも乗り役泣かせなのは確か、現にJRA交流競走のほとんどは『安全な』千四と千九だし( ´-`)y-~~~
 そしてこの日一番の注目は佐賀記念。
f91a2a98.JPG
f7aba918.JPG
川崎記念にフェブラリーSというJpnIの谷間に行われるため、例年JRAの一線級は出て来ない。1着賞金3千万ってのも、公営側には大金だがJRAにとっちゃ大した額じゃない、ワンノヴ交流重賞。だからこそ、脈有りの公営馬陣営にとってここは、かきつばた記念@名古屋や浦和記念と並ぶ勝負処となる。果たして結果。断トツ人気のマコトスパルビエロは引くに引けない形になって大競り、深追いせず第二先行のクーリンガー、それらをチャンストウライ一捲り。ゴール板過ぎて流す同馬に「兵庫の皆さんおめでとうございます」と実況が何つうか、公営の心意気みたいのを見せてもらった感で、ジーンと来た(´∀`) ワンノヴ重賞なんつったけど、JRA馬にも関わらず引退レースをここに選んだ佐賀の鬼・クーリンガーも立派なレースだった。
 浦和最終はパス、競馬場の裏手に佐野ラーメンの有名店が有ると知ったので向かったら、途中千六(この日たまたま最終レースがそうだった)のゲート収容地点のすぐ脇を通って驚く。ラーメンはまあまあ( ´-`)y-~~~ でもまあとにかく、有意義な一日だった(`・ω・´)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

January 19, 2008

 旧日記からそっくりデータ移すのもマンドクセ。自分で気に入ってるものを、と一瞬思ったが、自己評価とリアルの反響は必ずしも一致しないし。なもんで差し当たって去年から、レース場等へ行った日のみピックアップしてく事にする。

──────────────────────────────────────────────────

 全速で仕事を終わらせ北松戸へ直行、何とか7レースに間に合った。今までも電投チマチマ打ってはいたが、本場ではこれが今年の初打ちとなる。考えてみりゃFIIに足を運んだのは全くの初めて、でも旧制度、いや旧々制度か、とにかく俺が昔、ヒラ開催のB級予選やA級準決を米ビツにしてた事は何度か書いたが、現制度のヒラをここまで見て来た限りでは、当時の感覚そのままで打っても大丈夫そうな感触を一応得られたし、そんな訳で、日曜大宮行けなかった時点で初打ちのターゲットをここに定めてた次第。
 で。12レース制になったおかげで、この時間に着いても6ヶレース見れるのがありがたい(旧制度だと4〜5ヶしか見れなかった)。電投ならともかくわざわざ、せっかく本場まで来てるんだもの、やっぱレース数見れる方が嬉しいのは当たり前だ。
 ヒラだから当然だが客は少ない、見たところ4〜5千人、昨夏サマーナイトフェスティバルや記念の半分程度。でもそういうビッグの「はよ並ばにゃ買う前に締切られるぞ」的切迫感は無いし、同日程で川崎FI、すぐそばでは天下の中山競馬やってるにも関わらず今ここに居るってのは本当に競輪が、松戸が好きな人な訳で、だからこの人数でも充分活気が有る。ヴィジョンも見返さんと入線順位ビシッと言い当てるジサマとか。程良いアツさっつうか、心地好さ。
 車券は見(けん)見スカスカ見見、2の0。逃げの決まり手が1しか付いてない、誰もが捲りだと思ってたヤツが打鐘抑えに来た別線を突っ張って逃げてズブズブとか、終わってみりゃ普通に買えそうな結果でも、リアルでは全く考えも付かん。ラスト2ヶも『見えて』来ないためヤラレを取り戻す事すら出来ない無念の負け逃げ。でも仮に打ってたらやっぱヤラレだったしな。次善の策という事で自身を納得させる。
 前記ヒラ打ち時代は全国のレースから厳選一レースを買ってた訳で、だから誰が出てるかも知らんけど行きゃ何とかなるやろ的行き当たりばったり、で勝てるほど甘くはないっつう事だ。しかも穴党泣かせで知られる松戸ですらこう、ヒラをナメんな!って戒めだな。まあ競輪脳、競輪勘を取り戻すべく、一歩一歩地道にやってくとしよう( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote