December 26, 2009

 仕事終わりで中目黒へ。改札出て右へ、駒沢通りの交差点をまた右、目黒区役所の先にこれ。
ded6c765.JPG
一度食ってみたかったのよね、かすうどん。かすとは穏やかでないが、牛の小腸をヘットで素揚げしたもの(ネーミングの由来は不明)。麺もツユも関西の旨いヤツで間違いないのだが、このかす自体からもダシが出て、他にない味になっている。ホッピーに合う合う(・∀・)! ブツの写真がないのは思いの他店が狭く、撮るのが憚られたため。基本小心者なのよね('A`)
 食い終わった後は、酔い覚ましがてら周辺散策。都合4匹見た地域猫は皆肥えている、地元民に愛されてるのだろう。天祖神社裏の公園、1匹は撫でさせてくれた(´∀`)
613094ef.JPG
bbdcf20f.JPG
e4765f77.JPG
 その後は先の交差点に戻り、山手通りを南進、20分足らずで目黒区美術館。

  https:文化資源としての炭鉱展
//mmat.jp/exhibition/archives/ex091104


3f6e606d.JPG
この美術展の協力者の一員でもあるNPO法人、のショールームみたいのが先月寄った岩見沢の街にあって、入りはしなかったが貼ってあったポスターでこれを知った次第。
 タイトルから軍艦島モノクロ写真的なものを想像してたが、それはごくごく一部でしかなかった。そもそも黒船来航が1853年、陸(おか)蒸気は明治になってすぐ。だから明治初期、既に日本でも石炭産業は確立していた。その頃の炭鉱と芸術を結び付けた人はさすがに居ないが、明治も中期に入るとチラホラ現れ出す、そういう人の絵はまぁあ黒く、暗く、重く、見てるだけで圧迫されるような締め付けられるような。もうちょっと時代が進むと筑豊だけでなく北海道の炭鉱をモチーフにする人も現れるが、それらの絵の雪の白味だけでホッとするほどだ。本来、炭鉱労働の過酷さに北海道の冬の過酷がプラスされてさらに苛烈な筈なのだが、一連の絵を見てると明るさの様に錯覚してしまうのだ。
 実際掘ってた人が記憶を基に描いた絵日記っつうか挿絵とキャプション的なものもあるが、明治の炭鉱労働は本当に過酷だった事が解る。30年代前半は柱時計のある家は皆無だったとか、労働争議の事を米騒動と表現してたり。
 そいで最後の方になって、ようやく写真が現れる。北海道の雪も、写真だと煤けて黒っぽいのが解る。昭和も30年代に入ると「この街にも映画館が4件あってな…」的世界となる、しかしそれが石炭産業のピーク。で、危機感を持ったいわき市は(常磐ハワイアンセンターだけでなく)競輪事業に進出する&飯塚市はオートレースに手を染める…っつう、3競オート打ちにお馴染みの時代がようやくやって来る訳だが、もちろんこの美術展にそんなモンは出て来ない。
 見終わって、山手通りを今度は目黒方面へ…通りの向かい側に行列店があった。
0ead567e.JPG
いやさすがに加わりません。地下鉄乗り継いで帰宅。

【追記】
 バクチ話に岩見沢競馬を加えなかったのは、炭鉱の街ではないから。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 25, 2009

 本来クリスマスが目出度いってのを前提にクリスマス・イヴが有るんだと思うが、あれだけハシャイでた街角が25日になるや一転平常モードに戻るのってちょっと酷くね?いやハシャイでた奴ら全員死ね!ウルシにかぶれろ!(←たむけんギャグ)とか言うつもり無いし、こんな事今さら声高に主張するつもりも無いし、

 クリスマス? 企業が作った流行に踊らされている日本人(笑) http://getnews.jp/archives/42072

「クリスマス撲滅!」とか言ってデモ行進するとかダセーよなって思うし23日にケーキ買って23日のうちに食っちゃう様な事もムキんなってる様でヤだし「ウチは浄土真宗だから」とか固い事言うつもりも無い、日本独自の風習である事は承知してるけど、でも、俺までバカ日本人の一人に外国人から思われるのは絶対に嫌だ。
 何でも外国人の言う事が正しいジャパニーズローカル思想って視野狭いね恥ずかしいねハハンw 等と言うつもりは全く無い(日本語も鯨食文化も、少なくとも俺は誇りに思っている)が、まあクリスマスに限らず、日本人が当たり前に思ってる事が外国人には奇異に映る事、は多々有る。東スポで隔週連載されているマーティ・フリードマンのコラムで初めて知ったが、日本に観光に来た外国人に一番人気の記念撮影ポイントはアキバでも浅草でもなく、渋谷のスクランブル交差点なんだそうだ。その浅草寺は「宗教施設なのに厳かさ、息詰まる様な重々しさが感じられない」と日本人には思いもよらぬ指摘をする。「しかも関係無い業者が参道で商売してこんなに賑やかで、欧米じゃ絶対有り得ない」なるほどねえ( ´-`)y-~~~
 日本にしか無いオートレースや、ほとんど唯一な競艇競輪(日本から輸出された韓国のそれもそれほど運営は上手くいってないそうだ)。競馬も、主催者のトータリゼータ馬券が売上を独占し、しかもその売上が世界一っつう異常な状況。外国人の目にはどう映ってんのかねえ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 24, 2009

 掛かり付けの整体に行ったらエレヴェーターが定期点検中orz なもんで脇の非常階段をエッチラオッチラ8Fまで上がる羽目に。たりぃ。施術を受けながら「東京タワーの非常階段駆け上がり競争って有るやないですか、あれアホでしょ」「ハハハハ」「どっかの神社で石段何百段とか、あれ一直線だけど東京タワー螺旋ですもんね、コーナリングテクニック要る」「ハイハイ」まあそれがゲーム性っつう事になる、単に速い者が勝つ訳じゃないっつう、その競技ならではの独自性となるのだが。
 オートレースだって、ただ単に速い奴が勝つ仕組みにしたいなら一直線に3100走れば良い(ハンデさえ切ればギャンブルとして成立させられる)。でもそれプラス、コーナリングテクニックも競わせた方がギャンブルとしてより面白くなるでしょ…っつう訳でクローズドのサーキットにし、らにバクチとしてのヴァランスを考慮した上での現行のオーヴァルコースとなったのであって。マシンの規格変更は確かに大ごとだが、ダートからアスファルト走路になったのだって当時は大事件だし選手は大変な苦労だったろう。ネット見てると「周長詰めろ」っつう信じ難い意見をたまに見掛けるが、それがどんなにゲーム性を激変させ、選手に苦労と危険が伴うか解ってない、きっと脳でなく脊髄で考えるタイプの人なんだろうが、それにしても、ねえ('A`) 周長そのままにカント立てる(or寝かせる)だけでも一変するのに。
 これは競馬でもそうだし競輪ももちろんそう。いわき平競輪場は今の形に改装する際、バンク規格を全く変えてしまったため、客は予想データが無になるわ選手もバンク特性が解らぬまま戸惑いつつ走ってたから展開予想もヘッタクレも無いわでワヤだった(←改装直後の話。今はある程度開催数をこなした事でデータも再構築された)。競馬だって、阪神で初めて洋芝オーヴァーシードした時なんか、馬場特性を掴むのに皆必死だった。
 まあアレだ、賭けの根幹に関わる部分を、んなに頻繁にイジるなっつう事ですよ、バクチ客に対して。してみるとパチ屋の新台導入ペースって、目まぐるし過ぎね?よう皆付いてけるよなあ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 23, 2009

 今日は単に開催、ってだけじゃなくテーマ性の有るものばかり。船橋オートはもう2年半ぐらい行ってないし、カオス必定のスーパースター王座決定戦に行くつもりは無いから年内ラストチャンス。伊勢崎オートは年内開催最終日。大宮競輪は『日本ちゃり党』が有るし(当日、イヴェントが有る訳ではないが)立川は場内改装&武蔵小金井まで高架化完成明け、花月園は今年度限りで廃場だし3月開催は平日で行けないし1、2月は俺的に不可能、行くなら今日しかない。でも、実際ホームとしてる人達と比べたら俺が感傷たって物凄く薄っぺらなものに過ぎず、そんなトコにお邪魔するのもねえ。未踏の地なら一度体感しておくべきではあるが俺は経験済、なら敢えてスルーすべきか。かくて開催してる場の中では一番好きだが一番テーマ性の薄い浦和競馬に決定。
 工事中の業務棟も大分形が見えて来た。
0feddc6a.JPG
6d1bbd62.JPG
位置関係からすると1号スタンドと接続させる気は無く、完成のアカツキには全部取り壊してオープンなスペースにするであろう事が伺える。
 馬券は×××〇〇。嫌な三連敗を8R一発で黒転させたまでは良いがホントに黒転させたってだけ、額があまりにショボい。もう少し増やしたいが9Rは千五11Rは千六と俺の嫌いな条件。メインのオーバルスプリントはどこからでも入れる上位拮抗メンバーだし一番人気ノースダンデーが馬体重二桁プラスとさらに悩ませる。同時併売の名古屋グランプリはどうやっても二頭で固いが三着以下は紛れも有りそうだし、では1.9倍(最終的には1.7倍!)しか付かない馬連にブチ込むのか。
 結論は名古屋一点ドン。アンカツが逃げたのには泡食った(場内も「オイオイ!」の声が挙がった)が2周目4コーナーで出来上がり(・∀・) 特観と新聞代電車賃引いたら浮きはたった2kぽっち、でも額の絶対値より、あの場でベストな選択出来たって事の方に充足感覚えつつ帰宅したら、競輪電投会員月報・ウイニングランが届いてて、中に花月園のリーフレットも同封されてた。年明け開催は当地ホームの97期生・小島歩のデビュー戦であり、その父・嘉昭も同時斡旋だそうな。意図的な配分だと思うが、つと胸が痛くなった('A`)
 あと昨春の船橋オート・黒潮杯の表彰式で池田政和に「おっぱいいっぱいチェリーパイ」とニジリ寄ってったチェリーパイが解散の報も。
水着芸人コンビ・チェリー☆パイが年内で解散、メンバーかっすんは引退 http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/71884/full/
お疲れ様(´・ω・`)

Places
Places

アーティスト:Jan Garbarek
販売元:Ecm
発売日:1995-08-07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 22, 2009

 昨日今日とサンケイスポーツと日刊スポーツは1面に有馬記念ネタを持って来た。きっと当日までこれで通すのだろう。
6876afc3.JPG
にしても芸人か。鳩山来留夫はいかにも格下だが、故・宇都宮競馬の厩務員歴も有るし、ノッチとの日米首脳ネタなら今年は外せんか。にしても原口ややっくん載せるなら何故バナナマン声掛けない。今なら重政豊でも良いが。コメ取れなくて急遽やっくん当たったのか?…まあ、そういう急遽の穴埋めが利くぐらい、競馬やる芸人多いのは確かだ。例えば今『アメトーーク!』で競馬芸人やるくらい造作もない。もっとも、広過ぎて面白くならなさそうな気はする。『アメトーーク!』って、越中詩郎芸人とか家電芸人とか「こんな企画成立するのか?」ってヤツの方が、己がマイノリティを何とか広めんと芸人燃えて番組弾けるんだよな。だから競馬でやるにしても、単複転がし芸人とか新馬芸人とか障害芸人とか地方競馬芸人とか、何か切り口を考えんと。
 そういう意味では競艇競輪オート芸人の方が、番組的にアリだ。もっとも肝心の人材が居るかっつう問題の方が有るが。競艇は故・横山やすしを筆頭に加藤茶→クワマンと続くラインの先が見当たらない。競輪は辻本茂雄?いや軸足競馬だもんな。自転車芸人は前やった時も競輪に話は繋がらんかったし。オートは…。営業来た芸人ならナンボでも居るけど、ねえ('A`) 強いて挙げればアントキの猪木?それか、昨秋の船橋オート祭伝説(5組呼んだうちの3組がその年M-1決勝に進んだ)ネタにするぐらいしか無いか。
 かつて餃子の王将を全国的に大ブレイクさせたこの番組に掛かれば、3競オートの人気復興なんて楽勝なんだけどなぁ。芸人にただ営業来てもらうだけじゃなく、好きになってもらう方法何か無いかねえ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 21, 2009

【武田修宏】アスリートの年収アップを! http://www.sanspo.com/keiba/news/091207/kbd0912071112000-n1.htm
>2009.12.7 11:12
>この季節、いろいろなスポーツがオフシーズンに突入しています。そこで、よく話題にのぼるのが、選手の年俸の話。「あんなにもらっているんだ!」なんてビックリすることもあるでしょう。
>実は、競艇選手も高額な金額を稼いでいるって知っていますか? その平均年収は、約1,600万円! 監督やコーチの起用法・評価などが年俸の額を大きく左右するスポーツとは違い、競艇の場合は、稼いだ賞金がそのまま年収に! 自分の強さが金額にしっかりと反映されることは、アスリートとしてやりがいがあるんじゃないかなと感じます。
>しかし、競艇はもちろん、スポーツ界全体でちょっと思うことがあるんです。それは、もっと高い報酬をアスリートはもらってもいいんじゃないかなということ。身体のメンテナンス費はそうとうなものですし、アスリートとしての実働年数も少ない。しかも、危険がともなったり、ときには国を代表して戦うこともあります。
>いろいろな意見はあるかもしれませんが、もっとアスリートがやりがいをもって活躍できる環境が整うといいですね!

バブル経済もJリーグバブルも経験してる武田からしたら、後輩達が不憫に映るやろな('A`)
 学校で算数習うのは「生きてく上で金勘定出来んと苦労しますよ」ってだけじゃなく、論理的思考を身に付けるのも目的の一つだ。同様に、体育はソッチの才能を見出すだけでなく、成長促進や健康維持や容易に諦めない精神力を養うのも目的な筈だ。で、社会に出てからもスポーツしてる人が居る。個人の趣味でやってる分には誰も文句は言わない、オリンピックやワールドカップやMBAのタグイで活躍する人達は尊敬の対象となる。ではその間の層は?競技の発展や、素質有る選手が上がって行けるシステム作りのためには両者が地続きである事が望ましい、しかし趣味で済まない力の入れ方をするには相応の金が掛かる。そこで企業にバックアップを募り、企業側は広告宣伝費として処理するという手法が取られて来たが、長きに渡る不景気で広告費そのものを見直す動きが増えて来た結果、企業スポーツの意義が問われ出した。んな道楽する金有るなら株主に回せ、従業員リストラする前にやる事有るやろ、と。企業税制を変えてスポーツへの支出に優遇措置を取れば良いのだが、国の税収減になるし、そもそも民主党は東京オリンピック誘致にも及び腰だった。ぶっちゃけ、日本で非ギャンブルスポーツは縮小の一途を辿るだけだろう。

【トリニータ】再建計画、きょう提出か http://www.oita-press.co.jp/localSports/120726999419/2009_126135795156.html
>[2009年12月21日 10:08]
>Jリーグから見直しを求められている再建計画は21日に提出する方向で調整されそう。“空席”の新社長を決めることと、約4億円のコスト削減などが必要とされている。しかし、ともに難航しており「見直すすべがない」(大分FC)という。
>25日には選手らに給料を払わなければならず、契約業者への支払いを含めて12月中に約2億円が必要。2億5千万円の追加融資が認められなければ、クラブ存続が危うくなる。
>シーズンパスは5日に発売されたが、18日現在で約500席と低調な売れ行き。再建計画では前年比約2倍の1万3千席を目標としている。
>大分市明野の男性(41)=会社員=は「家族5人分で6万円は超える。追加融資を受けられずに倒産した場合、お金が戻ってくるのか心配」と購入を保留しているという。

【プロ野球】不況が「銭闘」を直撃 大幅ダウンの選手続出 http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/091215/bbl0912151856007-n1.htm
>2009.12.15 18:55
>厳しい経済状況がプロ野球の契約更改を直撃している。協約で定められた制限を超える大幅ダウンの選手が続出。一時は青天井ともいわれたプロ野球マネーもいよいよ頭打ちといえそうだ。

かくて、行き場を失ったり見切りを付けた選手の中には、ギャンブルスポーツに転向する者も現れる。最近の有名ドコロでは競輪の武田豊樹か(スケート出身)。異種目からの参入のし易さがメリットだが、競艇は↑の通り、オート31期生の募集もモロに高収入をアピールしている。昔、TBSの『世界バリバリ☆バリュー』で、スポーツ選手の生涯収入平均で2〜4位が競艇競輪オートだっつって特集組んだ事が有ったが、今みたいなご時世なればこそ、金で釣るのは効く。3競オート的には不景気に感謝か。いや、不景気も度が過ぎるとシステムの根本、馬券舟券車券売れんくなるから困るけど( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 20, 2009

 M-1グランプリはまあ順当な結果だったのではないか。出演順に泣かされたナイツは後の方の出番だったらノンスタともっと際どかったんじゃないかって程度で、それ以下はハッキリ差があったし、2本目のネタも出来の差は歴然としてた。にしても笑い飯、2本目あのまま野球で行くのかと思いきやチンポジか…('A`) 刹那、「ないな、パンク一発ツモだな」と思ってしまった。「鳥進一」「手羽真一」の被せで爆笑させられた笑い飯の1本目のネタは、大会史上初の100点満点を島田紳介に出させたが、それによって自身への2本目のハードル上げちゃった感もある。つっても自信あるネタ2本作れなかった時、良い方をどっちに持ってくかってのは賭けだ。前の演者がソコソコ止まりで600点代皆無だったらチンポジを一本目に持って来る事も出来たかもしれんが、そうならなかった以上やむを得ないか。にしてもよりによってチンポジ…他にもネタあったろうに( ´,_ゝ`)
 これで思い出したのが『バランス相撲』ってゲーム。俺の子供時分、トミーポケットメイトっていう、カセットテープのケースサイズでシリーズ化されたゲームがあって、その中の1つだ。赤と青の麻雀牌サイズのウエイトが6ヶずつとシーソーから成り、それぞれのウエイトには横綱〜前頭二まである、もちろん番付が上の方が重いが外見からは判らない。で、向き合って、いっせのせで牌を乗せる(印字が相手に見えない向きで)→重い方が勝ち。シンプルそのもの。ところでこれ、前頭二は、前頭二同士の取組でない限り必ず負ける。そこで前頭二は相手の横綱にぶつけ、残りの取り組み全てで相手より一枚だけ強いのを戦わせれば、トータルで5勝1敗する事が出来る。で、「給食のオカズでも遠足のオヤツでも好物から食う奴だから最初に横綱か大関持って来るだろ」とか読み合いする訳だが、時には前頭一で勝っちゃって「しまった!あ、いや(・∀・)ラキー 」みたいな事も起きる、その駆け引きが実にスリリングだった。これでカネ賭けたら漫画『カイジ』で使えるかもしれん。
 まあ結局ね、順番って大事ですよ…ってトコしかバクチ話と共通してない、コジツケにもほどがあるな。スマソorz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote