February 12, 2010

 明日の東京競馬メインはバレンタインステークス。JRAの常で施行条件はコロコロ変わってるが、在籍頭数とその内訳に応じて随時変更する必要が有る(特定の条件だけ少頭数になったりフルゲートで除外続出になったり…が起きないよう、JRAは常に善処しなければならない)、重賞ならともかく特別競走程度で伝統伝統とあまり口走らない方が良いのかもしれん。それに、そんな特別の中では施行時期が限定されるだけ、このレースはマシな方だろうし。
 まあとにかく、社で過去のこのレースにまつわる四方山話をしてるうちパワフルボーイの名が出て、刹那、当時の事を思い出した。やはり土曜メインだったのだが、その年は降雪順延で月曜開催となり、俺は仕事中抜け出して新お茶の水駅からウインズ後楽園目指して歩いた。銀座でなく後楽園だった理由は覚えてないが、多分当時凝ってた障害戦か、何か早いレースを買いたかったのだろう。
 周辺の地形を知らない人のために説明すると、JRのお茶の水駅は堀割の様な構造。神田川の南岸の、河岸段丘の様になってるトコをJRが通り、すぐ南の切り立った崖の上にお茶の水の街が広がる。町名は神田駿河台、『台』の字が表す様に高台になってて、隣駅にしてウインズ後楽園の最寄駅・水道橋ではJRは高架になっている。線路は水平だが街並みの方が高低差が有るという事だ。つまり、お茶の水→水道橋の途中に強烈な下り坂が有る。でもって競馬が開催出来ないほどの降り方だったから二日経っても溶け切っておらず、むしろ中途半端に溶けたのがまた凍ってアイスバーンになった、却って危険な状態に。もちろんコケたらいかんコケたらいかんと慎重にソロソロ歩いてたのだが、坂を下り切った、ちょうどフォステクスの辺りであーヤレヤレと気を抜いた瞬間コケた。それもツルッスッテーンっていう滞空時間の有るコケ方じゃなくて、足が地面に付いた瞬間目の前に青空が広がってる的な瞬コケ。にも関わらず、本能というか反射というか、きちんと後ろ受け身取れていた。あーコケてもうたという認識と同時に、基本に忠実に、身体と腕の角度は45〜60゚に開いてる自分に感動した。「俺の高校生活3年間は無駄じゃなかったんだ!越田先生ありがとう!」即座に体育教師の顔が浮かんだ。真後ろにコケてるのだから、ヘタすりゃ後頭部強打で生命の危機すら有ったのだ。
 肝心のバレンタインSの馬券の記憶は全くないのに後ろ受け身が咄嗟に出た、身体が覚えてた事への感嘆の記憶だけは鮮明に有る。すげーよな身体感覚って( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 11, 2010

 第一希望は浦和競馬だったが、何せ昨日の時点では今日は雪予報。それも視る番組ごとに降り方が異なる(南側がヤバかったり北側だったり、遅くなってから降るのか朝からなのか)、まぁあ判断に悩む。開催中止とか途中打ち切りとかの事態が有り得る以上は帰りに専門紙買っといて…てのはリスキーに過ぎる、かくて手ぶら帰宅しちゃったもんで何か半端な気持ちのまま寝ちゃって、そのせいか目が覚めたらもうエライこっちゃだわな時刻。雪こそ降ってなかったが引き籠る事に決定、『笑っていいとも』視た後CSで浦和(with佐賀記念)と浜松オートをハシゴ。心が折れてしまってるので視るだけ、百円すら買わず仕舞いっつう珍しい一日。
 これだけじゃあまりに何なので、別の話。井ノ原快彦の人生について考察してみる。

V6解散! 解散で売れるメンバーと売れないメンバー http://npn.co.jp/article/detail/59218242/
>2010年02月11日 14時10分
>今週発売の「週刊文春」がジャニーズの人気グループ・V6の年内解散情報を報じている。
>V6は95年9月にデビュー。歌手活動を中心に、そのうちバラエティー番組にも進出。ここ数年は各メンバーのソロ活動も増えてきたが、特に多忙なのが、解散を言い出したとされる井ノ原と岡田だ。
>「井ノ原は3月にスタートのNHK朝の情報番組『あさイチ』でキャスターをつとめることが決まり、平日の朝が埋まってしまうから、その合間をぬってコンサートツアーや他の仕事をこなすのはかなりキツイ。」(芸能プロ関係者)

5年前10年前、V6がまだアイドルだった時点で、V6一番の勝ち組がイノッチになると思ってた人がどれだけ居ただろうか?
 NHKの平日朝、帯でレギュラーったらザ・品行方正って人でないと務まらないしそもそもオファーも来ない。いや、それ以前から簡保のCMやってたが、これって元は郵便局、郵政省だ。でもってオリンピック特番メインMCだろ。

バンクーバー五輪:イノッチ&大橋未歩アナがテレ東“五輪の顔” http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20100116spn00m200005000c.html?inb=yt
>テレビ東京のバンクーバー五輪中継のキャスター陣が15日、発表された。
>メーンキャスターにV6の井ノ原快彦(33)を起用。スポーツキャスター初挑戦に井ノ原は「自分自身にとっても興味あることなので、仕事を忘れて盛り上がってしまいそう。バンクーバーとは時差がありますが、期間中はオールナイトで楽しみます!」と意気込んでいる。
>2010年1月16日

もうどんだけ模範生なんだよ( ´-`)y-~~~
 一体に、芸能界、芸能人、タレント、歌手、アイドル、アーティストetc.そういう側面に於いて、品行方正ってタームは必ずしもプラス材料とはならない。実際、アイドルとしてはV6の中で主要メンバーという扱いはされて来なかった訳で、でも、であるが故に結婚も許され、後に今日(こんにち)の地位を築く。やー、ウサギとカメとかアリとキリギリスとかいった言葉が脳裏をよぎる。アレだ、俺もバクチなんかにウツツ抜かしてないで、真面目に仕事してりゃ今の何倍かマシな日々送ってたのかねえ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 10, 2010

釣りバカ鯉太郎が3月JRA騎手デビュー http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20100210-594379.html
>スクリーンからターフのスターへ。国民的映画「釣りバカ日誌」に西田敏行演じるハマちゃんの息子鯉太郎役で出演していた子役が、JRA騎手としてデビューする。異色の経歴の持ち主は9日に競馬学校卒業式を迎えた菅原隆一(17=美浦・保田厩舎)で、父隆明さん(50)は元ジョッキー。10日発表の騎手免許試験に合格すれば、晴れて3月に初陣を迎える。大物を釣り上げろ!
>鯉太郎が馬乗りになる。競馬学校の卒業式を迎えた菅原は「明日からはプロになる。気持ちを切り替えていきたい」と愛くるしい表情から一転、引き締まった騎手の顔を見せた。
>先に足を踏み入れたのは銀幕の世界だった。小学校1年生から子役を始め、98年の映画「らせん」で佐藤浩市演じる主人公の息子孝則役でデビューを果たした。その後も01、02年の「釣りバカ日誌」で西田敏行演じる主人公浜崎伝助の息子鯉太郎役を熱演。役者としての経歴は折り紙付きだ。「知り合いが子役をやっていた影響で、親が薦められたみたいです。気が付いたら子役になってました」。にもかかわらず、心は馬乗りの世界に向いていた。
>元ジョッキーで174勝を挙げた父隆明さんの影響で、幼少期から騎手の存在が身近だった。「父の乗り姿は覚えていないけど、初めて知った職業は騎手だった。すごく格好いいと思った」と目を輝かせた気持ちは変わらず、小学校5年から俳優業に並行して乗馬を始めた。「佐藤浩市さんには、今もあこがれています。でも、親から中学校1年のときに、俳優か騎手、どっちかにしろと言われたときには迷わずこの道を選びました」。
>2冠馬セイウンスカイを出した保田厩舎で調教助手を務める父は、温かく見守る。「無事にここまで来られたことがうれしい。まずは自分を超えてほしいし、息の長いジョッキーになって欲しいですね。同じ厩舎で仕事をするので、近くにいてくれて安心です」と1人息子の晴れ姿に目尻を下げていた。順調に卒業試験合格を果たせば、3月にデビューする。
>目標とする騎手は武豊。「すごい馬に乗りながらも、プレッシャーをはねかえして技術を出せる。そんな騎手になりたい」と口元を引き締める菅原は、すっかり鯉太郎からプロの馬乗りへと変わっていた。【松本岳志】
>[2010年2月10日8時22分 紙面から]

競馬サークルの芸能活動っつうと武藤師の娘が有名だが、菅原隆明の息子はもっと実績凄いんだな。にしても懐かしいなあ菅原隆明って。すぐドースクダイオーとキタノイチジョーの名が浮かぶが、次が…って人で、でも騎手って最初に所属する厩舎で人生半分以上決まっちゃう様なところが有る、成績や実績と腕は必ずしもシンクロしない。だからそれは言いっこなし。

>まずは自分を超えてほしいし、息の長いジョッキーになって欲しい

ああ親心。頑張りや(´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 09, 2010

カッコイイ引退って!? http://www.sk6.jp/archives/speed/1203/
>2010年02月09日(火)
>2人:どーもー、スピードワゴンです。
>井:知ってる? ボートレースの平均引退年齢って53歳なんだって。
>小:意外に選手寿命が長いんだね。
>井:生涯現役なんて選手も出てくるわけだ。
>小:そういうプロスポーツがあってもいいよね。
>井:確かに。
>小:潤は、引退って考えたことある?
>井:吐きそうなほどスベッたときに考えるかな。
>小:じゃあ、毎日だ。
>井:そんなわけねーだろ! 小沢さんはどうなの?
>小:晴れた日によく思うなあ。
>井:何で?
>小:仕事行きたくないな〜。引退しようかなって。
>井:それはただのダメ人間だろ! 仕事こなくなるぞ!!
>小:ボートレーサーは、限界を感じたら自分で引退を決意するのかな。
>井:個人競技だからね。
>小:ある意味、それは幸せなことだよ。
>井:どうゆうこと。
>小:チームに所属していると、解雇なんてザラじゃん。
>井:厳しい世界だからね。
>小:まあ、アスリートが引退するなら、絶頂時に引退するのがカッコイイと思うな。
>井:ボロボロになるまでやるより?
>小:そう。だから、ボートレーサーにもそんな引退をおすすめするね。
>井:よけいなお世話だと思うよ。
>小:ターンとかしている時に、「人生で一番の絶頂だ」って思ったら、そこでエンジンをきって引退するの。
>井:危険すぎだわ! そんなこと言っていると、本当に怒られるぞ!!

まあ60秒漫才にはなってるな。

 川口オート:過去レース結果

まいったね関口の優勝たぁ('A`) 後ろで事故が有ったし、一度は捉える勢いだった早船がタイヤ終了しちゃった幸運も味方したとはいえ、ついこの前引退した秋田パパの最年長優勝記録も塗り替えちゃったよ。テレ玉『バッハプラザ』によると優出が6年8ヶ月振り、優勝そのものに至っては何と19年半振りだと。それだけ不振が続いても諦めない精神力!凄し。最初の漫才よろしく引退しちゃっててもおかしくないし、「こんなサラリーマン選手が大量にしがみついてるから経営が圧迫される、どんどんクビ切れ」的な事を言いたがるヤカラもネット論壇には居る。

さっこのブログ 〜フリーアナウンサー 鳥谷部咲子です〜 http://blog.sakko19800729.com/?eid=1147532
>毎回 朝の取材が一切できない関口選手。
>その理由は、というと
>いつも一番に練習にいき、 また調整・タイヤかえて、 練習、、、というのを ヘルメットをはずさず繰り返しているからです。 いつも忙しそうです。
>以前 『自分のバイクが仕上がっていれば練習なんていかなくてもいいんだけどな。。。 最近の若い選手はとにかく早くて。』  といっていたのがとっても印象的でした。

62にして練習の鬼だもんな。『バッハ』の優勝インタヴュー視てても本当に実直そうな人柄が伺えて。何かこう、報われて良かったなっつうか(´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 08, 2010

 スポニチの芸能面で先週から東尾修が『我が道』なるコラムを連載してるのだが、そのモノクロ写真が太平洋クラブライオンズのユニフォームだったのが社でウケた。そういや昨日、川口オートに行く前『笑っていいとも増刊号』をちょっと視てたのだが、先週O.A.7000回を迎えたそうで、その第一回当日の新聞ラテ欄を見せてたのだが、ゴールデンの時間に『巨人×大洋』って有ったのには時代を感じた。

 余談だが、この年は●4月:旧500円硬貨発行
 ●6月:東北新幹線大宮〜盛岡間暫定開業●
 10月:世界初のCDプレーヤー発売●12月:テ
 レホンカード発行。この年のヒット曲として
 ●マイケルジャクソン「スリラー」●松田聖
 子「赤いスイートピー」●薬師丸ひろ子「セ
 ーター服と機関銃」●松本伊代「センチメン
 タルジャーニー」

…何ともはや( ´-`)y-~~~
 俺が電投口座を最初に作ったのは競輪だが、当時はネットバンクなんつうもんが存在すらしてなかった(だからいちいち電話し書類を取り寄せ銀行出向いて専用口座を開いたのだ)。でもって、この時既にオート競馬も口座を作る腹積もりで、その際どの通帳がどれだっけとまごつかん様(各通帳の表紙に『競輪』とかマジックででっかく書いとけば良いのだろうがあまりにマヌケだ)種目ごとに銀行を変えた。競輪はさくら銀行(現・三井住友)、オートはあさひ(現・埼玉りそな)、中央競馬は住友(現・三井住友)。SPAT4は富士(現・みずほ)で作った同僚が「キャッシュカードにロゴ入ってて格好良いぞ」と言うんでみずほにしてみたら本当にそうだった(みずほで作ると他競技もそうなのか、SPAT4はどこの銀行で作ってもそうなるのか、は不明)。あとD-net(現・オッズパーク)は東海(現・三菱東京UFJ)。…まあ、これはこれでマンドクセ、なんだけどさ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 07, 2010

 風上に向かって歩き難いわ駐輪場の自転車将棋倒しだわの暴風下の川口オートに着いたのは3レース締切直前。先週の記念は午後んなってからだったくせにヒラ開催早くから来るってどういう了見だと突っ込まれそうだが、とにかく正門の新聞売りのオカーサンからタイムスを買い「風強いねー」と挨拶(←こんなのを違和感無くこなせる歳んなってしまいましたとさ)しつつ特観へ。
b2c15181.JPG
 オートは競艇競輪と違ってハンデ制、だからヒラのショボメンでもギャンブル性がスポイルされるという事が無い、いやむしろ高まる。記念で活躍しまくりの若手快速型がこういうヒラに斡旋されてロングハンデに置かれて、それで人気んなって捌けず届かずの好配当…とか。SGだと良いトコ0・10の短ハンデ戦で優勝戦は判で押した様にオープン、S出たなりの競艇状態ばっかなだけに、むしろヒラの方が俺なんか楽しいもんだが。
 車券はド固いのを一本仕留めた後は大不振。惜しい、もう一考えで獲れてたな…ってレヴェルでないソッポを連発。それでも最終一発で黒転に成功、つっても3100円なら特観に新聞ビール引いたらキレーにプラマイゼロ。…いやまだ往復の電車賃320円がマイナスか、ってまあこの程度なら一日エンジョイ出来たと喜ぶべきか。いや最後追い込まれてたのを帳尻合わせただけだから楽しいってのとは違うか、でも漢(おとこ)の修行、人生修養と思えば何てこたぁない(`・ω・´)!
 帰りは先週我慢した喜多方ラーメンを横目で見つつ…結局食う。何、コレステロールったって、毎日ならいざ知らず月イチなら構うまいと判断。やはり美味(´∀`) その後306の冬物バーゲン覗いてちょっと買って帰宅。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

February 06, 2010

子午線移設で2兆円効果を!? 早起きニッポン研究会、今夏提案へ http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100205/trd1002051253003-n1.htm
>2010.2.5 12:52
>日本の標準時のもととなる子午線を、兵庫県明石市を通る現在の東経135度から東に15度移し、標準時ごと1時間繰り上げてしまおうという壮大な計画を、元行政マンが発案。今年夏にも国に提案する方向で、5日午後に初会合を開く学識者らの民間組織「早起きニッポン研究会」で協議を始める。日本人の生活リズムを変え、省エネや経済発展につなげるのが目的で、効果額は約2兆円に上ると試算。海外には子午線を移した例もあるといい、発起人は「ぜひ実現したい」と話している。
>発案したのは、平成9(1997)年に京都市で開かれた国連の第3回気候変動枠組み条約締約国会議(COP3)にもかかわった元市職員、清水宏一さん(64)。清水さんは、京都議定書を生んだ会議に接する中で、欧州諸国の多くは国の東側に子午線がひかれ、朝を早く迎えてエコや経済活動への効果を生み出していることに気づいた。
>子午線変更の実現可能性を模索する中で、多岐にわたる専門知識がいると判断。大学教授などさまざまな専門家で構成される「関西活性化研究会」の部会として、早起きニッポン研究会が立ち上がった。
>子午線変更で1時間の繰り上げが実現すれば、夜間の消費電力が減るほか、労働効率が上がり余暇も増え、文化活動も活発化するとみられる。財団法人・日本生産性本部(東京)は、国全体で時計を1時間早めるサマータイムを実施すると、年約9700億円(15年度調べ)の経済効果があると試算。清水さんは子午線をずらし、恒常的に時間を繰り上げることで「経済効果はサマータイムの約2倍になる」とみている。
>明石市立天文科学館によると、海外ではキリバスが観光活性化のため、標準時子午線を変更して「世界で一番早く1日を迎える国」にしたほか、豪州やベネズエラでも経済活性化などのために変更したという。
>子午線変更には、最終的に国会決議が必要となり、明石市との協議なども欠かせないとみられる。清水さんは「子午線の変更は国内初の試みで予想がつかないことも多い。今後、研究会で意見を聞きながら模索していきたい」としている。

サマータイム制の趣旨は解るが、アメリカやカナダの様に同国内で時差が有ったりヨーロッパの様に長距離列車に乗ってる間に何度も時計直したりする習慣は日本には無く、いきなり導入しても大混乱に陥るのは目に見えている。だったら夏の間だけ切り換えるなんて半端な事せず標準時丸ごと繰り上げちまえ!っつう発想は、大胆ってば大胆だが確かに理に適ってはいる。
 で、これが導入されたとして3競オート的にはどうか。銀行は、1時間繰り上がった標準時に準じるだろうから、電投扱い時刻の制限も自動的にスライドする。て事はナイター開催も同調する→照明点灯時間が1時間減ってその分経費削減にはなるが、正味のナイター満喫時間も1時間減る。ビミョーだな('A`) 昼開催はどうか?競艇競輪オートでは普通に同調するだけだ、でも競馬は調教時刻を1時間繰り上げる事はおそらく出来ない(今よりさらに真っ暗な中で始めなければならなくなる)、て事は標準時からすると繰り下がる事になる。これ、中央競馬は問題無いけど、平日開催の地方競馬だと夕ラッシュと被って反対派からヤイヤイ言われる危険性は有る。一方、薄暮開催には有効に働く、会社帰り客の本場参加機会が二レース分増える事になる。んー…競馬以外ではプラス、なのかなあ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote