November 09, 2009

浦和記念、JRAからの出走予定馬発表 http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=41347&category=B
>25日(水)に浦和競馬場で行われる第30回浦和記念(3歳上、交流GII・ダート2000m、1着賞金4000万円)におけるJRAからの出走予定馬が発表された。
>JRAからは3日に行われたJBCクラシック(交流GI)2着のマコトスパルビエロ、ブリーダーズゴールドC(交流GII)など重賞8勝を挙げているスマートファルコンなどが出走を予定している。出走予定馬は以下の通り。
>( )内は性齢、所属・騎乗予定騎手
>【JRA所属馬】出走枠は4頭
>スマートファルコン(牡4、栗東・岩田康誠)
>ダイショウジェット(牡6、栗東・未定)
>ボンネビルレコード(牡7、美浦・的場文男)
>マコトスパルビエロ(牡5、栗東・未定)
>2009年11月09日

揺るぎないなスマートファルコン(´∀`) 半年前にもネタにしたが、どうせ種牡馬になれる訳でないし着実に小銭拾い…ってのは一つの生き方だ。
 片や、GI7勝もしたブルーコンコルドが種牡馬になれず乗馬となった事が、各方面で結構な話題となっている。でもこれ、大いなる誤解が有って、まず競走の格付けと種牡馬選定レースとしての価値はイコールではない。オーストラリアの最高峰レースは言うまでもなくメルボルンカップだが、同国は世界でも一二を争う短距離王国、メルボルンCの成績など種牡馬の評価には一切影響しない。日本も同様で、歴代の日本ダービー馬が束になってもサクラバクシンオーの種牡馬成績に敵わないだろう。スプリンターを比較対象にするのは卑怯と言うならトウショウボーイでもサッカーボーイならどうだ。…せめて一頭だけでも最強クラスの馬を出せば種牡馬として格好は付く、シンボリルドルフがトウカイテイオーを輩出した様に。でも他は?…どうしても競走の格付けと種牡馬選定レースとしての価値観を揃えなければいけないのであれば、日本ダービーなんか止めてNHKマイルカップ一本にすれば良い。でもそんな競馬面白いか?
 地方競馬のダート交流重賞だが、その競走格はダートグレード格付け委員会が恣意的に決めたものだ。本来、競走格はJRAが今年新設したレパードステークスを未格付けとした様に、前年度の出走全馬のレーティングから決定されるべきものだ。しかし地方のレースで実際それをやると、地元馬枠の明らかにレヴェルの低い何頭かに引っ張られ、ほぼ絶対に格付けが下がる。それは興行的に良くないし、当時日本はまだグループI国じゃなかったからそこは目を瞑り、各馬が最大目標としてるレースをGIっつう事にしてそれ基準で格付けしちゃって良いよね、ね、ね、と(競走格付けは種牡馬選定レースとしての価値とイコールでなければ論、はここでも否定されたのだ)。

地方競馬情報サイト ダートグレード競走年間予定 http://www.keiba.go.jp/dirtrace/schedule.html

を見ると解るが、地方施行のGIIIに1着賞金2500万のものが有る。中央の古馬オープンは1着賞金2300万、200万しか違わない。しかも2着以下の賞金減額率が地方ほど急峻でないから、賞金総額では中央オープンの方が高い、これでもGIIIの価値が有ると言えるのか。同様に、中央のGIIIは1着3900万だが地方のGIIは4000万、ここでも総賞金の逆転現象が起きている。GII東海Sは1着5500万だからGI南部杯より上だ。(芝のレースだが)同じくGIIの阪神Cや札幌記念は7000万だから、GI川崎記念やかしわ記念をも上回る。そういう現実から目を背け『ヴァーミリアンGI8冠!』とか言われても、そりゃあ鼻白むってもんだ。
 ブルーコンコルドより成績や血統で見劣る(と思われる)馬で種牡馬入りしてるのも居るのに、という点でブルコンに同情の余地は有る(中山千二の京王杯2歳Sを勝ってるのだからスピードも早熟性も備わってる筈だ)が、でもそんな嘆き悲しむほどの事でもないと思う。ある程度競馬やってりゃ、これぐらいの事はまま有るものだ( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 08, 2009

 まがたま杯がオトナの事情で封印され、その代わりに去年から始まった川口記念。もう何のヒネリも無い、素っ気無いネーミングだったが後からサンケイスポーツ杯の冠が付いた、しかし今年は週刊実話杯として施行される事に。
14fd757d.JPG
f287d820.JPG
どうりで今年は、ここ2年やってた夏のイヴェント無かった訳だ。にしても一般紙スポ紙TV通信社と違い、こういう週刊誌が冠に付くのは3競オートでは極めて珍しい。しかもそれが3競オートの中で一番マイナーなオート(埼玉県央では一番メジャーなのだが)に付いてくれるっつうのは、実に嬉しいしありがたい。週刊実話は良い雑誌ヽ(゚∀゚)ノ 場内には実話持ったオヤジ多数、どうやら先着何百人だかに配ってた様だ。よっ太っ腹!
 車券は紛れそうなレースを巧く避けつつも詰めが甘く、4の1に終わる。マイナス150円。最終Rで高橋貢の捲土重来に賭けたのが間違いだったなと。しかしアレだ、大型ヴィジョンがオッズ表示の時一緒に映るから一目瞭然だが、三連単の売上って今二連単の十倍近く有るんだな。まあ展開読みのし易さでは競輪の比じゃないしねえ(俺は競輪は二車単、中央競馬は馬連か単勝がほとんどだ)。
 まあそうやって全R終了後はクリスマスツリー点灯式。ひと月半も前って早過ぎね?とは思うが、川口オートは毎年こうだから今さらとやかく言うこっちゃない。まずアカペラのグループが何曲か。
004a585e.JPG
最終R→夕練にはある程度の明るさが必要だが、それでツリー点灯なんつっても盛り上がらない、日が落ちてからの方がムードが出る、そのための時間稼ぎつってしまうとミもフタも無いが、でも充分な役割は果たした、実際退屈せんで済んだし。
 そいで牛澤支部長を先頭に斡旋中の川口選手全員が登壇。次いで市長、ゲストの麻丘めぐみ、公募だか抽選だかで選ばれた女の子とその母親が登壇。で、市長の挨拶終わりでスイッチオン。
4253d714.JPG
88c7d4c6.JPG
ひとまず前列から降り、選手達は子供らにお菓子詰め合わせを配るため降り、改めて麻丘めぐみ歌謡ショーってトコで後ろ髪引かれつつ撤収。明日早いし(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 07, 2009

 会社終わりで大井競馬直行。大井にしては極めて珍しい土曜開催、そのココロは入場無料のファン感謝デー。パドックに入れて
bb065c5a.JPG
本馬場入場通路を歩いて、
e8076c17.JPG
1cf55ebd.JPG
e2b3f123.JPG
f3b9ad54.JPG
本物ゲートや
715e3a74.JPG
1d6d6aed.JPG
eb9d7e26.JPG
165cdb2f.JPG
37556c04.JPG
スターターやハロー掛けの作業車やら
8d86f95d.JPG
20273386.JPG
に触れたり。埒を叩いてみたら明らかに中が中空な、でも金属ではない音なんで訊くと「グラスファイバーです」だと。なるほどそれぐらい軽くないと、内回り外回りの切り換えや埒外してスタンド前発走のゲート車収容して戻して、が速やかに出来んもんな。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 06, 2009

東小野正道6周目3コーナー的ブログ:進展するかな? http://blog.livedoor.jp/ichi2525/archives/51406252.html
>2009年11月06日
>前回のSGの時に参加選手が観覧席に集められて報告が何点かありその一つにタイヤの話がありました。
>内田会長曰く「ここ最近の重大事故、直線でのスリップ、不成立増加などをふまえ、タイヤのグリップ度を再考する方向です」との報告がありました!以前と全く同じ物には、今現在同じ材料が無い為不可能との事でしたが、グリップアップの方向な感じありありでした!
>選手負担が減りかつ安全に走れ、施行者も不成立の返金が減りなによりファンの皆様がタイヤの心配をしない車券戦術が出来る環境になれる様、三者三得出来る日が来ることを願い…
>ichi2525 at 00:33

やー、やっとあの忌まわしのタイヤからオサラバ出来るのね。やれ嬉しやヽ(゚∀゚)ノ とは言うものの、東小野が以前嘆いてた製造ロットごとの当たり外れはなってみないと判らない、ヘタすりゃ拡大する可能性すら有る。
 ロットごとにの当たり外れが有る事の存在を確信したのは、何冊かの本を読んでから。まず『日本の職人技/永峰英太郎(アスキー新書)』の、飛距離が2m違う、世界一の砲丸を作る職人の話だ。

 日本の職人技 松井のバット、藍ちゃんのゴルフクラブをつくる男たち (アスキー新書 040)
 
日本の職人技 松井のバット、藍ちゃんのゴルフクラブをつくる男たち (アスキー新書 040)

 著 者:永峰 英太郎
 販売元:アスキー
 発売日:2007-11-12
 クチコミを見る

そもそも、普通に規定の大きさで作ると(気持ち大きめに作ったものを削って調整する)、規定重量をクリア出来るものが大変少ないそうだ(重い分には不利だから構わなさそうなものだが、上限値も設定されてて、重量オーヴァーは不適格となる)。だから他メーカーでは、二つに割って中を繰り抜いたり・逆にその穴に鉄より重い鉛のウエイトを埋めたり、重量調整して貼り合わせる。しかしこの人は、旋盤削り出しだけで大きさ重量をビシッと合わせる。
 そんな事をする切っ掛けは、そもそもなぜ重さがそんなにブレるかの研究からで、削り出す前の鉄塊を作ってもらってる川口(!)の鋳物工場では溶鉱炉(=キューポラ!)に原料を入れる、その内訳は古い鋳物のスクラップ、一般鋼材のスクラップ、あと新品の銑鉄。しかし中を掻き回す訳にもいかないから、炉の中で鋳物由来の重い部分ほどが底の方に溜まる。それを砲丸の型に入れてくと、最初に作ったヤツの方が最後の方のに比べて当然重くなる。そして1ヶ1ヶの中でも、下の方に重心がズレる。それを踏まえて、重いヤツは重たい方を・軽めのヤツは軽い方を削る。もちろん見た目じゃその砲丸の重い部分軽い部分なんて判らないから、辺りが寝静まった夜中に一人旋盤を回し、削れてく音や、旋盤から返って来る手応えで感じ取るのだと。かくて重心がセンターに近付くため、飛距離も出るのだと。
 2冊目は『うまい酒は、なぜうまい/朝倉俊博(カッパ・サイエンス)』。

 うまい酒は、なぜうまい―「さらば悪酔い・二日酔い」の科学 (カッパ・サイエンス)
 著 者:朝倉 俊博
 販売元:光文社
 発売日:1994-06
 クチコミを見る

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 05, 2009

広報のおしごと 優木まおみさんが『みんなのKEIBA』MCに!! http://blog.fujitv.co.jp/koho/E20091104002.html
>2009/11/04
>『みんなのケイバ』が来年1月10日(日)の放送から、『みんなのKEIBA』 (午後3時〜4時)としてリニューアルします。
>MCは『みんなのケイバ』から引き続き、川合俊一さん、そして、ほしのあきさんが番組を卒業され、新たにMCとして優木まおみさん が参加します。
>そして、フジテレビで一番の競馬通の福原直英アナウンサーが戻ってきて、3人のMCで競馬の魅力を生放送でお伝えします。
>優木まおみさんは知的なスマイルで、新たな競馬ファンを発掘してくれそうですね。
>僕は缶コーヒーのCMでOL役を演じている優木さんの癒しの笑顔にノックアウトされています。
>また、『みんなのウマ倶楽部』は来年1月9日(土)の放送から、『うまプロ!』 (毎週土曜深夜25時5分〜30分)に。
>この番組は競馬場名物のフードやグッズ、競馬好きのアイドル“ウマドル”など競馬の発展に繋がるあらゆるものをプロデュースしていきます。
>MCはおぎやはぎとAKB48の篠田麻里子さん。
>アシスタントには壱岐尾彩花さんが参加します。
>来年1月からフレッシュな顔ぶれが加入し、生まれ変わるフジテレビの競馬番組にご期待下さい。
>投稿:でいこ | 10:55 | でいこ

いや期待出来んわ('A`) 特に『うまプロ!』の方。
 まず『みんなのKEIBA』だが、優木まおみについては前書いたので繰り返さない。一方、福原アナなら安心だ、大プラスポイント。何たって過去『うまなりくん』で、さとう珠緒と爆笑問題の2人を相手に自分の真っ当な予想を披露してたのだから。自称じゃない、紛う事なきCX一の競馬通だ。しかし番組開始時『芸能界でも有名な競馬通』って触れ込みだった川合があのテイタラク、そこが手付かずなままじゃねぇ( ´,_ゝ`)
 でもって『うまプロ!』だ。この番組内容だと、スポ紙6社の記者予想ガチ対決は継承されなさそう。これ使えるコーナーだったんだけどなあ。でもって番組前半のオチャラケ企画も、ほしのあきに木下優樹奈にアンタッチャブル&おぎやはぎ(1週起き)と来ればもう外し様が無い人選、競馬に何の興味も無い人にも観賞に耐えるヴァラエティとして成立してたし、それは新たな競馬ファンの開拓にもなったろう。しかるにこれは、ねぇ…。まあ、まんま『みんなのウマ倶楽部』に篠田いきなり放り込んだら完全空気だから変えざるを得ない、てのは解るけども。非常に不吉な予感がするんだが…( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 04, 2009

新居で競艇送迎バスと正面衝突 軽乗用車の女性死亡 http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20091104/CK2009110402000170.html
>2009年11月4日
>3日午後4時25分ごろ、新居町新居の国道1号で、湖西市鷲津、保育士彦坂幸恵さん(25)の軽乗用車が対向の大型バスと正面衝突した。彦坂さんは全身を強打して死亡。バスの乗客12人が首筋を痛めるなどの軽傷を負った。
>新居署の調べでは、現場は片側一車線で見通しの良い直線道路。軽乗用車が対向車線にはみ出していた。
>大型バスは、同町の浜名湖競艇場の客を運ぶシャトルバス。事故当時JR浜松駅に向かっており、30人ほどが乗っていたとみられる。
>現場付近の国道1号は事故処理のために午後7時ごろまで通行止めとなり、周辺で渋滞が起きた。
>現場に近い飲食店の男性は「ドーンというかなり大きな音がしたので見に行くと、女性が車の中でぐったりしていた。バスの客も寝かされて救急車に乗る人もいた」と話していた。

まずは亡くなられた方のご冥福を祈りたい(-人-)
 さて、バクチ打ち的にだが、これアルトラパンだから軽症で済んだが4甜屬箸だったら、最悪こっちだって命に関わる。そこまで行かんでも、このケガで会社休むとかなったら上司や家族縁者の心証も害するかもしれん。バス自体も、衝突安全基準は何度か変更され新しい車両ほど強化されてるが、3競オートの送迎バスに最新鋭車両が使われる事などまず無いし。
 そいで自営手段だが、ハッキリ言って、無い。こっちの運転手が事故る気無くても貰っちゃったら、どうしようもない。まあ一つだけ言えるのは、バスヲタが『ヲタ席』と呼ぶ前ドア直後(左前輪の上)に座るのは避けた方が良いって事ぐらいか。見晴らし良いし酔わずに済むトコなんだけど、ね( ´-`)y-~~~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

November 03, 2009

 七三か八二で伊勢崎オートに行くつもりだったのだが、川口勢で唯一期待出来た高橋義弘が雨に泣かされた上に致命的不利で優出を阻まれた時点で心が折れてたのかもしれん。目覚めたらえらいこっちゃな時刻で自動的に本場行きを断念、大人しくCS観戦。そんな日本選手権はキムタケの快勝だった。
トーケイ杯SG第41回日本選手権オートレース http://autorace.jp/archives/kaiko/2009/1103_senshuken.html
好発から狙い済ました差し一発、あとは独走。貢は何度もバックで滑らせてたのはタイヤだろう。最終1コーナーで茂を差し返したのはNo.1の意地か、でもまたすぐバックで差し返された辺りが万全でなかった事の証左だ。
 にしてもグランプリ→選手権ってコンボだなもう。昨秋の永井も、茂もそうだし。また、このままスーパースター→全日本選抜までブッコ抜くのかねえ( ´-`)y-~~~
 あとアレだ、伊勢崎のお客さんってアツいな。TV視てるだけでも熱気、熱狂振りが伝わって来るもの。客席の音声をマイクがよく拾うのも効いてるけど、それ以前に皆オート好きなんだよな。やっぱ行きゃあ良かったかな、とちょっと後悔。去年のグランプリの時もそうだったっけか。
 JBC?あー、やってたんだよね。でもそんな余裕、全っ然無かったんで('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote