April 11, 2017

浅田真央、ブログで現役引退報告「笑顔を忘れずに前進していきたい」 http://www.hochi.co.jp/sports/winter/20170410-OHT1T50221.html
>2017年4月10日23時5分 スポーツ報知
20170410-OHT1I50144-L 浅田真央 http://www.hochi.co.jp/photo/20170410/20170410-OHT1I50144-L.jpg
>女子フィギュアスケートの浅田真央(26)=中京大=が10日、ブログで引退を表明した。

電撃引退。確かにショッキングではあるし寂しかったりもするが、でも正直、一緒にするな!と怒られるかもしれないが、奇しくもラストランを終えたばかりのメイショウマンボとタイミングが被った事もあり、辞め時を逸しちゃったなあ…って印象が強い。

メイショウマンボ、ラストランは14着 今後は繁殖牝馬に G1・3勝 https://www.daily.co.jp/horse/2017/04/09/0010078908.shtml
>2017.4.9(Sun)
>「阪神牝馬S・G2」(8日、阪神)
>引退レースとなったG1馬のメイショウマンボは後方待機策から末脚爆発を狙ったものの、往年の切れ味はなく14着に終わった。

ゼニカネになる選手だからスケート協会が引退させてくれなかった…なんてマスコミ話も出てたぐらいだし(←外野には事の真偽は判らないが)、何かの大会終わりで…っていうんじゃない、こういうイレギュラーな時期にイレギュラーな形での発表っていうのは、やっぱいろいろと推測しちゃうよなあ。それでなくてもフィギュアって、加齢によるスピードやパワーの衰えをテクニックでカヴァー出来る競技じゃない、最初からテクニック勝負な種目だ。そのテクニカルな面で抜かれちゃったらもう巻き返せないよなあ。
 マンボにしたって、馬主は「このままじゃ尻すぼみで引退って言われる、これじゃ終われん何とかもうひと花」って腹積もりだったのだろう。それは凄く解るんだけど叶わなかった、結果論は承知の上だが、晩節をもっと汚しただけになってしまった。昭和の時代の話になってしまうが、牝馬三冠を【1】【1】【2】着とマンボ以上の実績を誇るマックスビューティもその後はオープン特別を1勝しただけ。牝馬って、一度崩れるとほとんど例外なく、立ち直れずに終わってしまうよな…と。
 外野が勝手に言う非礼は承知しているが、いや本当に引き際って難しいよな、と(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 10, 2017

 桜花賞の前日発売、10時45→50分にソウルスターリングの単勝に3000万以上の買いが入っている。
IMG_20170409_201744
他の時間帯にも百万単位の買いは結構見受けられるが、さすがに一桁違うのは他になく、だから少なくともこの3000万は一人の人の投票だろう。結果的にはお気の毒さまご愁傷さまだが、しかし手口としてはなるほど納得だ。
 大口買いの悩みはチョウチン買い付けられてオッズ下げられたら困るって事、だから人気薄の馬で勝負するなら締め切りギリギリまで買わないで、払戻金発表されて「しまった異常投票入ってたのか」と思わせるのがベストだ。対して、人気馬に行く場合は50万ずつ60回とか30万を100回とかに分散させ、他の投票に埋没させて「大口なんか入ってません」って見せるのがセオリー。しかしそもそも1番人気と判ってる馬だったら、前売り開始早々にドカンとブチ込んで1.1倍とかにしてしまって、他の大口入れようと思ってたライバルに「これじゃ買えんわ ┐( ´〜`;)┌ 」と気持ちを削いでしまう方が有効だ。残念な結果に終わったとはいえやるじゃん、バクチ打ちとして尊敬出来るもの(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 09, 2017

予算はいくら? Dr.コパさんが語る“GI祝勝会”の舞台裏 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/203186
>2017年4月9日
449ee63e6f368867a27f94fe08c2106420170408131214371 14年フェブラリーSでコパノリッキーがG1初勝利(C)日刊ゲンダイ https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/203/186/449ee63e6f368867a27f94fe08c2106420170408131214371.jpg
>「Drコパ」こと小林祥晃さん(69)は、3年前のフェブラリーSでコパノリッキーがG欺蘊〕。直後にはコパノリチャードが高松宮記念を制覇した。これまで地方交流も含めて10回のG犠,舛あるが、この時のダブル優勝祝勝会が思い出深いという。
>――予算はどれくらいかけたのですか?
>「その時の祝勝会は、新ひだか町、美浦、栗東、東京など計5回くらい開きましたから、招待者も合計600人から700人くらいで、それなりに費用をかけました。とはいえ、2000万円まではかかってないと思います。僕の場合、祝勝会は縁起物と考えています。お祝いをすることで、次のお祝いを呼び込むことができる。ただ、祝勝会を開くオーナーは少なくなっていて、とくに北海道でやるのは珍しいみたい。僕が新ひだか町の静内エクリプスホテルに120人ほど招いて行った際は、出席者から『久しぶり』と言われました。東京ですと、オーナー仲間も祝いに駆け付けてくれます。ただ、ご祝儀は絶対に受け取らないし、こちらが出向く時も包みません。オーナーたちの暗黙の了解ですね」
>――他のオーナーの伝説の祝勝会みたいなものはありますか?
>「祝勝会自体は減っていますし、あまり派手なものは聞きません。僕が呼ばれて思い出に残っているのは、メイショウさんの祝勝会ですね。僕が尊敬する松本好雄オーナーは裏方の人ほど気遣い、さらにOB調教師なども呼ぶ。アットホームというか、OBたちの喜ぶ顔がとても温かかったものです」

祝勝会を開くオーナーは少なくなってる…ってマジかよ。俺が競馬を本格的に始めた頃はバブル到来直前、なもんで普通に競馬記事読んでるだけでも馬主周辺の景気良い話で溢れてたものだし、実際結構なご祝儀が飛び交ってたと聞く。っていうか、後日一口馬主を始めたが、着賞金から手数料、1着時はご祝儀等費用を引く…とクラブ規約に明記されてたんだが。時代は変わったんだねえ。しみじみ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 08, 2017

静岡市、政令市初の70万人割れ…若者ら流出 http://www.yomiuri.co.jp/national/20170406-OYT1T50172.html
>2017年04月07日 07時46分
20170406-OYT1I50049-L http://www.yomiuri.co.jp/photo/20170406/20170406-OYT1I50049-L.jpg
>静岡市の今月1日時点の推計人口が69万9421人となり、政令市の指定の目安「人口70万人」を割り込んだことがわかった。
>首都圏と中京圏に若者らが流出しているためで、70万人割れは全国に20ある政令市では初めてとみられる。総務省によると、政令市の指定は取り消されないが、「大都市」であるはずの政令市でも、全国的な人口減と無縁ではいられない状況が浮き彫りになった。
>県内で同じく政令市の浜松市には、スズキやヤマハなど東証1部上場企業が本社を置くが、静岡市には大企業が少ない。

人口減少自体は全国的なものであるから、政令指定都市であっても例外とはならない、北九州市が100万割ったとか神戸が福岡に抜かれたとかやってるのだからして。しかしよりによって浜松と比べられて下に見られるとは、静岡市民の心中いかばかりか(両市の仲の悪さ、ライバル意識っぷりはつとに有名)。
 しかし俺的には、そんな事より静岡=全国屈指の入場者数と売上を誇る超優良競輪場という認識で、来年は何とKEIRINグランプリの開催が決まったほど、
平成30年度GP・GI・GII等開催場・日程の決定について
しかし競輪を離れて純粋に街の規模としては衰退傾向にあるのか…と。平地が多い浜松でドーナツ化現象が起きてるのに対しそうではない静岡、と言われてて、実際、少なくとも駅周辺に限れば、静岡の方が栄えてる印象受けたんだけどねえ。
 まあともかく、のぞみは停まらないし静岡空港も不便(立地もダイヤもだ)、特に西からの遠征は辛い場だ。それでもビッグレースやれば普通に2万人とか入っちゃう場、それが最近遠去かってた久々のビッグがグランプリとあっちゃ、人口減少の沈滞ムードを吹き飛ばすべく派手に盛り上がる事だろう。来年の暮れを明るく迎えられるよう、頑張ってくだされ( ´∀`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 07, 2017

NTTが固定電話で新料金、24年から全国一律3分8.5円に http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN1780FG
>2017年 4月 6日 5:00 PM JST
downloadfile 4月6日、NTTは、総務省有識者委員会で、2024年から固定電話の通話料金を全国一律3分8.5円にすると表明した。固定電話網(PSTN)をインターネットを使ったIP網に移行するのに伴い変更する。写真は都内の同本社で2000年7月撮影(2017年 ロイター/Toshiyuki Aizawa) http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170406&t=2&i=1179554196&w=640&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=LYNXMPED35082
>[東京 6日 ロイター] - これまでは距離に応じて通話料金が高くなる仕組みだったが、新たに提供する「メタルIP電話」はIP網の特性を活かして全国一律の通話料金を採用。現状の市内通話3分8.5円を全国に拡大することで、長距離は大幅に安くなる。

リニューアルされたばかりのテレ朝「マツコ&有吉かりそめ天国」で、ちょうど固定電話の話をしてた。二人共、会社組織はもちろんだが個人事業主でも、ケータイオンリーで固定電話なしの人には胡散臭さを覚える…と言いつつ、自身はもうFAXが必要なくなったから固定電話を解約してしまったそうな。
 まあ料金面でケータイにはこれでも全く敵わないし、遅きに失した感が否めないが、固定電話に対するニーズはこのように確かにあって、その料金が安くなるなら利用者にとってはどうあれ歓迎だ。ケータイだって昔は距離別料金体系だったが、当時の固定電話の遠距離通話の高さといったらその比じゃなかった。東京から北海道とか九州まで、10円で確か5秒しか話せなかった筈だ、深夜料金で2割引といっても5秒が6秒になるだけという。
 で、3競オートのWEB投票がまだ「電話投票」だった時代はARS投票といって、宅配便の不在配達センターみたいな、コンピュータ音声のガイダンスに従ってテンキーで操作するものだった。でもってその電話投票センターが、IP転換以前は北は札幌から南は熊本まで揃ってて、それでも北海道の端の方だと一番近い札幌だって10円で15秒ぐらいしかなかったのではないか。一投票当たりエラい電話料金が掛かってた、いやホント隔世の感(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 06, 2017

大井競馬場のフリーマーケットは押し入れをひっくり返したような感じだった(みじかい記事) (megaya) (2017.04.05 18:00) http://portal.nifty.com/kiji/170405199240_1.htm
>競馬場ではフリーマーケットをやっている場所がいくつかある。競馬が休みの日の会場を利用して行っているらしい。
>その中でも大井競馬場では毎週のようにフリーマーケットをやっていて、規模もそこそこ大きいらしいので行ってみることにした。
003 競馬場の中でフリーマーケットが行われているのかと思いきや、会場は駐車場を利用していた。思っているよりもけっこう広いな。 http://portal.nifty.com/2017/04/05/y/img/003.jpg
004 車を止めた場所で、そのまま出店するようだ。頭いいな。これなら搬入も片付けも最小限でできる。 http://portal.nifty.com/2017/04/05/y/img/004.jpg
006 ブルーシートを敷いて、駐車場の鉄骨を利用してものをぶら下げるのが大井競馬場のフリーマーケットでは基本のようだ。 http://portal.nifty.com/2017/04/05/y/img/006.jpg
>「おもちゃ箱をひっくり返したような」というのは良く言われる比喩表現であるが、大井競馬場のフリーマーケットを一言で表すなら「押し入れをひっくり返した」みたいな感じだ。
>家にあったものをそのまま持ってきているみたいにもので溢れていた。お店に置いてあるというより、本当に「置いてある」だけだ。他人の家を覗いているような気分になってくる。
>一人でぶらぶらと歩いていたけど、日本人も外国人も様々な人たちがいた。今流行っているハンドメイドの商品などのフリマというよりも、昔ながらのこれぞTHE・フリーマーケットが感じられる。

バクチ打ちにとってレース場はレースを観るトコロ、券を買うトコロ。場外発売の時に競技関連のイヴェントやる事はあるけど、全く無関係なこういうイヴェントって、やってるのは知ってたけど別に行こうとは思わんし。だからこんなだったのか、と読んでて楽しかったし勉強にもなった。開催中の川崎で馬券に興じてる中、内馬場でフリマやってる…って経験が一度あるが、駐車場とはねえ。でもって、競馬場って事より大森・蒲田といったロケーションの方が色濃く出てる辺りも興味深い(大井町は伊達藩の下落屋敷があったり今でも阪急があったり、基本高級住宅街なのだが)。
 まあ広域避難場所に指定されてたり、レース場の役割とか存在意義理ってレースだけじゃないもんな…と改めて認識した次第(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

April 05, 2017

【競輪】川崎G3・桜花賞にS級S班5選手出場 https://www.daily.co.jp/horse/2017/04/05/0010068228.shtml
>2017.4.5(Wed)
f_10068229 桜花賞をPRする川崎純情小町☆と川崎仮面=東京都江東区のデイリースポーツ http://daily.c.yimg.jp/horse/2017/04/05/Images/f_10068229.jpg
>「桜花賞 海老澤清杯・G3」(8日開幕、川崎)
>G3の開設記念としては初のナイター開催となり、売り上げ目標は50億円となっている。

一瞬「アレ?」と思ったが、言われてみれば初なのか四日制記念の夜開催は。大昔、記念が三日制×2節だった頃、今は亡き門司が1節だけ小倉を借り上げてやった事があったけど、当時はナイターの場外発売って環境が全然整ってなくて他場が全然引き受けない、なもんで売上的には惨敗だったと記憶する。しかしその後のナイター拡大(ミッドナイトなんてものまで出来た!)、加えてGIIサマーナイトフェスティバルの新設とその好評を以てすれば記念でも…ってなるのは道理。まあ競馬では、船橋や川崎のように、ナイター開催やってるのにJBC以外のGIは敢えて昼開催でやる場があるほど、外野が思ってるよりナイターの場外発売ってハードルが高いようで、それに光熱費も掛かるし警備員も増強する必要がある、要は経費増だ。とはいえ競艇やオートレースでやってる以上、やらない理由を探し出してるだけのようにも思える。
 そしてこの川崎記念の結果いかんでは、都心部のナイター場ではオール平日記念なんて事も可能になるべかもしれない、年間スケジュールの日取りの自由度が画期的に拡大する事になる。果ては、もっと上位格のレースにも拡がる可能性もある。いやこれは何としても成功して欲しいもんだわさ( ´∀`)

【追記】
コンドル出版 | 小倉、熊本競輪情報を鋭くお届けする、地元競輪専門紙! http://www.condor-s.com/keirin54.php
>平成29年4月12日
>初のナイター記念川は目標の50億には届かず42億でしたが、

あら残念('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote