December 26, 2017

“オシリーナ”秋山莉奈、収入ゼロにビクビク | Narinari.com http://www.narinari.com/Nd/20171247276.html
>2017/12/24 09:35 Written by ナリナリ編集部
> “オシリーナ”として一世を風靡した女優の秋山莉奈(32歳)が、12月23日に放送されたバラエティ番組「聞いてた話と違います!」(フジテレビ系)に出演。ボートレーサーである夫・後藤翔之(31歳)の給料事情を語った。
20171224009 http://cdn.narinari.com/site_img/photox/201712/24/20171224009.jpg
>生涯獲得賞金がすでに2億円以上の後藤と結婚した秋山。高級マンションである自宅を披露したが、ボートレーサーという勝負の世界は想像以上に厳しく、収入ゼロの恐怖にビクビク怯えながら節約生活をしているという。
>ボートレースはスタートが重要であるため、より速いスタートを切るためにフライングぎりぎりを攻めなければならない。だが、フライングには出場停止の罰則があり、1回目なら1か月、3回すれば半年の出場停止となり、もちろんその間は無給。そもそも秋山が夫と出会った時も夫は半年間の出場停止中で、カラオケ屋でバイトしていたそうだ。
>そのため秋山は無収入になってもうろたえることのないように、特売日でティッシュや消耗品などを買い込む節約生活を心がけているとのこと。

選手の夫婦あるあるに過ぎない…と斬って捨ててはいけない、選手宿舎では外部接触禁止であるから通信機器を取り上げられる…なんてのはバクチ打ちなら誰でも知ってる事であるにも拘らず、TVの企画で取り上げられるたび毎回毎回毎回毎回ネタにされるように、世の中にはギャンブルやらない人の方がまだまだ圧倒的に多いのだからして。ましてや競艇選手のF休みとなったら、一から説明しないとそりゃ無理というものだ。
 で、その上で、旦那さんの結構な収入をただ享受し贅沢するのでなく、きちんと恐怖に怯え、節約するべきところはしっかり締めてる点に好感を抱いたりする。なかなかしっかりした、良い奥さんじゃないのさ。立派立派( ´∀`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 25, 2017

マルセイユ「お笑い王決定戦」優勝、津田が涙「やめるつもりやった」(コメントあり) - お笑いナタリー https://natalie.mu/owarai/news/262544
>2017年12月24日 23:24
>マルセイユが「にちようチャップリン」(テレビ東京系)内で開催されたコンテスト「お笑い王決定戦2017」で優勝した。
DSC_4110_fixw_640_hq マルセイユ。左から別府、津田。 https://cdnx.natalie.mu/media/news/owarai/2017/1224/DSC_4110_fixw_640_hq.jpg
A009866_262_fixw_640_hq
マルセイユ (c)テレビ東京 https://cdnx.natalie.mu/media/news/owarai/2017/1224/A009866_262_fixw_640_hq.jpg
これ視てたけど、でなかった人は、この画像のおかしさに気が付かないかもしれない。

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

優勝賞金300万つっといてこの束はない、でもよく見ると千円札だというのが真相。ハリセンボン春菜の「札束三つじゃ格好付かないんで千円札にしてもらいました」には笑ってしまったが、先に行われた「M-1グランプリ」や「THE_W」の賞金1000万に遠く及ばないが、それらの番組が小切手の賞金ボードしか番組内で渡さないのに対し、こちらは現金を映し渡す事で画的に見劣りしないぞ…というテレ東なりの意地だ。
 札束で驚かされたと言えば、別冊宝島の「競輪打鐘(ジャン)読本―バンクの"鬼"たちが叫びまくる! 」だ。
競輪打鐘(ジャン)読本―バンクの"鬼"たちが叫びまくる! (別冊宝島 (343))

開催最終日の選手宿舎には賞金が必らずキャッシュで用意されてて、だからKEIRINグランブリだと少なくとも優勝賞金の1億円は立川(←当時のグランプリは立川開催で固定さていた)にあって、そこから適当に二つ三つ掴んで「あとは振り込んどいてください」だと事もなげに言う吉岡稔真と、それを受けて「達成感があって良いよね、競艇は全額振込だから賞金王決定戦(←やはり優勝賞金1億)獲っても明細一枚渡されて終わり」と嘆く植木通彦の会話には参ったものだ。現金が持つモチヴェーションって無視出来ないものがあるよな(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 24, 2017

本田真凛は本当に「ポスト浅田真央」なのか?(青嶋 ひろの) | 現代ビジネス http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53938
>2017.12.23
>青嶋ひろの
>「オリンピックに向けて本田真凛選手を取り上げたいのですが、彼女について教えていただけませんか?」
>今シーズン初めから、そんな問い合わせは今シーズン初めから、著者のところでも相次いでいた。
>「真凛ちゃん、オリンピックではどのくらいまで行けるでしょうか?」
>そんな質問も、実に多く受けた。本田真凛はご覧のように、美しく、華のある選手だ。しかしオリンピックへの展望となると、今年の日本女子の出場枠は、2枠。まず出場できるかどうかがわからないですよ、と話すと、驚く人も多い。
img_c309bf8acfa7853298939ccca06882ec111716 photo by gettyimages http://gendai.ismcdn.jp/mwimgs/c/3/1024m/img_c309bf8acfa7853298939ccca06882ec111716.jpg
>実力は二の次の、スターを中心にした報道。それが、この国のスポーツ報道だ。根底にあるのは、視聴率、販売部数などを上げるためであり、結局、経済効果のため、若いアスリートたちを利用していることになる。
>あまりに持ち上げれすぎ、「なんだ、オリンピックには行けないのか」と言われ始めている本田真凛は、いちばんの被害者だ。

冒頭いきなり「えっそうなの?」となってしまった。門外漢なもんで、てっきり本田真凛が五輪に行くもんだと思ってた。やっぱりマスコミは…ってな結論にスンナリ結び付けてしまうような事はあんまりやりたくないが、でもこの記事のマスコミ批判は、まこと正鵠を得てるよなあ。
 これがギャンブルだと、読者がこうまで騙されるという事はない。何せゼニカネが絡んで来るから、誰もが認めるスターが負けてくれた方がむしろ美味しい…というスタンスの人が絶対居る。もう一つ、3競オートの中で一番メジャーな競馬であってもフィギュアスケートと比べると圧倒的にマイナーで、だからたまにスターホースが出現したところでマスコミの作ったムードに巻き込まれる外野の絶対数がまず決定的に違う。ディープインパクトやオルフェーヴルが凱旋門賞獲れるかも…って騙されちゃった人は確かに居たが、それでもそれは競馬ファンの中ですら少数派だ。その後、外国競馬であってもJRAの指定したレースは日本国内でも馬券を買えるようになったが、そこで頑張れニッポン\(^o^)/とばかりに盲目的に日本馬が人気になるという事もない、いやむしろ逆で、そこでの馬券の売れ方は極めてドライだ。
 …って事は、カネが掛かってるからこそ人間見る目が磨かれるって事なのか、フィギュアスケートに限らず他のスポーツでも賭けてれば観客の洞察力分析力は成長するのか?まあ、充分成り立ちそうな仮説ではあるけども('A`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 23, 2017

川崎の地獄は日本の未来か? ディストピアでもがく不良たちのヒリヒリする生き様『ルポ 川崎』磯部涼インタビュー http://tocana.jp/2017/12/post_15395_entry.html

ただただすげえ。しかしすぐ頭に浮かんだのが、往年の別冊宝島「競輪マクリ読本」。

この中で、全50場(←当時)について歯に衣着せぬ鼎談が行われてるのだが、そこでの川崎評は「とにかくガラが悪い、客層が怖い」。同じ川崎でも、至近の競馬に関してはそういう話は聞かなくて、といって隣街の花月園競輪も、場所柄労務者層が多いがそこまで柄が悪いという話もないし、実際行っても感じなかった。ただ川崎競輪だけが、ヤケにピリピリ、ギスギスしてて、どうしても両者を結び付けたくなってしまうのだ。根拠など全くない、こじ付けに過ぎないと言われたらそれまでの戯れ言でしかないんだけども(´-`).。oO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 22, 2017

ミッドナイト競輪 一日の売上で初の2億円/小倉 - ミッドナイト競輪 : 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/mid_cal/news/201712210000822.html
>[2017年12月21日23時42分]
201712210000822-w500_0 ミッドナイト競輪2017年度下半期の売上 https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/mid_cal/news/img/201712210000822-w500_0.jpg
>当初8000万円程度だった一日の売上は右肩上がりで、最近は1億7000万円台〜1億9000万円台を日常的に記録。人気は高まる一方で、2億円の達成も間近とみられていた。

すげえなこれ。もう誰が何と言おうとも、輪界の救世主だ。邪道だなんだとケチ付ける手合いは今でも居るが、大前提として車券が売れない事には競技そのものが成立しない訳で、もちろん全開催がミッドナイトになってしまったらさすがに問題だが、ある程度にとどめているのである限りそんな心配も無用というものだ。さてオートレースのミッドナイト開催もこれに続けるか。大いに期待したい( ´∀`)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 21, 2017

実は熱烈なバイク女子! 元日テレアナ・阿部哲子が告白する悲しい“恋バナ”…デートはいつも2ケツで行った競艇場!? - エンタメ - ニュース|週プレNEWS http://wpb.shueisha.co.jp/2017/12/21/96760/
>[2017年12月21日]
>各界のバイク女子に突撃インタビューするシリーズ企画。第5弾はフリーアナウンサー、阿部哲子(あきこ)さんの登場です。
>―彼氏もバイクに乗っていたとか…。
>阿部 大学時代の彼氏がスズキのINAZUMAに乗っていて、よく後ろに乗せてもらいました。
>―タンデムデートはどんなところに?
>阿部 それが…ひどい話なんですよ。大体いつも決まっていて、平和島の競艇場です。どんな彼氏だって感じでしょ? 大学が横浜なんだから、もっとおしゃれなところはたくさんありそうなものじゃないですか。でも、決まって平和島なんです。女のコなんて、私しかいない。そこでおじさんたちに混じって煮込みを食べる、みたいな世界で。
>―彼氏が勝って、プレゼントをもらったりとかは?
>阿部 回転寿司をおごってもらったことがあります。普通は割り勘でしたから…って、お話ししているうちにだんだん悲しい気分になってきた(笑)。華やかな女子大生ライフじゃなさすぎて。
8b8fc8e76b14fd99263e2108d5a9736f_pb_0005 フリーアナウンサーの阿部哲子さん http://cdn.wpb.shueisha.co.jp/img/sp/2017/12/8b8fc8e76b14fd99263e2108d5a9736f_pb_0005.jpg
>(取材・文/長嶋浩巳 撮影/松井秀樹)

後に女子アナになる大学生のキャンパスライフじゃあ、確かにない。初デートでサイゼリヤに連れてく男は云々…って議論が今年ネットで盛り上がったが、そんなレヴェルを遥かに超えている。でもそこまで競艇けなさんでもエエやないか。あと、彼氏にしたって、ギャンブルやろうにも横浜だったら花月園か川崎競輪・川崎競馬とあるだろうにそれを飛び越えて平和島まで行く、少なくとも首都圏では競馬競輪よりマイナーな競艇を選択するっていうのは、もう本当に競艇が好きなんだろうなと。別れてしまったそうだが、彼氏はその後、何をしてるんだろうか?競艇マスコミみたいなトコに就職したんだろうか?などと、勝手に気になってしまう(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

December 20, 2017

 録画してた一昨日(日付的には昨日)のMXTV「内村さまぁ〜ず」を視た。ゲストはサンドウィッチマン、という事はお馴染みの修学旅行企画だ。で、企画の1本目は抜き打ち持ち物検査。内さま&富澤の4人の学生カバンに入ってたモノ(←4人は知らされていない)を伊達先生が「何で修学旅行に関係ないこんなモン持って来たんだ」と訊く→先生が納得出来る言い訳(=オモシロ解答)をしましょう…というパーソナル大喜利なのだが、内村のカバンから出て来たのは札束で500万円。

 内「いや、ちょっと馬にツッコもうかなと」
 伊「…単勝で」
 内「…キタサン」
 伊「キタサンブラック?」
 内「はい」

過去の言動から競馬にそれほど詳しくない事が明らかなウッチャンにも知られているキタサンの凄さよ!
 そして昨夜のテレ玉「ブギウギ専務」。深夜にやってた頃は制作局である北海道の半年遅れだったのが、もはや1年遅れにまで拡大してる辺りがテレ玉クオリティだが、その企画はやはりお馴染みの「ブギウギ奥の細道」。北海道を徒歩だけで横断しようというバカ企画 ━━ もちろん歩きっ放しではない。他のスケジュールの合間を縫って、2泊3日などを何度も積み重ねて行く ━━ だが、広尾町を抜けて太平洋沿いに釧路方面に向かうのでなく北へ、帯広に行けというディレクションが。そのココロは以前、伊達市を通った時に出会った一頭の馬。
IMG_20171220_141529IMG_20171220_141532
勝手に命名して遊んでしまったあの馬が競走馬としてデビューしたのを見に行こう、と。専務&係長にしてみれば遠回りだから嫌で、しかしそういう理由なら飲むしかない。かくて進路を北へ…というところでまた来週。
 しかし改めて、伊達市で馬産って事に驚かされる。競馬歴長いから高橋農場やメジロ牧場を脊髄反射で思い出したが、GI勝つ馬を育てるには広大な敷地が必要で、だから結構山の方に入る。然るにこの馬は、街中とまでは言わないがモロに国道沿いだし、馬産が本業ですっていう感じが全くしない、片手間ったら失礼だけど副業感丸出し。しかもばん馬だし。あれって帯広とか北見といった道東のものってイメージだったから、まさか道南の伊達市に居るなんて思いもしなかった。…いや本当にもう、いろんなところにいろんな人が居るんだなあと再認識(´-`).。oO


  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote