July 02, 2017

松本人志、ホリ、大竹まこと……芸人と藤井四段は相性が悪い? https://33man.jp/article/003495.html
>[2017/7/2 07:00]
001 https://33man.jp/img/mmm/docs/003/495/001.jpg
>6月27日、大竹まことは情報番組『バラいろダンディ』で「これ以上勝たせてどうすんの? 77歳のじいさんが、14歳のガキに『どうもすいません』はあり得ないだろ。ルールを変えなきゃダメ。ガムテープで出来たみたいな財布から、きつねうどんみたいな金払うような奴だよ。革の財布を持てない奴が、ネクタイちゃんと締めろっていうんだよ。そういう奴が77歳のじいさんをボコボコじゃねえか。誰かシメてやれ」と発言し、炎上した。
>確かに文字で見ると過激発言に見えるが、実際の放送では100%冗談で言っているだけだった。実際にこの発言で共演者たちは笑い、スタジオは大いに盛り上がった。そして勘違いされがちだが、どちらかというとここで本当に罵られているのは、藤井四段ではなく、14歳に負けた77歳の加藤一二三や負けた他の棋士たちだ。
>のちに大竹まことはこの炎上を受け、28日放送の文化放送『大竹まこと ゴールデンラジオ!』に出演し、「俺の言葉は文字起こしをして、全然違うものになる」と説明した。悪意があったのは大竹のほうではなく、炎上に導いたマスコミのほうではないだろうか。

書き言葉と話し言葉でニュアンスの違ったものになる事は珍しくない。「バカ」とか「アホ」とかいうのは話し言葉では最高の誉め言葉にもなるが、書き言葉だと前後の文脈も何もない状態では罵倒語と判断するしかない。TVやラジオで芸能人やスポーツ選手、文化人らの言葉を文字起こししたネット記事がここ数年で劇的に増えたが、オンタイムで見聞きしてなくてそういう後追い記事で知る立場からすると、こういったミスアンダスタンディングは非常に困るし ━━ 記者に悪意の全くない、純粋な表現力文章力読解力不足であったとしても ━━ そのメディアに対する信頼性も薄れるから、メディアサイドからしても自殺行為だ。もちろん、最初から悪意ありきで発言をパッチワークするようなのは論外中の論外だけども。
 で、古い競馬ファンなら誰だってサンエイサンキュー事件を思い出す筈だ。
サンエイサンキュー - Wikipedia
以降、水戸正晴の文章は一瞥だにしないと決め、こんにちに至る。然るに、今なお現役なんだからなあ。クズ中のクズが( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 30, 2017

浜崎あゆみは旅上手?「新幹線の席の取り方がスゴイ」と評判になっていた! http://www.asagei.com/83966
>2017年6月30日 09:59
20170630_asagei_hamasaki http://www.asagei.com/wp-content/uploads/2017/06/20170630_asagei_hamasaki.jpg
>ルックスに関する話題も多い浜崎あゆみだが、本業の歌手としては、全国60公演ものロングツアーを行っている。日本中を移動しているからだろうか、ここに来て、彼女に旅上手なのではないか、という指摘がされている。というのも、去る6月28日、インスタグラムに名古屋で開かれるライブのため新幹線で移動中の彼女を写した写真がアップされたが、新幹線の席の取り方が旅慣れた人のそれだというのだ。鉄道ライターはこう話す。
>「彼女が座っているのは、シートの柄から見てN700A系新幹線のグリーン席です。席の位置は各車両の一番後ろの左の窓際。ここは後ろに席がないので気兼ねなくシートを倒すことができますし、スーツケースなどの大きな荷物を置くこともできる。いわゆる“勝ち席”。さすがです」
>だが、一般に新幹線の席は左ではなく右の窓側が人気が高いとされる。東京方面から名古屋に向かう際には、右窓側は車窓から富士山が見えるからだ。選択の詰めが甘いように思えるが──。
>「車窓からの風景を捨てて、あえて左を選んだんだと思います。浜崎さんが乗っているのはおそらく『のぞみ』。すると名古屋までの間に停車するのは新横浜駅だけ。のぞみの多くは新横浜駅で4番線に停まるので進行方向右側がホームになり、ホームにいる人たちの目に触れる可能性が高いんです。それを避けるため、左を選んだのでは…」(前出・鉄道ライター)

なるほどねえ。途中駅の停車ホームまで考慮してる訳だ。新幹線のシートへの拘りを謳う人は少なくないが、その拘りポイントも様々で、こういうチョイスがあっても全然おかしくないか。
 一番メジャーなところでは「窓際」というチョイスがある。車窓からの眺望目的ではなくコンセントだ。「N」でない700系車両は最前列と最後列座席の壁にしかないが(全くコンセントのない車両すらある)、N700系・N700A系は最前列と最後列のみならず窓側(=A・E席)全席にコンセントが設置されている(グリーン車は全座席)。家を出る前フル充電してても帰りには結構減ってるもの、ここで気にせずスマホをイジれるのは大きい。
 今春の浜松オート遠征、ぷらっとこだまエコノミープランで行ったのだが帰路が残席1それもグリーン車しかなくて(ぷらっとこだまだから充分安いのだが)、しかも通路側の席で、でもコンセントがあったので大変助かった。「さすがグリーン!」と感動した…のは普段貧乏旅行しかしてない事の証拠だけども(´・ω・`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 27, 2017

新大関・高安、“嫁取り”よりも熱い「ボートレース愛」 https://taishu.jp/detail/28291/
>2017年06月27日 06時00分 公開 [週刊大衆2017年07月03日号]
1498460186400649 https://img.taishu.jp/images/contents/27/4127/1394458714330400.jpg
>「高安は大のボートレースファンなんです。彼が育った旧鳴戸部屋(元横綱・隆の里)は酒、煙草と馴れ合い相撲に厳しいことで知られていましたが、ギャンブルには大らかでしたからね。当時からレースにはハマっていたようです。現在所属する田子ノ浦部屋は江戸川区にあり、好都合なことに(?)レース場から目と鼻の先。その散財が相当な額で、結婚のネックなのでは、という声まで上がるほどです」(相撲記者)
>それゆえか、大関昇進後の初イベントは6月8日に行われた江戸川ボートレース場でのトークショー。高安と同い年で、白百合女子大卒の“お嬢様レーサー”としても人気の富樫麗加と対談した。
>「大関になると、月給は関脇時代から約65万円アップの234万7000円。軍資金も増え、さらにレースにのめり込むのではと心配になりますね(笑)」(前出の相撲記者)

(´・∀・`)ヘー 江戸川ねえ。でもって「散財」とな。失礼ながら、蛭子能収サンよろしく買い目カンニングして違う目を買えば、美味しい思いを出来そうに思える。何せ目立つから、居たら余裕で逆張り出来る。競艇客にとっちゃウェルカム…なんてあんまりナメた事言ってると張り倒されるかもしれんな。クワバラクワバラ…っつうかまず本業の相撲をちゃんと応援しろって話だわな( ´,_ゝ`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 26, 2017

「0.1円パチンコ」は“時間のムダ”なのか? 愛好家、ホール関係者に聞く https://nikkan-spa.jp/1352327
>2017.6.26
>「0.1円パチンコ」という存在を知っているだろうか。通常は1球4円のパチンコを、40分の1の価格設定で遊ぶことができ、10年ほど前から急速に広がった“低玉貸し営業”の最終形ともいわれる。
>射幸性の高さをおさえる昨今のパチンコ事情を考えれば、この“超低玉貸し営業”は時代の流れともいえる。ホールコンサルタントのS井氏も「0.1円パチンコの導入で、ようやく“娯楽としてのパチンコ”の復権回帰ができたのでは?」とみる。
pixta_1590910_S 0.1円パチンコの登場は手打ち時代の娯楽性に回帰するのだろうか https://nikkan-spa.jp/wp-content/uploads/2017/06/pixta_1590910_S.jpg
>「10年ほど前に“1円パチンコ”が導入され、まだ存在自体が珍しかった頃の理念は『薄利でもいいから稼働をあげたい』というものでした。が、どのホールでも1円パチンコの稼働が上がり、競合店も軒並み1円パチンコを導入するようになって『釘は極悪、1円あたりの利益は4円パチンコと同等』という本末転倒の事態になってしまいました。つまり、『安く長く遊びたい』という客の願望を裏切る形で推移してきたのです。0.1円までレートを下げれば、利益を出そうという考えにはなりません。客にしてみれば、安心して思う存分、遊べるわけで、“闇”なんてことはありませんよ」
>人の目を気にせず、身の丈にあったレートで遊ぶ――それが、娯楽としてのパチンコのあるべき姿なのかもしれない。
>〈取材・文/高田 克敏〉

小バクチですらない、微小いやピコバクチ…このレヴェルまで来ると、もはやバクチとは呼べまい(建前上、パチはバクチではなく遊技だ…といった話ではない)。しかしそれがいけない訳ではもちろんない、ギャンブルとしてのパチをやりたい人は1円なり4円のコーナーに行けば良いだけの話だ。店としては儲けにならない、辛いところだが、「アブク銭入った時ぐらい4円で打ってみたい」って人も居るだろう、そういう人をつなぎ止めるための撒き餌と考えれば一応の価値はある。…って、そう割り切るしかないわな。
 でもこれ、3競オートからすると「100円がウン万にもウン百万にも」っていうのはパチなんかよりよっぽど夢があるよな。バクチ打ちの民俗大移動まであるかも…って期待して良いんじゃないか(・∀・)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 25, 2017

http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/g1/takara/result/takara2017.html">2017年6月25日
第58回宝塚記念(GI)の結果/A>
天皇賞(秋)→ジャパンカップ→有馬記念のGI3連コンボはキツいってみんな言ってるのなら春の大阪杯→天皇賞(春)→宝塚記念だってそうに決まってるとか、先行勢壊滅の流れになった事とか、終わってからなら何とでも言えるが、戦前はまさかキタサンブラックが逃げない&飛ぶとは夢にも思わなかった。まあ馬券獲った人が現実に居る訳で、オメデトサン。特に予想を公開してる人は、だ。当たり前だが外れる事の方が圧倒的に多いのだからリスキーな行為で、なればこそ、自身が外した悔しさを噛み締めつつも的中者にはきちんと賞賛し敬意を払うべきで、それが人の道というものだ。しかしそれにしても、改めてこれ↓
【G1宝塚記念】ディープインパクトが勝ったのに4万馬券! 6月25日は雨穴馬の日「井崎脩五郎 競馬新理論」 https://taishu.jp/detail/28245/
読むと唸らされるよなあ。痺れる。それこそ、戦前は鼻で嗤ってたというのに。うーむ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 24, 2017

【天才】10歳の少年が「車内での熱中症を防ぐデバイス」を考案! 開発&商品化に向けてすでに始動中!! http://rocketnews24.com/2017/06/23/916994/
>Nekolas
device https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2017/06/device.jpg
>最近、真夏日に近いほど気温が上がることもあり、この季節になると車内に残された子供が熱中症になって、命を落としてしまう痛ましいニュースを耳にすることが多くなる。
>そんな事故を未然に防ぎたいと、なんと10歳の少年が「車内での熱中症を防ぐデバイス」を考案! 天才的なアイディアを開発&商品化するために、クラウドファンディングで集金に奔走しているというのだ。
>参照元:Facebook、boredpanda、GoFundMe(英語)
>執筆:Nekolas

こりゃ良いアイディア。っつうかなぜ日本から生まれなかったのか。ひと昔前まではパチ屋の駐車場で子供の死亡事故が報じられるのは夏の風物詩だった、事態が深刻なればこそ…そりゃバカ親に同情の余地などないとはいえ、死んだ子に罪はないんだし。
乳児放置死で母親起訴 パチンコ店でスロット 山口地検 http://www.sankei.com/west/news/170602/wst1706020090-n1.html
今月になっても未だにこのザマだ。頼むぞ天才少年(`・ω・´)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

June 22, 2017

小出恵介、闇カジノのバカラ仲間は元巨人「野球賭博」胴元 https://www.dailyshincho.jp/article/2017/06250559/?all=1
>2017/6/22発売
1-1 爽やかさとは裏腹に https://www.dailyshincho.jp/image/log/17/06250559/1.jpg
>今や巷で淫行俳優と呼ばれる小出恵介(33)。その過去をひもとけば、酒癖女癖の悪さに始まって闇カジノや賭けマージャンに至るまで……。出るわ出るわ、私生活で悪行の限りを尽くしていたのだ。
>「3、4年前、バカラ台に座る小出クンの姿を見たことがありますよ」
>と、都内にあった闇カジノ店関係者が振り返る。
>「彼は一晩で20万円ほどをバカラに投じて、全額パーにして帰っていったよ」
>別の関係者が継ぐには、
>「小出は元巨人軍選手の野球賭博事件で逮捕された暴力団関係者や胴元とも親交があって、闇カジノや、雀荘で賭けマージャンに興じる姿が目撃されていました」
>アミューズにその真偽を問い質しても、
>「現在、詳細を調査確認中です」
>と答えるばかり。
>2017年6月22日号 掲載

あーあーもう…。淫行や酒グセは置く。麻雀で賭けても(=違法)闇カジノ(=もちろん違法)やっても、一バクチ打ちたる俺としては直ちに責める気にはならない、でも暴力団関係者との交遊は一発レッドだろう。でもって昨春のこの記事、
闇カジノにハマる、高学歴イケメン俳優X|サイゾーウーマン http://www.cyzowoman.com/2016/04/post_19622_1.html
まあ「ソースはサイゾーw 」であるからアレだけど、でもこのXこそが小出だって説は確かに説得力がある。芸能人たる者「一緒に写真撮ってもらえますか」を断り難い→ソッチ系の人でした…は起こり得るがそうでない積極交際はもう論外だ。アミューズほどの会社でもその程度の教育すら出来てないとは…芸能界甘過ぎだろうよ('A`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote